特集 PR

「頑張らずに、好きな音楽を作れる時代にしたい」スサシの望み

『SPARK!!SOUND!!SHOW!! presents NU BLACK vol.2』
テキスト
天野史彬
撮影:fukumaru 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
「頑張らずに、好きな音楽を作れる時代にしたい」スサシの望み

スサシの宣言「波じゃなく、渦を作っていく」

6月20日、SPARK!!SOUND!!SHOW!!(以下、スサシ)が自主企画イベント『NU BLACK vol.2』を開催した。会場は、ライブハウス「渋谷WWW」。バンド史上最大キャパでの自主企画であったことや(チケットは見事、ソールドアウト)、ここで2ndアルバム『NU BLACK』のリリースが発表されたことも含めて、バンドにとってエポックメイクな夜だったと思うが、観ている側としても胸がすくようなライブだった。

私の皮膚感覚として、今年2月にShibuya Milky Wayにて開催された『NU BLACK vol.1』はスサシ初体験として衝撃的な夜だったが(レポート記事:SPARK!!SOUND!!SHOW!!、カオスと噂のライブを初めて観た)、今回は、彼らが自らの音楽を「外へ外へ」と作用させようとしている、その覚悟を強く感じることができたこと、そして「スサシは、デカい会場が似合うバンドなんだ」という手応えを得ることができたのが大きかった。この日、ステージ上でタナカユーキ(Vo,Gt)が「うちらは波じゃなく、渦を作っていく」と言っていたが、彼らは私たちをスイスイ心地よく泳がせる気はなく、ひたすら巻き込んでいく気なのだ。「状況」や「気分」としてではなく、独立した個体のバンドとして。

SPARK!!SOUND!!SHOW!! (すぱーく さうんど しょう)<br>タナカユーキ(Vo,Gt)、チヨ(Ba,Cho)を中心に大阪にて結成。幾度のメンバーチェンジを経て、タクマ(Key,Gt,Cho)、イチロー(Dr,Cho,169)が加入。4人組バンド通称スサシ。『FUJI ROCK FESTIVAL
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (すぱーく さうんど しょう)
タナカユーキ(Vo,Gt)、チヨ(Ba,Cho)を中心に大阪にて結成。幾度のメンバーチェンジを経て、タクマ(Key,Gt,Cho)、イチロー(Dr,Cho,169)が加入。4人組バンド通称スサシ。『FUJI ROCK FESTIVAL"ROOKIE A GO-GO”』や『BAYCAMP』など大型フェスにも出演。9月18日にはニューアルバム『NU BLACK』をリリースし、同作の発売を記念するライブツアー『NU BLACK RELEASE TOUR』が開催される。

ゲストバンド・ENTHと見せた、サプライズパフォーマンス

ゲストとして登場したのは名古屋の3ピースバンド、ENTH。私はこの夜がENTHのライブ初体験だったが、「新鮮な風」そのもののようなバンドだと思った。メロディックパンクを基軸としたサウンドは激しく熱狂的だが、決して軽々しくはない。転調が多用されたリズムは決して難解にはならず、むしろビートのしなやかさと多彩さが曲全体に躍動感のあるダンスフィールを与えている。女性客が率先してダイブを繰り広げていくフロアの景色も印象的だった。

スサシのタクマ(Key,Gt,Cho)がフェイバリット曲に挙げていることから披露された、普段はなかなか演奏しないという“SOMEWHERE WE HOPE”や、タナカユーキがラップでコラボするサプライズも見せた“SUKI”など、スサシとの幸福な関係性も垣間見せるパフォーマンスだった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『SPARK!!SOUND!!SHOW!! presents NU BLACK vol.2』

2019年6月20日(木)
会場:東京都 渋谷 WWW

出演:
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
ENTH

リリース情報

『NU BLACK』
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
『NU BLACK』(CD)

2019年9月18日(水)発売

イベント情報

『NU BLACK RELEASE TOUR』

2019年10月5日(土)
会場:千葉県 LOOK

2019年10月15日(火)
会場:岡山県 PEPPERLAND

2019年10月17日(木)
会場:福岡県 Queblick

2019年10月18日(金)
会場:熊本県 Django

2019年10月20日(日)
会場:大分県 club SPOT

2019年10月21日(月)
会場:香川県 高松 TOONICE

2019年10月22日(火)
会場:愛媛県 松山 Double-u studio

2019年11月9日(土)
会場:京都府 KYOTO MUSE

2019年11月11日(月)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2019年12月12日(木)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2019年12月13日(金)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2019年12月19日(木)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2020年1月5日(日)
会場:大阪府 Shangri-La

2020年1月7日(火)
会場:愛知県 名古屋 UPSET

2020年1月11日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW

プロフィール

SPARK!!SOUND!!SHOW!!
SPARK!!SOUND!!SHOW!!(すぱーく さうんど しょう)

タナカユーキ(Vo,Gt)、チヨ(Ba,Cho)を中心に大阪にて結成。幾度のメンバーチェンジを経て、タクマ(Key,Gt,Cho)、イチロー(Dr,Cho,169)が加入。4人組バンド通称スサシ。過去に『FUJI ROCK FESTIVAL"ROOKIE A GO-GO”』や『BAYCAMP』など大型フェスにも出演し、2018年6月にキャリア初となる1stフルアルバム『火花音楽匯演』をリリース。唯一無二のこのサウンドはサウンドドラッグ!スサシが撒き散らすサウンドドラッグに中毒者続出中!2019年2月17日に会場限定シングル『SCAR』『感電!』を2枚同時リリース。9月18日にはニューアルバム『NU BLACK』をリリースし、同作の発売を記念するライブツアー『NU BLACK RELEASE TOUR』が開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会