レビュー

新生chappieお披露目、その真相とは?

内田有佳
2012/08/09
新生chappieお披露目、その真相とは?

groovisions Lesson 2012(撮影:すがわらよしみ)
(撮影:すがわらよしみ)

1993年に京都で設立以来、様々な領域で良質なデザインワークを世に送り出してきたデザインスタジオ、groovisions。その代表作のひとつである、人型のグラフィックデザインシステム「chappie」が、ついにリニューアル。1994年の誕生から18年間、全くフォルムを変えてこなかったというが、いったいどこが変わったの? どうして今なの? ということで、その真相を確かめるべく、銀座ポーラ ミュージアム アネックスで開催中の『groovisions Lesson 2012』にやってきた。

メインの壁には17点の新作が連なる
メインの壁には17点の新作が連なる(撮影:すがわらよしみ)

最初に目に飛び込んできたのは、1100×900mmの大判サイズにプリントされた新作chappieの平面世界。紙をクリップで吊るしただけのラフな展示が気持ちいい。色、形、構図――。groovisionsのグラフィックは、あたかもずっと前から馴染みがあったかのように、どれもスッと観る人の内に入ってくる。親近感があるのに新しい。心を伸びやかにさせる健やかなパワーだ(その健全さの理由が分からなくて、逆に怖くなったりもするのだけど)。自然光がたっぷり入る展示室で深呼吸。さて、どこが変わったのかじっくり観ていこうじゃないか。

ジークエンスプリント groovisions Lesson 2012
ジークエンスプリント(撮影:すがわらよしみ)

まず第一印象。パッと見た感じは今までのchappieと大きく変わらない。心なしか瞳が大きくなったような? フレームがないのをいいことに、顔を作品ギリギリまで近づけてディティールを観察する。スタッフさん曰く「どこが変わったんですか? という質問は意外と少ないですね」とのこと。ファンが見れば、ちゃんとわかるということか。振り返ると立体chappieが立っていた。こちらも今まで通り、凛と前を見つめている。「ちょっと痩せました?」なんて心の中で声をかけてみたり。でもリニューアル点の確信は得られない。というより、本当はどう変わったか? ではなく、なぜ変えたのか? を知りたいのだ。

groovisions代表の伊藤弘さん
groovisions代表の伊藤弘さん(撮影:すがわらよしみ)

そこへgroovisions代表の伊藤弘さんが来場。リニューアルの経緯を伺った。「もう10年くらい前から変えよう、変えようと思っていたんです。それで、この機会にようやく(笑)。分かりやすい部分としては手。あとは目や眉毛なんかも。身体のバランスも少し。本当に微妙なマイナーチェンジですが、見る人が見ればわかると思います」。でも、そもそもなぜ変えようと?「ロングセラーなものはすべてマイナーチェンジを繰り返していますよね。多くの会社のロゴだって、創業当初と現在を比べたら全く違うはず。でも徐々に変わっているから気づかない。時代が流れれば、フォルムも変わるべきなんです」。

chappieのシステムをiPadでビジュアル化
chappieのシステムをiPadでビジュアル化(撮影:すがわらよしみ)

また「chappieはシステムである」というのもこの展示の大きなメッセージだ。それを視覚的に伝えているのがiPadを使ったこの壁面。1人のchappieが2人に、さらに増えて横一列に、もっと増えて上下左右に…と枝葉のようにビジュアルが展開してゆく。18年間で少しずつ組み立てられたこのシステムは、今展示を経て、より細かく規定されていったという。それがいかに厳密なルールかは、グラフィックデザインを仕事にしていない人にも一目瞭然だろう。groovisionsがchappieを通して「Lesson」していることが少しずつ見えてきた。「chappieのシステムは、HIP HOPのブレイクビーツと同じ考え方なんです。僕らはそういうスタンスでずっとやってきた。でも、誰もそれを指摘してくれないから、ここらへんでちゃんと言っておかないとなって(笑)」。会場にはHIP HOPの手法で名曲をカットアップ&コラージュした『THE ULTIMATE LESSONS』が流れていた。

価格や納期は会場で確認を
価格や納期は会場で確認を(撮影:すがわらよしみ)

最後にこの展示のもうひとつの目玉を。なんと会場ではオリジナルのchappie名刺をつくることができるのだ。ファン生唾のこの企画は、申込み状況によっては早めに受付終了になるかもとのことで、なるべく早く訪れることをおすすめする。

そしてもうひとつ吉報。この展示を記念して、groovisionsとCINRAがコラボレーション。新作chappieのiPhoneケースが誕生する。「まぁ、気軽に買ってください。iPhone5が出たらもう使えなくなるものですしね」と伊藤さん。iPhoneケースはCINRA.STORE限定での販売ということで、みなさんこちらもご贔屓に。

groovisions iPhoneケース「GRV2591」
groovisions iPhoneケース「GRV2591」

groovisions iPhoneケースの詳細はこちら

タイトル『groovisions Lesson 2012』に込められた「Lesson」の意味。そして、グラフィック集団groovisionsの代表作chappieが「システム」だということ。可愛いでは済まされないchappieという存在を、このふたつのキーワードを抱えながらもう少し考えてみても面白いかもしれない。

groovisions Lesson 2012(撮影:すがわらよしみ)
(撮影:すがわらよしみ)

イベント情報

『groovisions Lesson 2012』

2012年7月21日(土)〜9月9日(日)
会場:東京都 銀座 ポーラ ミュージアム アネックス
時間:11:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで)
休館日:会期中無休
料金:無料

プロフィール

groovisions / グルーヴィジョンズ

東京を拠点に活動するデザインスタジオ。1993年の設立以来、グラフィックやムービーを中心に様々な領域のデザインを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業