特集 PR

シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

シャムキャッツ
撮影:佐藤祐紀 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

2019年12月13日に、デビュー10周年ワンマンライブを開催したシャムキャッツ。新木場スタジオコーストという彼らのキャリア史上最大の会場には、2000人以上のファンや関係者が詰めかけた。

バンドに限らず、10年間ひとつのことを続けるというのは全然当たり前のことではない。こういう言い方はなるべくしたくないけど、ましてや音楽だ。彼らにとって決して平坦な道のりでなかったことは想像に難くない。本当にそう思う。

2020年6月30日、シャムキャッツが解散を発表した。9月にベストアルバムのリリースはあるものの、ライブに関してはあの10周年公演が実質的に最後のものとなった(その後、10周年の台湾公演があったわけだけれども)。「こんな去り方、ありかよ」と思う。あの場所にいた人たちのほとんどは、約半年後にバンドが解散するなんてことを予期すらしていない。だからこそ思うのは……これで最後とは思いたくないけど伝えるべきと思うのは、あの日は一体どんな一日だったのかということ。

2020年の前半にライターの渡辺裕也とCINRA.NET編集部で作っていたライブレポートをここに残しておきます。3人の視点で綴る、シャムキャッツのあの日について。

シャムキャッツ<br>左から:夏目知幸、菅原慎一、藤村頼正、大塚智之<br>メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。2019年12月13日、デビュー10周年を記念したワンマンライブを新木場STUDIO COASTで開催した。
シャムキャッツ
左から:夏目知幸、菅原慎一、藤村頼正、大塚智之
メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。2019年12月13日、デビュー10周年を記念したワンマンライブを新木場STUDIO COASTで開催した。

「いまだ旅の途中にあるシャムキャッツを切り取った、ひとつの作品のようなライブ。舞台裏まで含めた、あの日の一部始終」テキスト:渡辺裕也

2020年、シャムキャッツはバンド結成以来はじめて休息の期間を設けている。まあ、休息とは言っても4人はそれぞれの活動を展開しているし、「TETRA RECORDS」としての動きも相変わらず活発なんだけど、何はともあれシャムキャッツの今年のスケジュールは、今のところ白紙状態のようだ。

となると、昨年末に行われた新木場スタジオコーストでの公演は、やはり彼らにとってはひとつの節目だったのだろう。それにしても、あの日の僕はなんであんなに興奮していたんだろうか。ずっと好きなバンドが大舞台で演奏している姿に感動したから? もちろんそれもあったかもしれない。でも、それだけじゃなかった。

シャムキャッツが年末のコーストで演奏したのは、アンコールも含めて全28曲。気まぐれな旅路のはじまりを告げる“Travel Agency”で幕を開け、いくつもの壮大な寄り道を経て、「5人目のメンバー」、つまりはスタッフやオーディエンスに捧げた“No.5”で締めくくるという構成は、今思い返しても本当に素晴らしかった。あのセットリストはキャリアの総括というよりも、シャムキャッツというバンドが10年をかけて作り上げた、ひとつの作品だったように思う。

同時に、コーストのワンマン公演には彼らの旅路がまだ途中だってことも感じさせた。

あの日、僕はバンドの了承を得て本番前のリハーサルを覗かせてもらうことができた。約2時間にも及ぶ入念なリハーサルのなかでも、とりわけ印象的だったのが、彼らが比較的最近だした楽曲のサウンドチェックに時間を割いていたこと。具体的にいうと、“逃亡前夜”のときに使う同期の出力や、同じくエレクトロニックな音を大々的に鳴らす“我来了”といった、プロダクション的には彼らのディスコグラフィーのなかでも異質、あるいは新機軸といえる楽曲の確認を、彼らはPAと綿密に取り合っていた。

