特集 PR

吉澤嘉代子、寿司くんも来訪 スナックイベント配信の裏側に密着

『ルクア大阪の5周年祭』
テキスト
松井友里
撮影:山本佳代子 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
吉澤嘉代子、寿司くんも来訪 スナックイベント配信の裏側に密着

新型コロナウイルス感染症で中止が決まったイベントを、急遽配信に切り替え。2日間に込めた思いをレポート

3月7日、8日の2日間にわたって、Instagram上でライブ配信された『ちょっと聞いてやスナック』。大阪の商業施設であるLUCUA osakaの5周年を祝し開催された『ルクア大阪の5周年祭』のイベントのひとつとして、期間限定で館内に設けた「スナック」を通じ、お買い物に訪れた人たちと友人のように打ち解けた関係を築きたいという思いからスタートしたこの企画。本来、3月6日から3日間、ルクア大阪9階ルクアホールで観客を招いて開催予定だったところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により中止されたことを受け、急遽東京都内のスタジオからライブ配信で実施することとなった。

多くの文化イベントが自粛を余儀なくされ、作り手たちがそれぞれにできることを模索するなかで行われたこの配信には、もともと参加予定だったすべての出演者が(関西在住のアーティストも含め)、出演した。2日間の模様を前後編に分けてレポートする。

チャラン・ポ・ランタンももの元に柴田紗希が登場。初めましての「ママ」対談

スナックをイメージしたセットから、『ちょっと聞いてやスナック』のママを務めるチャラン・ポ・ランタンもものほがらかな挨拶によって2日間限定のスナックは開店。オープンに寄せて、スナックのアルバイト店員こと、アシスタントのShe is編集長・野村由芽が、ルクア大阪から届いた手紙を代読した。

左から:アシスタントの野村由芽(She is編集長)、『ちょっと聞いてやスナック』ママのチャラン・ポ・ランタンもも
左から:アシスタントの野村由芽(She is編集長)、『ちょっと聞いてやスナック』ママのチャラン・ポ・ランタンもも

『ちょっと聞いてやスナック』に応援の声を寄せてくれた人々や出演アーティストへの感謝、配信への意気込みなど熱い思いが届けられるなか、ドアベル風の「カランカラン」という音とともに、「ちょっと聞いてやスナック」最初のお客さんであるモデルの柴田紗希が登場。「友達」がテーマとなっているこのスナック。当日が初対面となったももと柴田は、お互いの名前の呼び方を「しばさき」「ももちゃん」とおずおずと確認しつつ、水割りに使われるようなカットグラスに入ったお水で乾杯。

『ルクア大阪の5周年祭』のメインビジュアルでは、イメージモデルとしてスナックのママ役をつとめた柴田。撮影にはプライベートな友人がモデルとして参加していたのだそう。

 
柴田紗希(しばた さき)<br>しばさきの愛称で幅広い年齢層の女性から親しまれる愛知県出身のモデル。人気女性ファッション誌「mer」で12ヶ月連続表紙を飾り、自身がプロデュースする配信番組で自らセレクトした洋服とヴィンテージアイテムの販売も行う。
柴田紗希(しばた さき)
しばさきの愛称で幅広い年齢層の女性から親しまれる愛知県出身のモデル。人気女性ファッション誌「mer」で12ヶ月連続表紙を飾り、自身がプロデュースする配信番組で自らセレクトした洋服とヴィンテージアイテムの販売も行う。
柴田紗希が出演した『ルクア大阪の5周年祭』メインビジュアル。CINRA.NETでは、撮影への思いが語られたインタビューを掲載中
柴田紗希が出演した『ルクア大阪の5周年祭』メインビジュアル。CINRA.NETでは、撮影への思いが語られたインタビューを掲載中(インタビュー記事を読む

そこからそれぞれの友人関係についての話題に発展し、同業のモデルの友達も多いと話す柴田に対し、「ボーカル同士で仲よくなるのが想像できない!」というもも。一方で、飛行機で偶然隣の席になったことをきっかけに、結婚式まで行くほどの関係になったことがあるという柴田と、気がつけば名前も知らないような人と飲んでいることがあるというももは、仲よくなるきっかけがインスピレーションであるという点や、友人とは銭湯に行くことが多いという共通点で盛り上がり、初対面ながら「このあと銭湯行こう!」と話すほど意気投合する様子を見せた。

