特集 PR

戸田真琴×砂連尾理×稲葉俊郎と見つめ直す、身体って一体なに?

『True Colors ACADEMY』
テキスト
飯嶋藍子
撮影:加藤甫 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
戸田真琴×砂連尾理×稲葉俊郎と見つめ直す、身体って一体なに?

自分の「身体」を理解している? 頭と身体のずれを感じる、ワークショップが開催

意識的にも無意識的にも日々、さまざまに動く私たちの身体。今この文章を読んでいるあなたの指は、1分間に何回動いているだろうか? 私たちは普段そんなことを気にとめることもなく、(自分なりに)スムーズに身体を乗りこなしているつもりでいる。

あらゆる多彩な個に触れ、ダイバーシティの浸透を目指す芸術祭『True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭』(主催:日本財団)。約1年にわたってパフォーミングアーツプログラムを上演する本イベントの一環として、公開講座『True Colors ACADEMY ~第1回「からだのミカタ」~』が開催された。今回の講座のテーマは「身体の暗黙のルールをずらす」。振付家・ダンサーの砂連尾理、医師の稲葉俊郎、セクシー女優の戸田真琴が登壇し、心と身体の繋がりから得られる豊かさについて考察するほか、ワークショップを通して自分の「内なる声」と他者の「言葉にならない声」を受け取る感受性を高めるヒントを探った。会場には外国の方や障害のある方、年齢も20代から70代とさまざまな参加者が集まった。

稲葉:人間って、頭にかなり振り回されていて、身体と頭の関係がうまくいっていないことが多いんです。頭はいくらでも嘘をつけるけど、身体には嘘という概念がない。

生きていると常に身体を持っているわけですが、身体とコミュニケーションを取れていないことが、いろんな不具合や生きづらさに繋がるんです。今回は身体と頭の関係がどうなっているのか、自分の身体とコミュニケーションを取るとはどういうことかを考えていくのですが、それが結果的に人と繋がることに発展していく。頭ではなく、身体でわかることを、みなさんと共有しながら進めていけたらと思います。

稲葉がこう語りワークショップがスタート。実際に身体を動かしながら、実はあまり知らない自分の「身体」について考え、そして未知の感覚を思い出すような、不思議な体験を得る旅路が開かれていった。

稲葉俊郎(いなば としろう)<br>医師、東京大学医学部付属病院循環器内科助教。医学博士。1979年熊本生まれ。心臓カテーテル治療、先天性心疾患が専門。在宅医療や山岳医療にも従事。西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。2011年の東日本大震災をきっかけに、新しい社会の創発のためにあらゆる分野との対話を始める。単著『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)など。
稲葉俊郎(いなば としろう)
医師、東京大学医学部付属病院循環器内科助教。医学博士。1979年熊本生まれ。心臓カテーテル治療、先天性心疾患が専門。在宅医療や山岳医療にも従事。西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。2011年の東日本大震災をきっかけに、新しい社会の創発のためにあらゆる分野との対話を始める。単著『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)など。

最初のワークは、相手の手のひらに自分の手を乗せて、相手がついてこられないように素早く手を動かす。相手はその手を追って、自分の手を動かす、というものだ。聞こえは簡単そうだが、目を開けて相手の動きについていこうとすると、なかなか追いつけない。それは、視覚に頼りすぎているからだ、と稲葉は言う。そこで、目をつぶって同じ動きを行うと、なんと、相手の手にぴたっと自分の手が密着するように簡単に動くことができる。まるで相手の皮膚と自分の皮膚が一体化したような感覚に、参加者からも驚きの声があがった。

左から:稲葉俊郎、本イベントでディレクターを務めたライラ・カセム、戸田真琴。稲葉の解説を受けながら、戸田もワークに参加していた
左から:稲葉俊郎、本イベントでディレクターを務めたライラ・カセム、戸田真琴。稲葉の解説を受けながら、戸田もワークに参加していた

また、ペアのひとりが目を瞑り、もうひとりの手だけに触れて、導いてもらいながら会場を歩く、というワークも行われた。「意外と進んでいない」「目をあけたら思いもよらないところにいた」「相手に身体を委ねることが気持ちよかった」……さまざまな感想が飛び交うなか、共通して浮き彫りになったのは、いかに私たちは普段目に見えるものだけに囚われているのか、ということだ。私たちは日々、あまりにひとりで立とうとしている。ときにすべてを預け、委ねることで、私たちの秘められた身体の力が発揮されるのかもしれない。

ワークの参加者
ワークの参加者
Page 1
次へ

イベント情報

『True Colors ACADEMY ~第1回「からだのミカタ」~』

2019年11月12日(火)
会場:渋谷スクランブルスクエア15F SHIBUYA QWS
ゲスト:
砂連尾理
稲葉俊郎
戸田真琴

企画:
『True Colors ACADEMY』ディレクター

True Colors ACADEMYでは様々な人生背景を持つ人や物語と出会うことを通じて、日常の中で置き去りにされがちな社会課題や違和感に接近していきます。

刺激的な学びの場である公開講座型の「LECTURE(レクチャー)」シリーズと、対話と実践を繰り返し、より深く社会課題に接近していくメンバーシップ制の「STUDIO(スタジオ)」プログラムを通して、多様な個性が共存する社会の実現を目指していきます。

『True Colors Festival』

「超ダイバーシティ芸術祭」。障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合う社会を目指し、ともに力を合わせてつくる芸術祭。1年間を通して多彩なパフォーミングアーツの演目を展開します。アートを通して色々な個性が出会う場に、参加することでより多くの気づきが生まれます。「True Colors Festival」はダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、新しい価値観が生まれる機会を創出します。

プロフィール

砂連尾理(じゃれお おさむ)

1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を中心に京都・舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」、宮城・閖上(ゆりあげ)の避難所生活者の取材が契機となった『猿とモルターレ』を発表、また映画『不気味なものの肌に触れる』(濱口竜介監督)の出演、振付など。著書に『老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉―ダンスのような、介護のような―』(晶文社)。立教大学現代心理学部・映像身体学科特任教授。

稲葉俊郎(いなば としろう)

医師、東京大学医学部付属病院循環器内科助教。医学博士。1979年熊本生まれ。心臓カテーテル治療、先天性心疾患が専門。在宅医療や山岳医療にも従事。西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。2011年の東日本大震災をきっかけに、新しい社会の創発のためにあらゆる分野との対話を始める。単著『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)など。

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」