そうした工程を目の当たりにしていたのもあってか、“我来了”のチャイムのようなイントロがフロアに響いたときの高揚、“逃亡前夜”のビートが鳴ると同時にオーディエンスが前方へと詰めかけていく瞬間は、今も忘れがたい。この10年間、新しい作品を放つごとにそれぞれ異なるビジョンを提示してきたシャムキャッツ。そんな彼らの「今」を伝えている曲にこれだけ熱烈な反応が返ってくるということに、このバンドが10年かけて勝ち取ってきたものを見た気がした。

お客さんも素敵だった。熱狂的な人がたくさんいる一方で、その熱狂ぶりを煙たがるような人は全然いなくて、各々がいい意味で勝手に楽しんでる感じがよかったし、このバンドの自由気ままなスタンスがお客さんにもしっかり伝わってるのを感じた。そういえば、たまたま自分の近くにいた女性はどうやら藤村くん推しだったようで、ことあるごとに「ヨリ様~♡」と黄色い声を上げていたな。そういうのも最高だった。

シャムキャッツというバンドの面白さは、メンバーそれぞれの音楽的な関心が必ずしも同じ方向を向いてないところだと思う。もちろん作品ごとにテーマを設定したり意思統一を図る場面もあるだろうけど、そうした決めごとから逸脱することを彼らは恐れないし、そこで生まれるイビツさがシャムキャッツの代え難いチャームだと思う。

いや、何も音楽性に関することだけでない。この4人はキャラクター的にも本当にバラバラで、その感じはいまだに少年漫画の主人公グループみたいだ。

コーストでのワンマンは、そんなシャムキャッツの集大成だったのだろうか。目下の最新作『はなたば』を今改めて聴くと、あきらかにこれはバンドの過渡期を捉えた作品だと感じるし、あの公演は『はなたば』の完成にあてたライブという意味合いも、それなりに強かったと思う。少なくとも僕にとって『はなたば』は、シャムキャッツがこの先につくる音楽がもっと聴きたいと思わせる作品だったし、新木場での公演においてもそれは同じだった。

シャムキャッツ『はなたば』を聴く(Apple Musicはこちら

どうやら最近の夏目くんは、クラブミュージックに傾倒しているのと同時に、言語学への関心をますます深めているようだ。そして、東アジア音楽への造詣を深めている菅原くんは、中国~台湾のインディーアーティストとの交流を重ねつつ、最近は中央ヨーロッパのアンダーグラウンド音楽にも興味を示していて、この年明けには実際に足も運んだという。どちらにしても彼らは音楽を聴くこと、作ることにとても貪欲だ。そして、その創作意欲はシャムキャッツという器から少しずつ溢れ出したんだと思う。ここにきてシャムキャッツがしばしの休息を必要としたのは、きっとそうした要因もあるんだろう。

そのうえで僕は想像してしまう。この4人がまた一緒に音をだしたら、そのときはどんなハレーションが起きるんだろう。それはどんな音楽なんだろう。だから、時間がかかってもいい。シャムキャッツの次が聴きたい。そして、あの日の新木場をさらに凌ぐような光景を見てみたい。そんな日に想いを巡らせながら、僕は4人の紡いできた音楽に耳を傾けている。

Page 1
次へ

イベント情報

『シャムキャッツ 10周年記念ライブ at STUDIO COAST』

2019年12月13日(金)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

リリース情報

シャムキャッツ
『大塚夏目藤村菅原』(LP)

2020年9月16日(水)発売
価格:5,500円(税込)
HRLP207/208

[Side A]
1. GIRL AT THE BUS STOP
2. 完熟宣言
3. Coyote
4. MODELS
5. 忘れていたのさ

[Side B]
1. SUNNY
2. PM 5:00
3. Travel Agency
4. 我来了
5. AFTER HOURS
6. すてねこ

[Side C]
1. KISS
2. マイガール
3. Four O'clock Flower
4. Lemon
5. サマー・ハイ

[Side D]
1. 洗濯物をとりこまなくちゃ
2. アメリカ
3. このままがいいね
4. 逃亡前夜
5. 渚

プロフィール

シャムキャッツ

メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。2019年12月、デビュー10周年を記念したワンマンライブを新木場STUDIO COASTで開催した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性