左から:もも、柴田紗希
左から:もも、柴田紗希
Page 1
次へ

イベント情報

『ルクア大阪の5周年祭』
『ルクア大阪の5周年祭』

2020年2月28日(金)~3月31日(火)
会場:大阪府 梅田 LUCUA osaka

『ちょっと聞いてやスナックONLINE』

2020年3月7日(土)、3月8日(日)

プロフィール

もも

1993年生まれ。姉・小春との音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」メンバー。ボーカルを担当。映画、舞台などユニット以外にソロで女優としても活動する。

柴田紗希(しばた さき)

しばさきの愛称で幅広い年齢層の女性から親しまれる愛知県出身のモデル。人気女性ファッション誌『mer』で12ヶ月連続表紙を飾り、自身がプロデュースする配信番組で自らセレクトした洋服とヴィンテージアイテムの販売も行う。

こやまたくや

映像作家としての活動を中心に数多くのアーティストのMUSIC VIDEOを手がけ、岡崎体育“MUSIC VIDEO”のMUSIC VIDEOでは『第20回文化庁メディア芸術祭』の「エンターテインメント部門 新人賞」を受賞した。自主制作アニメ「寿司くん」も制作している。また、「こやまたくや」名義でバンド「ヤバイTシャツ屋さん」でGt.Vo.を担当し、作詞作曲も担当。自身のバンド以外への楽曲提供も手がける。

ピエール中野(ぴえーるなかの)

凛として時雨のドラマーであり、手数、足数を駆使した高度なテクニックと表現力で、豪快かつ繊細な圧倒的プレイスタイルを確立。ドラマーの枠を超えた幅広い活動を展開しており、卓越したエゴサ能力、ピエール中野モデルのイヤホン・通称“ピヤホン”が爆発ヒットするなど、各所で話題を呼びまくる!

カツセマサヒコ

1986年東京生まれ。編集プロダクションでのライター・編集者経験を経て、2017年4月に独立。取材記事や小説、エッセイの執筆・編集を主な領域としつつ、PR企画やメディア出演など、活躍の場を広げる。

YeYe(ぃえぃえ)

2011年デビュー。翌年のCDショップ大賞ではニューブラッド賞を受賞。2014年、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の全国ツアーにバンド・メンバーの一員としてフジロックやRSRといったフェスを含む全公演に参加。様々なアーティスト楽曲にゲストヴォーカルとして参加し、更に多くのCMへの楽曲提供や出演を行うなど、その活動の幅を広げている。現在までに5枚のアルバムをリリースし、京都を拠点に日々創作活動を続けている。彼女自身5枚目のアルバムとなる『30』が全国のレコード店にて発売中及び各ストリーミングサイトにて配信中。

柴田聡子(しばた さとこ)

1986年札幌市生まれ。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。去る10月にはバンド編成「柴田聡子inFIRE」による、初のバンドライブ盤『SATOKO SHIBATATOUR 2019 “GANBARE! MELODY” FINAL at LIQUIDROOM』をリリースした。また、2016年に上梓した初の詩集『さばーく』では現代詩の新人賞を受賞。雑誌『文學界』でコラムを連載しており、歌詞にとどまらない独特な言葉の力が注目を集めている。2017年にはNHKのドラマ『許さないという暴力について考えろ』に主人公の姉役として出演するなど、その表現は形態を選ばない。

SHE IS SUMMER(しー いず さまー)

リアルなガールズマインドを歌う「MICO」のソロプロジェクト。2016年、1st E.P『LOVELY FRUSTRATION E.P.』でデビュー、リード曲“とびきりのおしゃれして別れ話を”は、YouTubeの再生回数が370万回を超える。昨年11月、初のドラマ主題歌“Bloom in the city”を含む、2nd Album『WAVE MOTION』をリリース。2月23日から、ワンマンライブ『WAVE MOTION TOUR』を東名阪にて開催。また、自身のアーティスト活動と並行し、WEB雑貨店「LIFE LETTER」を展開するなど幅広い活動を行いカルチャー、ファッションアイコンとしても注目を集める。

吉澤嘉代子(よしざわ かよこ)

1990年、埼玉県川口市生まれ。鋳物工場育ち。2014年メジャーデビュー。2017年にバカリズム作ドラマ『架空OL日記』の主題歌“月曜日戦争”を書き下ろす。2ndシングル『残ってる』がロングヒットする中、2018年11月7日に4thアルバム『女優姉妹』をリリース。

たなかみさき

1992年11月14日生まれ。イラストレーター。お酒、歌謡、哀愁をこよなく愛し、それらは作品の中で色気を匂わせている、誰もが感じた事のある、あの青春を追い求めて。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