レビュー

身のまわりの日常を写し留め続ける写真家

安野泰子
2009/09/25
身のまわりの日常を写し留め続ける写真家

広告や、雑誌や、ネット上、どこを見渡しても写真イメージの蔓延る現代。私たちは、その写真にある情報を素早く読み取り、必要なものとそうでないものを瞬時に判断し、要らないものは惜しみなく捨てる。そんな写真イメージの大量消費の中にあって、頭山さんの写真は、ふとたちどまり、そしてしばらく凝視していたくなる。そして、そこに何かの意味や情報を読み取ろうとするが、すぐに、それは間違っていたことに気づかされる。頭山さんの写真に出逢って、普段、私たちが駆使している情報処理能力を、一旦、中断することで見えてくる風景があることを知った。

私たちが抗うことのできない大きな時間の流れ。「私たちは必ず死ぬ」という事を意識した瞬間に、ゾッとして身動きがとれなくなった経験はないだろうか。私たちは普段はそのことを、意識下におくことで生きていられる。しかし、頭山さんは、そうした事実を、時の流れを、「生」の現実をカメラのファインダー越しに見つめ続けている。 それらの写真を前にして、私たちはただただ、沈黙することしかできないのだろうか。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

頭山ゆう紀

写真で感情は撮れないけど、写真と感情それぞれが別々に存在し、並走したまま繋がっているのだと思う。白と黒は自分への現実だったし、カラーは母の色を思う。今写真と再会し、ここから見えてくるものを再び写真に定着していく。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年