レポート

モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:前田美里 編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)
モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

酒好きの錚々たる顔ぶれが出演する、「つぶやき厳禁」な宴

2月21日、MO'SOME TONEBENDER(以下、モーサム)の百々和宏によるトーク&ライブイベント『Rock, Talk, Smoke....Drunk? Vol,25』がRethink Lounge TORANOMONで開催され、シークレットゲストとしてのんが出演した。「ロックと酒とタバコの伝道師・百々和宏が毎回気心の知れたゲストをお迎えし、ラフなトークとピシャリなライブをお届けします。酩酊上等につきTwitterつぶやき厳禁な夜になること必至」と紹介されているこのイベントは、武藤昭平 with ウエノコウジを迎えた2017年12月の第1回を皮切りに、月1ペースで続けられてきた。

百々:フェスのバックヤードによくJTのテントがあって、ミュージシャンにタバコを配ったりしてるんですけど、そこに必ずいる佐藤さんっていう、とんちの効きまくったロック親父がいて(笑)。その人が「何か一緒にやりましょう」って、結構前から言ってくれてて、この場所ができたときに、改めて誘ってもらったんです。

でも、ただライブをやるだけじゃつまんないから、仲のいいミュージシャンを呼んで、酒飲んで、タバコ吸って、ベラベラしゃべろうっていう(笑)。最初は不定期にやろうと思ってたんですけど、「出たい」って言ってくれる人が多くて、ほぼ月1になりました。最近「おしゃべり上手になったな」って思いますね……昔は全然しゃべれなかったのに(笑)。

百々和宏(もも かずひろ)<br>1997年福岡で結成した真正ロックバンドMO'SOME TONEBENDERのギターボーカル。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。
百々和宏(もも かずひろ)
1997年福岡で結成した真正ロックバンドMO'SOME TONEBENDERのギターボーカル。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。

Rethink Lounge TORANOMONは、低温加熱式タバコのPloom TECH専用ラウンジとして、JT本社ビルの1階正面に2017年にオープン。空間総合プロデュースをホフディランの小宮山雄飛が手がけ、著名人 / 文化人がお勧めする本を集めた本棚が併設されていたりと、都会のオアシス的な空間となっている。

イベントにはこれまでACIDMANの大木伸夫、髭の須藤寿、ストレイテナーのホリエアツシ、the pillowsの山中さわお、NUMBER GIRL / ZAZEN BOYSの向井秀徳など、お酒好きの錚々たる顔ぶれが出演して、「つぶやき厳禁」な宴が繰り広げられてきた。

百々:内容に関しては基本ゲストに合わせるんですけど、酒飲みのゲストが多いんで、とりあえず飲ませて、普段客の前では言えないようなぶっちゃけ話をさせるっていう(笑)。大体トーク中に「嫌いなミュージシャンを教えてください」って言うんですよ。そうすると、中には正直に話し始めるやつもいて……ART-SCHOOLの木下理樹とか(笑)。もちろん本気じゃなくて、仲がいいからこそ話せる笑い話ですけどね。

あとは斉藤和義さんに出てもらったことがあって、あの人もお酒すごい好きだから、昔はステージ上で飲んでたらしいんですけど、歌えなくなるから飲むのやめたそうなんです。でも、このイベントでは「今日は飲んじゃおう」って飲みながらやってて、誰もが聴きたい“歌うたいのバラッド”が始まったんですけど……サビを歌えなくてやめるっていう(笑)。「声出ない」って言って、そのときの「えー!」はすごかった。飲ませた俺が悪者みたいになっちゃって……まあ、そんなことも許容されるイベントなんです。

百々和宏

ここまで読んですでにお察しの方もいるかもしれないが、「ロックと酒とタバコ」というイベントコンセプトからすると、のんの出演はかなり異例。のんのロック好きはよく知られているが、お酒とタバコはやらないし、百々とのんの接点もすぐには思い浮かばない。しかし、過去の出演者の中に、今回の組み合わせを実現させるヒントがあった。

百々:去年の夏にクドカン(宮藤官九郎)と大友良英さんに出てもらったんです(百々と大友は中村達也、レピッシュのtatsuとともにかつてJOYHEIGHTSとして活動。クドカンは家が近所とのこと)。そのとき「のんちゃん呼びたい」って言ったら、2人とも「出てくれるんじゃない?」って言ってくれたから、調子に乗ってダメ元でオファーしてみたらオッケーが出て、「マジ?」っていう(笑)。

奈良美智さんの還暦祝いのイベントで初めてお会いして、その後大友さんと一緒にやったライブも観に行きました。共演してる人とか、曲提供してる人の顔触れを見ると、「何であんなに志向がおっさん寄りなんだろう?」って思うんだけど(笑)、のんさんの持ってる人間力というか、オーラというか、あれがトップクリエイターを呼び込むんだろうなって、実際に会って、すごく感じました。だから……今日が今までで一番緊張してる(笑)。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Rock, Talk, Smoke….Drunk? Vol,25』

2020年2月21日(金)
open 18:30 / start 19:00
会場:虎ノ門・Rethink Lounge TORANOMON
前売 3,000円(ドリンク代別途)

出演:百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)
ゲスト:のん

プロフィール

百々和宏(もも かずひろ)

1997年福岡で結成した真正ロックバンドMO'SOME TONEBENDERのギターボーカル。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために