特集 PR

普段は見られないライブ現場の裏側。学生たちが紡いだ自らの未来

日本工学院八王子専門学校
テキスト
天野史彬
撮影:上保昂大 編集:柏井万作(CINRA.NET編集部)
普段は見られないライブ現場の裏側。学生たちが紡いだ自らの未来

11月21日、配信ライブイベント『As Future As One』が開催された。FAITH、YAJICO GIRL、NakamuraEmi、ユアネスの4組が出演したこのイベントは、ライブ制作についての技術・知識を専門的に学んでいる日本工学院八王子専門学校 コンサート・イベント科 24期の学生たちが中心となって作り上げたもの。

新型コロナウイルスの影響で音楽・エンターテイメント業界に未だ厳しい状況が続くなかで、将来ライブスタッフとして働くことを目指す若者たちが、「今の音楽・エンターテイメントの世界を助ける」「将来を明るいものにする」という目的のもと、スペースシャワー、J-WAVE、CINRAの3団体が共同で立ち上げた「UNITED FOR MUSIC」プロジェクトが全面的に協力する形で、このイベントは開催に至った。

11月21日、14時から約3時間にわたって開催された本イベント、ライブのPA・照明・舞台・制作などは全て学生スタッフの手によって行われた。各アーティストのパフォーマンスと、学生スタッフによるアーティストへのインタビューは事前収録が行われたのだが、筆者はFAITHとNakamuraEmiのライブ収録とインタビュー収録が行われている現場を見学させてもらうことができた。その事前収録の様子も交えながら、このコロナ禍に、音楽を愛し、ライブを愛する若者たちがどのように「今」を乗り越え、そして「未来」を作ろうとしたのか、その様子を振り返りたい。

普段は見られないライブ現場の裏側。技術者として血肉化されたプロフェッショナリズム

11月6日の正午頃、FAITHとNakamuraEmiのライブ収録が行われる日本工学院八王子専門学校の片柳記念ホールに向かうと、揃いのスタッフジャンパーを着た学生たちが忙しそうに動きまわっている。会場の受付には、しっかりと検温と消毒用アルコールスプレーも用意されていた。新型コロナウイルス感染予防対策については一般社団法人コンサートプロモーターズ協会のガイドラインに沿って万全に行われている。

日本工学院八王子専門学校の学生たち。一人ひとり検温中
日本工学院八王子専門学校の学生たち。一人ひとり検温中

ホールの中に入ると、既にFAITHの楽器・マイクセッティングが行われており、「○○の音くださーい!」などの声も飛び交っている。そういう様子を見るにつけて、ライブ作りとは、アーティストやスタッフ間において、如何に繊細なコミュニケーションが必要なのかと実感させられる。音や色や光という、簡単には言語化できないものを他者と一緒にイメージを擦り合わせながら、理想の空間を作りだそうとすることの困難さ。

片柳記念ホールで仕込み中
片柳記念ホールで仕込み中

アーティストが求める音や照明の細かなニュアンスに対してどう応えるのか。スタッフ間でも、簡潔な言葉でどのように目指す景色を共有していくのか……。きっと、どれだけ事前にミーティングをしても、いざ現場で合わせようと思えば、少なからず齟齬も出てくることだろう。こうしてライブ制作の裏側を見ることで、如何に難しいことを彼らがやろうとしているのか、実感させられる。

思えば、このコロナ禍以降、筆者も配信ライブを見る機会が多くなったが、見るたびにハッとさせられるのは、照明やカメラなど、いわば「裏方」と呼ばれる人たちの技術力の高さだった。アーティストの世界観を理解したうえで、映像作品としても完成度の高いライブを作り上げていく彼らの音楽や機材に対する理解度の高さ、その奥にある経験値、知識、テクニック、とっさの反射神経……そうした技術者として血肉化されたプロフェッショナリズムが、私たちがずっと楽しみ続けてきた「音楽ライブ」というエンターテイメントを作り上げているのだ。

Page 1
次へ

番組情報

スペースシャワーTV『“As Future As One” with UNITED FOR MUSIC』
スペースシャワーTV
『“As Future As One” with UNITED FOR MUSIC』

初回放送:1月20日(水)23:00~23:30

日本工学院八王子専門学校コンサート・イベント科24期が主催した配信イベント“As Future As One”。スペースシャワーTVも参加する音楽サポートプロジェクト「UNITED FOR MUSIC」が全面協力をして行われた本イベントには、NakamuraEmi、FAITH、YAJICO GIRL、ユアネスの4組が出演し、ライブを披露した。スペースシャワーTVでは、音楽・エンターテインメントの世界を目指す学生たちの手によって作り上げたこの配信イベントの模様をお届けします。

イベント情報

『日本工学院八王子専門学校 コンサート・イベント科 presents“As Future As One” with UNITED FOR MUSIC Supported by CINRA.NET / SPACE SHOWER TV / J-WAVE』

2020年11月21日(土)14:00からSPACE SHOWER TVのYouTube公式チャンネルで配信

出演:
NakamuraEmi
FAITH
YAJICO GIRL
ユアネス
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」