特集 PR

Permanents(田中和将&高野勲)と田島貴男が出会った、特別な夜

UNITED FOR MUSIC
テキスト
天野史彬
撮影:藤井拓 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
Permanents(田中和将&高野勲)と田島貴男が出会った、特別な夜

日常の中に一篇の詩のように射し込まれた、非日常のような90分

9月25、26日の2日間、GRAPEVINEの田中和将(Vo,Gt)と高野勲(Key)によるユニット、Permanentsによる有観客のライブイベント『Permanents presents A ZIG/ZAG SHOW』がBillboard Live TOKYOにて開催された。『A ZIG/ZAG SHOW』はPermanentsが不定期に行っているゲストを招いたイベントで、今回は初日の公演にORIGINAL LOVEの田島貴男が招かれ、Permanentsとのコラボレーションを繰り広げた。

2日間それぞれ2ステージ制で行われた今回の『A ZIG/ZAG SHOW』。ソールドアウトとなった全4公演のうち、1日目、9月25日の2ndステージは生配信が行われた。この配信はスペースシャワー、J-WAVE、CINRAの三団体が共同で立ち上げた「UNITED FOR MUSIC」プロジェクトの一環として行われたもので、チケットの売り上げはライブ制作経費に充てられ、残った金額は、新型コロナウイルスの影響によって仕事を失ったライブハウス、アーティストやコンサートのスタッフ、収録スタッフといった人々に還元していくためのライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」へ寄付される。この記事では9月25日の2ndステージの模様を生配信で家から視聴していた筆者がレポートする。

UNITED FOR MUSICのロゴ
UNITED FOR MUSICのロゴ(オフィシャルサイトはこちら

いきなりアンコールの話を書くのはなんだが、アンコールでPermanentsと田島の3人がステージに揃いGRAPEVINEの“ピカロ”を演奏する、その前に、田中がこのライブを観ている人たちに言葉を投げかけた。にこやかな表情の彼は、「これを手始めに、少しずつでもいい方向にいってもらえるといいなと思います。世の中に対する努力は欠かさず、皆さんが少しでも、非日常を感じられるような……」と、そこで言葉を切ると、後ろを振り返り、「いいですね、これ。ビルボードの特権ですね」と、ステージ後方のガラス張りの向こうに広がる夜景を見つめた。このとき、田中の「非日常」という言葉が自分にはしっくりきた。たしかに、この夜、Permanentsの演奏を聴いていた1時間半、自分が過ごしたのは、まるで日常の中に一篇の詩のように射し込まれた、非日常のような時間だったのだ。

Permanentsと田島貴男
Permanentsと田島貴男

「魔法を手に」したPermanents。田島貴男とのハーモニーが特別な夜を祝福する

ライブは田中の「こんばんは、マーパーです」という簡素な自己紹介と、「今宵は素敵な夜になるでしょうって言おうと思っていたんですけど、2ndステージなんで、既に私たちにとってはすごく素敵な夜になっております。皆さんに魔法をかけてあげられるかどうかわかりませんが、私たち、既に魔法を手にしております」という粋な言葉ともに、“それを魔法と呼ぶのなら”で幕を開けた。田中の奏でる穏やかなアコースティックギターの音、それに寄り添う、高野の奏でる繊細なキーボードの音が、ゆっくりと、会場の空気を震わせていく。間奏では田中が「勲助教授っ」と掛け声を上げる場面も。「ふたり」というとても小さな単位の関係性が、優しく音や空間を分ち合いながら、どんどんと大きなものを生み出していく……そんなことの凄みを感じさせられる。

2曲目は「会場に来てくれていない方にだけ届けます(笑)」という田中の言葉に続いて、“遠くの君へ”。田中と高野の声の重なりが美しい。久しぶりのステージだったのだろう、この夜の田中はライブができることが本当に嬉しそうで、その喜びに満ちた表情が、自分が見ているパソコンの画面に映し出される。演奏者の表情や手つきを鮮明に見ることができるのは、ライブ配信の醍醐味だ。

Permanents
Permanents

3曲目で、ゲストの田島がステージに招かれる。演奏前、田中は「やっていると、夢はいろいろ叶っていく。一緒にやりたいなと夢見続けていたら、叶う夜がきました」と、リスペクトを込めて田島を紹介した。そして演奏されたのは、ORIGINAL LOVEの名曲“プライマル”。一発目、イントロで失敗して「もう1回やらせて(笑)」という愛嬌を見せつつも、田中がこの曲を歌うことで醸し出される繊細な色気がたまらなく、田島とのハーモニーも、声と声が照れ混じりに、しかし出会いを祝福するように幸福に響いていて素晴らしかった。田中と高野のハーモニーに関しても言えることだが、「人と人の声が重なるということは、なんて特別なことなんだろう」と思わせられる瞬間が、Permanentsのライブにはたくさんある。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Permanents A ZIG/ZAG SHOW Supported by UNITED FOR MUSIC』

2020年9月25日(金)
出演:Permanents(田中和将&高野勲 from GRAPEVINE)
ゲスト:田島貴男(ORIGINAL LOVE)
料金:前売3,000円 当日3,500円

『GRAPEVINE FALL TOUR』

2020年11月1日(日)
会場:神奈川県 神奈川県民ホール 大ホール

2020年11月3日(火・祝)
会場:大阪府 オリックス劇場

2020年11月7日(土)
会場:東京都 中野サンプラザ

料金:各公演 指定6,000円

『田島貴男 ひとりソウルツアー2020』

2020年10月3日(土)
会場:静岡県 LiveHouse浜松 窓枠

2020年10月17日(土)
会場:神奈川県 Yokohama Bay Hall

2020年10月31日(土)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2020年11月8日(日)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2020年11月21日(土)

会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

※生配信あり

2020年11月23日(月・祝)
会場:愛知県 NAGOYA CLUB QUATTRO

2020年11月28日(土)
会場:大阪府 なんばHatch

料金:各公演5,500円(ドリンク別)

プロフィール

Permanents(ぱーまねんつ)

GRAPEVINEのボーカリスト田中和将(Vo/Gt)とキーボーディスト高野勲(Key)のロック・デュオ。GRAPEVINEのレパートリーや、敬愛するミュージシャンのカバーを演奏します。気儘な編成ゆえ多彩なミュージシャンとセッションを重ねてきたのも彼らの持ち味です。

田島貴男(たじま たかお)

85年に結成した田島を中心とした前身バンドが87年にORIGINAL LOVEと改名。91年にORIGINAL LOVEとして『LOVE!LOVE!&LOVE!』でメジャーデビュー。2019年2月ORIGINAL LOVEで新作「bless You!」をリリースしました。
またバンド形態での表現だけではなく田島貴男としてフットストンプやフットタンバリンも使用した独自の「弾き語り」、「ひとりソウルショウ」などのスタイルでもライヴを行っています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」