特集 PR

柴田聡子とクリスマスパーティ。アートな空間でライブ&トーク

『MINA-TO×CINRA.NET presents Small Christmas Party with 柴田聡子』
テキスト
村尾泰郎
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
柴田聡子とクリスマスパーティ。アートな空間でライブ&トーク

マライア・キャリーのカバーも披露した、柴田聡子によるクリスマスライブ&トーク

街がすっかり冬の装いになった12月6日。東京・表参道のスパイラルで、柴田聡子によるライブ&トークイベント『MINA-TO×CINRA.NET presents Small Christmas Party with 柴田聡子』が開催された。これはスパイラル内にあるショップ「MINA-TO」で12月23日まで開催されているクリスマスフェア『MINA-TO Arts Marche vol.3 PIKKUJOULU -小さなクリスマスパーティ-』のイベントのひとつとして行われたもの。「部屋に花を飾るように気軽な気持ちでアートに親しんで欲しい」――そんな想いで企画された無料イベントは、告知後すぐ満席に達する人気ぶり。

イベントの前半は、柴田のアコースティックギターによる弾き語りライブ。MINA-TOで取り扱われているアート作品やプロダクトがステージを取り囲み、柴田の歌にぴったりの空間を生み出していた。

柴田聡子(しばた さとこ)<br>1986年札幌市生まれ。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。今年リリースした最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。
柴田聡子(しばた さとこ)
1986年札幌市生まれ。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。今年リリースした最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。

柴田は、“結婚しました”“涙”といった人気曲はじめ7曲を演奏したが、クリスマスイベントということでマライア・キャリーの“All I Want for Christmas Is You”のカバーも披露。ひと足早いクリスマス気分に観客の顔も思わずほころぶ。

柴田聡子

そして、後半はトークショー。美大出身の柴田に、彼女とアートの関係をはじめ、クリスマスにおすすめの音楽や映画、本の話、さらに幼少期のクリスマスの想い出なども聞いた。家族にまつわるイイ話も飛び出して柴田ワールド全開! その一部をここで紹介したい。

「(アートを買うのは)いきなり家に来た猫を世話しているみたいな感じ。あるいはオバQですね」

―ライブお疲れさまでした。スパイラルで歌うのは初めてだと思いますが、プライベートで来られたりしますか?

柴田:CAY(スパイラルの地下にある、レストラン・バー)は何回かあるんですけど、スパイラルに入ったのは実は今日が初めてなんです。なんか大人っぽいし、オシャレだなあと思って足を踏み入れられなかった。地方(北海道)から来たので、なんだかキラキラしてて……。

―スパイラルには、さまざまなアート作品や雑貨が売られていますが、柴田さんはアートを買われたりしたことはありますか?

柴田:5~6年前くらいに友達の作品を買ったことがあります。木材の切れはしに絵が描いてあるもので。

友達の展覧会って、とりあえず行って挨拶して帰る、みたいな雰囲気があるじゃないですか。あれがちょっと解せなくて。その日は「今日こそ作品を買うぞ!」って決意して行ったんです。それで友達に「作品を買いたいんだけど、どれがおすすめかな?」って聞いたら、「これは100年残ると思うから」ってすすめられて。

―ついにアートを買った。

柴田:普通の買い物とは、ちょっと違う感じでしたね。なんか偉そうな気持ちになって(笑)、「よし、買ったぞ!」みたいな。すごく不思議な買い物でした。

柴田が購入したアート作品。作者は箕浦健太郎。(撮影:柴田聡子)
柴田が購入したアート作品。作者は箕浦健太郎。(撮影:柴田聡子)

柴田:雑貨を買うみたいな感じかな? と思っていたんですけど、もっと意味がない感じでよかったですよ。いきなり家に来た猫を世話しているみたいな感じ。あるいはオバQですね。何もしないけど、ただ「オバQだよ~」って言ってるだけみたいな。

―オバQが家にいたら楽しいでしょうね(笑)。その作品はいまどうしているんですか?

柴田:台所に飾っているんですけど、だんだん茶色くなってきました。ヤバいですよね、それが味なのかもしれないけど。

―100年残るんですよね?(笑)

柴田:そう、それを信じて飾ってます(笑)。

柴田聡子(写真左)
Page 1
次へ

イベント情報

『MINA-TO×CINRA.NET presents Small Christmas Party with 柴田聡子』

2019年12月6日(金)
会場:東京都 表参道 Spiral 1階 MINA-TO
出演:柴田聡子
料金:無料

『MINA-TO Arts Marche vol.3 PIKKUJOULU -小さなクリスマスパーティ-』

2019年12月2日(月)~12月23日(月)
会場:東京都 表参道 スパイラル 1階 MINA-TO
時間:11:00~20:00
参加:
いでたつひろ
エヴィリナ・スコブロンスカ
エレオノール・ボストロム
カワイハルナ
片岡メリヤス
zaziquo
studioBOWL
SPOLOGUM
ポーリー・ファーン
マリアンヌ・ハルバーグ
mie takahashi
and more

プロフィール

柴田聡子
柴田聡子(しばた さとこ)

1986年札幌市生まれ。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。今年リリースした最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。10月にはバンド編成「柴田聡子inFIRE」による、初のバンドライブ盤『SATOKO SHIBATA TOUR 2019 “GANBARE! MELODY” FINAL at LIQUIDROOM』をリリースしたばかり。また、2016年に上梓した初の詩集『さばーく』では現代詩の賞を受賞。雑誌『文學界』でコラムを連載しており、歌詞だけにとどまらず、独特な言葉の力にも注目を集めている。2017年にはNHKのドラマ『許さないという暴力について考えろ』に主人公の姉役として出演するなど、その表現は形態を選ばない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」