特集 PR

夏目知幸が振り返る、レーベル設立とバンドにとって苦難の時期

『シャムキャッツ・夏目知幸が送る 10年分の歌とことば』
テキスト
渡辺裕也
撮影:小河原万里花 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
夏目知幸が振り返る、レーベル設立とバンドにとって苦難の時期

全4回にわたってシャムキャッツの歩みをその歌詞から振り返るトークイベント『シャムキャッツ・夏目知幸が送る 10年分の歌とことば』。2019年11月16日(土)に開催された第3回は、自主レーベルTETRA RECORDSの立ち上げから、アルバム『Friends Again』に至るまでの時期にフォーカス。一連の歌詞についてはもちろん、当時のさまざまな秘話が明かされました。

TETRA RECORDS設立期は、まさに苦難の時期。夏目くんも当時の心境を「精神的にすごく辛かった」と打ち明けつつ、その時々でぶつかっていたソングライターとしての課題と、傑作『Friends Again』にたどり着いた過程を事細かに振り返ってくれました。ということで、夏目くん本人もにとっても再発見がいくつもあり「エモかった」という第3回のレポートを早速どうぞ。

食べていくためには、自分たちでレーベルを始めるか、メジャーにいくかだったんです。

―2010年代前半の東京には、インディ「シーン」と呼べるものが確実にあったと思うんです。その流れが2015年頃からすこしずつ変わってきて、シャムキャッツにせよ、ミツメにせよ、各々の戦いになってきた印象が僕にはあって。

夏目:うん。本当にそうですね。

―事実、この頃のシャムキャッツにはメジャーレーベルから声がかかっていたんですよね?

夏目:そうなんです。当時の僕らはとても音楽だけで暮らしていけるような状況ではなかったので、これから食べていくためにはどうするか決めなきゃいけなかった。そのときに選択肢としてあったのが、自分たちでレーベルを始めるか、メジャーにいくかだったんです。

―そして、「TETRA RECORDS」を設立すると。

夏目:でも、あの頃は本当にグチャグチャで。じつはいちどメジャーで出すことが決まって、数曲分のレコーディングもすでに終わってたんですよ。でも、その予定が1本の電話で白紙になっちゃって。

夏目知幸(なつめ ともゆき)<br>東京を中心に活動するオルタナティブギターポップバンドシャムキャッツのボーカル、ギター、作詞作曲。2016年、自主レーベルTETRA RECORDSを設立し、リリースやマネジメントも自身で行なっている。近年はタイ、中国、台湾などアジア圏でのライブも積極的。個人では弾き語り、楽曲提供、DJ、執筆など。
夏目知幸(なつめ ともゆき)
東京を中心に活動するオルタナティブギターポップバンドシャムキャッツのボーカル、ギター、作詞作曲。2016年、自主レーベルTETRA RECORDSを設立し、リリースやマネジメントも自身で行なっている。近年はタイ、中国、台湾などアジア圏でのライブも積極的。個人では弾き語り、楽曲提供、DJ、執筆など。

―なかなか酷な話ですね……。

夏目:僕らはそこで切り替えて「だったら自分達で出せばいいじゃん」と。それで“マイガール”(2016年)というシングルを出すんです。

―つまり、“マイガール”はメジャー移籍を見越したうえで生まれた曲ということ?

夏目:そうですね。どうせメジャーに行くならちょっと派手な曲にしてみようか、みたいな雰囲気はあったと思う。じゃあ、どういう曲がいいのかなと。それで当時仲がよかった女の子にかるく相談してみたんです。

そうしたら「夏目くんの一般的なイメージは、日常、恋愛、男気。この三本柱を全部押さえる曲を書いてみたら?」と言われて、「なるほど」と。で、そういうことを意識しながら作ったのが“マイガール”なんです。

シャムキャッツ『マイガール』ジャケット
シャムキャッツ『マイガール』ジャケット

―“マイガール”は、想いを寄せている女性に主人公が語りかけていく曲で、こういう視点の作詞は夏目くんの得意とするところでもありますよね。

夏目:たしかに。でも、ここまで男らしさを前面にだしたキャラクターを主人公にした曲は“マイガール”が初めてだと思う。“マイガール”の主人公って、僕のなかでは『AFTER HOURS』の“SUNDAY”にでてくるキャラクターが成長したイメージなんです。

シャムキャッツ“SUNDAY”を聴く(Apple Musicはこちら

夏目:“SUNDAY”の主人公は、好意を抱いてる子に対して<髪をバサッと切ってきておくれよ>なんて言っちゃうようなやつなんですけど、仮にあいつが17歳だとして、それから10年経ったらどうなってるかなーと。というか、人間としてちゃんと包容力を身につけてもらってなきゃ困るし、俺自身もそうありたいっていう気持ちがあったんですよね。

―“マイガール”には夏目くんの目指す男性像が投影されてる部分もあるってこと?

