特集 PR

ジャズに、コントに。Calmeraがちょっと変わった音楽をやる理由

『ThanX!!! Worldwide Tour 2019』
テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
ジャズに、コントに。Calmeraがちょっと変わった音楽をやる理由

独自の道で大衆音楽を目指す、エンタメジャズバンド

6月2日、恵比寿LIQUIDROOMにて、Calmeraのワンマンライブが開催された。タイトルは『ThanX!!! Worldwide Tour 2019』。2010年5月に1stアルバム『Hello!!ワールドワイド』をリリースし、2010年7月に初ワンマン『Welcome!! World Wide』を開催したCalmeraにとって、この日のワンマンライブは、「Hello!!」と世の中へ初めて挨拶したときから「ThanX!!!」と感謝を示せるようになるまでの活動・気持ちの変化やストーリーを表す場のように見えた。

Calmeraは「エンタメジャズバンド」を自ら標榜しており、この日も約20分のコントあり、紗幕やプロジェクションマッピングを使った映像演出あり、ダンスあり、J-POP的なポップソングありと、「ジャズ」を基盤にしながらもその枠にはハマりきらないエンタメステージを繰り広げた。Calmeraのライブは、音楽に詳しくなくても、老若男女が楽しめるほどのわかりやすさがあり、表面的に見ても楽しいものに仕上げられているが、深いところまで覗くと、彼らがいかに「ミクスチャー」な音楽とライブをやっているかが見えてくる。

撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita

お笑いに、漫画に、クラブジャズに、ハードロックに。ついには楽器を持たない場面も

オープニングの登場シーンから、大歓声が沸き起こっていた。紗幕にメンバーのイラストを映像で投影し、照明で影を作る演出を施すなかで、メンバーが一人ずつ登場。映像演出を担当したのは、お笑いトリオ・パップコーンのメンバーである松谷ヒロキで、イラストを描いたのは、漫画『天元突破グレンラガン』「男シリーズ」の作画を担当しているののやまさき(Calmeraの最新アルバム『浪花OVER-BLOW』のジャケットイラストも担当している)だ。

撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita

冒頭の“IDOLA”“No Chaser”では、ジャズらしくソロ回しのパートがありながらも、サビでオーディエンスの腕が上がり、ロックライブのようなフロアの盛り上がりを見せる。

撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita

そもそもCalmeraは、1990〜2000年代に日本で盛り上がりを迎えた「クラブジャズシーン」の重要人物であるSOIL&"PIMP"SESSIONSや須永辰緒をリスペクトし、この日もリアレンジバージョンが演奏された“地中海に浮かぶ女”は2010年発売の須永によるコンピレーションアルバム(『須永辰緒の夜ジャズ・外伝~All the young dudes~すべての若き野郎ども』)に収録されるなど、彼らにフックアップされ、彼らを継ぐ存在である。さらに言うと、リーダーである西崎ゴウシ伝説は「ジャズを大衆音楽に戻したいという、勝手な使命感がある」と話し(オフィシャルサイトのインタビュー記事より)、クレイジーキャッツをも引き継ごうとしている。そうやってこの国のジャズの文脈に敬意を示し、メンバー自ら「すべての楽曲においてジャズの要素がある曲作りをしている」と言いながらも、特筆すべきは、作曲の多くを担っている西崎とギター・宮本敦のルーツには「ロック」が根強くあることだ。たとえば最新曲“満身創痍”では、頭を振りかざしながら演奏し、ドラムはツインペダルでドカドカ鳴らし、ハードロックさながらのパフォーマンスを見せた。

撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita
撮影:Yasunari Akita

3曲目“真夜中の510”ではクラブジャズサウンドでありながら、リズムはサンバキックを踏むなど、全曲においてジャズの要素を入れながらもあらゆるジャンルをミックスさせるのがCalmeraなりの音楽の作り方だ。そして、その「ミクスチャー」は、作曲法だけに留まらない。

5曲目“CHANCE”では、ついに楽器を置いて7人が踊り出す。そして6曲目“SUNSET DRIVER”でも、ミュージックビデオの振り付けを踊る。どこまでも自由で柔軟な発想を持っているエンターテイナーミュージシャンたちだ。

撮影:WatanabeKOOL”Syo zoom=https://www.cinra.net/uploads/img/report/201906-calmera-photo7_full.jpg
撮影:WatanabeKOOL”Syo"
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『ThanX!!! Worldwide Tour 2019』

2019年6月2日(日)
会場:東京 恵比寿 LIQUIDROOM

『NIPPON OVER-BLOW TOUR 2019-2020』

2019年6月22日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2019年7月26日(金)
会場:愛知県 伏見 JAMMIN’

2019年8月4日(日)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2019年8月17日(土)
会場:東京都 Shibuya WWW

リリース情報

『浪花OVER-BLOW』
Calmera
『浪花OVER-BLOW』(CD)

2019年5月29日(水)発売
価格:2,700円(税込)
FABTC-5

1.Conatus
2.満身創痍
3.クリムゾン
4.島之内ギャラクシー
5.IMPARACTION
6.Moonlight
7.BLOW-UP (cover)
8.Jump Out!!
9.春に唄えば
10.蒼い衝動
11.サヨナラノカワリ
12.Hello Mr.Sebastian

『ミナミの帝王ZEROサウンドトラック』
Calmera
『ミナミの帝王ZEROサウンドトラック』(CD)

2019年5月29日(水)発売
価格:2,500円(税込)
FABTC-6

1.ミナミの帝王ZERO〜メインテーマ〜
2.チーム銀次郎
3.真実は闇
4.あいがまブルース
5.記憶の断片
6.また来てくれたら嬉しいわ
7.WILD PINK
8.愛する菜穂子
9.深く青い瞳
10.中沢THEイリーガル
11.覚悟
12.長老の眼差し
13.ひだまり
14.FLASH BACK
15.阿久都天勝
16.また来てくれたら嬉しいわ〜ballad ver.〜
17.愛する菜穂子〜true love ver.〜
18.ミナミの帝王ZERO〜メインテーマ(Guitar ver.)〜
19.ミナミの帝王ZERO〜メインテーマ(Piano ver.)〜

プロフィール

millennium parade
Calmera(かるめら)

全国各地の野外イベントへの出演や『SUMMER SONIC』への出演経験もある、大阪発エンタメジャズバンド。直近リリースした5作品中3作品が、オリコン週間インディーズチャートでトップ10入りしている。ライブのキラーチューン“犬、逃げた。-ver. 2.0-”がSONYハイレゾウォークマンのCM曲に使用されたり、“ロックンロール キャバレー」が『R-1ぐらんぷり』のテーマになり、また渋谷エリア最大の都市型周遊フェス『YATSUI FESTIVAL』や音楽バラエティ番組でのバックバンドなど、どんな状況えも対応する演奏力やアレンジ力の評価も高い。年間200本近くステージに立ち、エンタメ感満載のライブでリピーターが増加中。前作『JAZZY GOLD CHAIR』のジャケットは、『じゃリン子チエ』の作者・はるき悦巳氏が彼らのために描き下ろし大阪地区を中心に話題になった。また同作に収録の”IDOLA“のミュージックVRがSNSに投稿され、全世界から550万以上のアクセスを記録した。最近では、カンテレドラマ『ミナミの帝王 ZERO』(2019年4月クール)の劇伴を担当するなど、あらゆるメディアから依頼が殺到している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察