特集 PR

OGRE YOU ASSHOLEのライブの楽しみ方。自己感覚が歪む体験

『OGRE YOU ASSHOLE Live at WWW X』
テキスト
黒田隆憲
撮影:マツモトダイスケ 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
OGRE YOU ASSHOLEのライブの楽しみ方。自己感覚が歪む体験

「楽しみ方」さえ覚えれば、他にない高揚感と酩酊感を味わえる

OGRE YOU ASSHOLE(以下、オウガ)のワンマンライブが7月19日、東京・渋谷WWW Xにて行われた。昨年9月には東京・日比谷野外大音楽堂にて、複数のスピーカーによる「クアドラフォニック・サウンドシステム」を導入し、土砂降りの雨の中で立体的な音響空間を作り出したオウガ。また今年4月には、ニュージーランド出身の奇才コナン・モカシンとともにツーマンライブを行うなど、様々な試みをコンスタントに行ってきた彼らの「今」が観られるとあって、この日も会場にはたくさんのオーディエンスがかけつけていた。

オウガのライブは、例えば「つかみのイントロがあって、サビには掛け合いのシンガロングを散りばめて……」といったような、いわゆる「通常のロック」にありがちな展開とはかなり異なっている。そのため、中には「とっつきにくい」と感じている人も多いかもしれない。

しかし、その「異なり方」を把握し「楽しみ方」さえ覚えてしまえば、他のライブでは滅多に味わえないような、めくるめく高揚感と酩酊感を体験することができる。優れた作品に出会うと、それまでとは世界の「ありよう」がまるで変わったような体験をすることがあるが、少なくとも筆者にとってオウガは、ライブへ行くたびにそのような「体験」を味わわせてくれるバンドなのだ。

OGRE YOU ASSHOLE
OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)<br>メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Dr)、清水隆史(Ba)。メロウなサイケデリアで多くのフォロワーを生む現代屈指のライブバンド。2000年代USインディーとシンクロしたギターサウンドを経て石原洋プロデュースのもとサイケデリックロック、クラウトロック等の要素を取り入れた『homely』『100年後』『ペーパークラフト』のコンセプチュアルな三部作で評価を決定づける。初のセルフプロデュースに取り組んだ前作『ハンドルを放す前に』ではバンド独自の表現を広げる事に成功し高い評価を得る。
OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)
メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Dr)、清水隆史(Ba)。メロウなサイケデリアで多くのフォロワーを生む現代屈指のライブバンド。2000年代USインディーとシンクロしたギターサウンドを経て石原洋プロデュースのもとサイケデリックロック、クラウトロック等の要素を取り入れた『homely』『100年後』『ペーパークラフト』のコンセプチュアルな三部作で評価を決定づける。初のセルフプロデュースに取り組んだ前作『ハンドルを放す前に』ではバンド独自の表現を広げる事に成功し高い評価を得る。

時間感覚が失われ、<未知の感情が生まれてくる>

彼らのライブを観に行ってまず驚くのは、日常とはまるで違う時間が流れていることである。この日のワンマンは新曲“新しい人”からスタートしたが、テンポをグッと落とした勝浦隆嗣のドラムと、タメの効いた清水隆史のベースが織りなす、うねるようなグルーヴに身を任せていると、こちらの時間感覚が徐々に奪われていくのだ。

<新しい感情が生まれてくる>
<未知の感情が生まれてくる>

出戸学(Vo,Gt)による、そんなマントラのような歌詞を頭の中で反芻しているうちに、自分が何者で、どこからやって来てどこへ行くのか。そんな根源的な問いにすら意識が向かっていく。

OGRE YOU ASSHOLE
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『OGRE YOU ASSHOLE Live at WWW X』

2019年7月19日(金)
会場:東京都 渋谷 WWWX

リリース情報

OGRE YOU ASSHOLE
『新しい人』(CD)

2019年9月4日(水)発売
価格:2,916円(税込)
DDCB-19005

イベント情報

『OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』release tour』

2019年9月29日(日)
会場:長野県 松本 ALECX

2019年10月6日(日)
会場:大阪府 梅田 TRAD

2019年10月12日(土)
会場:福岡県 INSA Fukuoka

2019年10月22日(火・祝)
会場:愛知県 名古屋 CLUB QUATTRO

2019年10月26日(土)
会場:北海道 札幌 Bessie Hall

2019年11月4日(月・祝)
会場:東京都 EX THEATER 六本木

プロフィール

OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)
OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)

メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Dr)、清水隆史(Ba)。メロウなサイケデリアで多くのフォロワーを生む現代屈指のライブバンド。2000年代USインディーとシンクロしたギターサウンドを経て石原洋プロデュースのもとサイケデリックロック、クラウトロック等の要素を取り入れた『homely』『100年後』『ペーパークラフト』のコンセプチュアルな三部作で評価を決定づける。初のセルフプロデュースに取り組んだ前作『ハンドルを放す前に』ではバンド独自の表現を広げる事に成功し高い評価を得る。2010年全米・カナダ18ヶ所をまわるアメリカツアーに招聘される。2014年『FUJI ROCK FESTIVAL』ホワイトステージ出演。2018年日比谷野外音楽堂でワンマンライブを開催。3年ぶりとなるニューアルバム『新しい人』が9月4日にリリース決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察