夏目:そうですね。これから自主レーベルでやっていくんだし、どっしり構えてかなきゃって。ここらでちょっとメンバーに男気を見せたかったというのもありました。

西野カナの対抗馬として、わがままな女性を増幅させるような曲を書いてやろうと思ったんです。

―なるほど。一方で“マイガール”には<正直めんどう 暗い君の相手>という歌詞もあって。ここには男の本音が垣間見れるなと。

夏目:これはジョン・レノンの“Jealous Guy”(1971年『Imagine』収録曲)みたいなイメージですね。要は、自分が嫉妬深くて女々しいやつなんだっていうさらけ出し。あと、男女間の喧嘩って、最後の最後に本音が出てきがちじゃないですか。その感じが出せたらいいなーと。それと、“マイガール”に関してはもうひとつ思ってたことがあって。西野カナの“Darling”という曲があるじゃないですか。あの曲に勝ちたいな、という気持ちはあった(笑)。

―どういうこと?

夏目:“Darling”の歌詞って、ちょっと落語みたいな感じなんですよね。それに、靴下を脱ぎっぱなしにするダメ男をさらに増幅させるような危険性を孕んだ曲でもある(笑)。だったら、俺はその対抗馬としてわがままな女性を増幅させるような曲を書いてやろう、みたいな気持ちがちょっとだけあったんです。

―西野カナって素晴らしい作詞家ですよね。“トリセツ”とか、すごいなと思う。

夏目:あれは俺も現代版“関白宣言”だと思いました。しっかり芯を捉えてるというか、どの時代にも通じる曲って感じがする。

―“トリセツ”の語り部って、それこそ男性からすると<正直めんどう>なキャラクターじゃないですか。それがすごくリアルだと思うんです。

夏目:そう、あれがリアルだと思っちゃうんだから、歌詞としてはもう大成功ですよね。本当にうまいなと思う。

―“マイガール”後半の<だいたい世の中は暗い? つらいことばっかり? ニヒルなやつはいいねえ 楽しそうにしているさ>という歌詞は、主人公と彼女が置かれている社会的状況のちょっとした説明にもなってます。

夏目:うんうん。たとえば“LAY DOWN”とか“GIRL AT THE BUS STOP”がそうなんですけど、僕には世の中で戦ってる女性を描きたがるところがあって。“マイガール”を書いてるときは、彼女たちに手を差し伸べるような曲にしたいな、みたいなことをすこし考えてた気がします。まあ、これってちょっとおこがましいというか、俺のエゴでもあるんですけどね。

夏目知幸
Page 1
次へ

イベント情報

『第3回 シャムキャッツ・夏目知幸が送る 10年分の歌とことば』
『第3回 シャムキャッツ・夏目知幸が送る 10年分の歌とことば』

2019年11月16日(土)
会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8 / MADO
登壇:
夏目知幸
渡辺裕也

リリース情報

シャムキャッツ『はなたば』
シャムキャッツ
『はなたば』(CD+DVD)

2019年11月6日(水)発売
価格:2,420円(税込)
TETRA-1018

[CD]
1. おくまんこうねん
2. Catcher
3. かわいいコックさん
4. はなたば ~セールスマンの失恋~
5. 我来了

[DVD]
『バンドの毎日4』

シャムキャッツ『はなたば』
シャムキャッツ
『はなたば』(LP)

2019年11月20日(水)発売
価格:2,750円(税込)
TETRA-1019

1. おくまんこうねん
2. Catcher
3. かわいいコックさん
4. はなたば ~セールスマンの失恋~
5. 我来了

プロフィール

夏目知幸
夏目知幸(なつめ ともゆき)

東京を中心に活動するオルタナティブギターポップバンドシャムキャッツのボーカル、ギター、作詞作曲。2016年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を設立し、リリースやマネジメントも自身で行なっている。近年はタイ、中国、台湾などアジア圏でのライブも積極的。個人では弾き語り、楽曲提供、DJ、執筆など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため 1

    [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため

  2. 『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開 2

    『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開

  3. 長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報 3

    長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

  4. 湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送 4

    湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送

  5. 地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開 5

    地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開

  6. 『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治 6

    『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治

  7. クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する 7

    クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する

  8. 志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開 8

    志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開

  9. 『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表 9

    『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表

  10. 『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら 10

    『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら