レビュー

日本唯一の有人飛行船がリニューアル、青空を舞う飛行船から引き出される絢香のメッセージ

阿部美香
2014/10/14
日本唯一の有人飛行船がリニューアル、青空を舞う飛行船から引き出される絢香のメッセージ

現在、日本で唯一の有人飛行船がデザインリニューアル

2010年から日本中を旅している、現在日本における唯一の有人飛行船「スヌーピーJ号」。世界的な人気キャラクターとして愛され続けるスヌーピーとその仲間たちがあしらわれているこの飛行船は、リニューアルにあたりデザインを一般公募。その優秀作の発表&新デザインをお披露目するイベント『SNOOPY J Special Night』が9月30日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催され、スペシャルゲストとしてシンガーソングライターの絢香が登場、飛行船をイメージした新曲“Have fun!!”を初披露した。

スヌーピーJ号
スヌーピーJ号

イベント前半は、ステージ上の小型飛行船やスクリーンを使った豪華なプロジェクションマッピングショーに加えて、スヌーピーJ号の新デザインコンテストの表彰式が執り行われた。優秀賞に輝いた14作品とグランプリ1作品の飛行船デザインが次々に発表され、プレゼンターとして登場したスヌーピーも元気に受賞者たちを出迎えた。さらに、さっそくグランプリ作のデザインにリニューアルされた新しいスヌーピーJ号の生映像も登場。日本各地を旅しているスヌーピーJ号が、係留中の宮城県大衡村から中継され、会場を沸かせた。

プロジェクションマッピングで披露される新デザインの飛行船
プロジェクションマッピングで披露される新デザインの飛行船

絢香が「飛行船」からインスパイアされた楽曲とは?

休憩を挟んで、いよいよ絢香のスペシャルライブがスタート。ラフなモノトーンのTシャツに黒のジャケット、ビビッドなブルーのパンツ姿の絢香は、約2,000人のオーディエンスが待ち受けるステージへとさっそうと登場した。最初に披露されたのは、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌としてロングヒット中の“にじいろ”。続いて、同曲のカップリングナンバーとして収録されていた“幻想曲”の2曲を情感込めて歌い上げた。舞浜アンフィシアターは、かつてシルク・ドゥ・ソレイユ シアターとしても使用されていた華やかなホール。凛として伸びやかな絢香の歌声は、半円形のステージを、伝統的な劇場スタイルの趣ある客席が取り囲んだ舞浜アンフィシアターの豪奢な雰囲気によく似合う。

絢香ライブ風景
絢香ライブ風景

そして、ライブの最後はお待ちかねの“Have fun!!”を初披露。心躍る軽快なリズムにのせたイントロが流れ出すと、ステージにはスヌーピーも登場。鮮やかなブルーのTシャツは、絢香の衣装同様に「青空」のイメージを連想させ、バンドのリズムに合わせて大きくカラダを揺らしながら絢香にジョイント。総立ちになったオーディエンスとの「Oh! Oh! Oh!」の大合唱も、ステージをハッピーに盛り上げた。

「この曲を口ずさんだら元気になる、この曲が聴こえてきたら自然と笑みがこぼれる、この曲が聴こえてきたら空を見上げたくなる、そんなみんながワクワクできるような、曲が書けたらなぁという思いで作りました」と、“Have fun!!”に寄せる想いを語った絢香。その言葉通り、この曲はサウンドも晴れやかだ。ピアノとアコースティックギターと跳ねるようなリズムで奏でられるイントロからも、「fun」な喜びが生まれてくる。

絢香ライブ風景

病気療養での活動休止を経て、実感のこもった「音楽の力」を届ける

ゆったりとしたフォーキーなメロディーで歌われるリリックにも、「笑顔」や「空」といった彼女の楽曲でおなじみの温かなワードが並ぶ。これまでも数々の楽曲で、つらさや悲しみを乗り越え、強さをもって未来へ向かう姿を歌ってきた絢香。この曲でも、雄大な空を舞う飛行船を見上げる優しい風景の中で、<ネバーマインド どんな失敗も楽しい>と、ハートウォーミングな言葉を投げかける。

病気治療による活動休止というつらい経験があったからだろうか。難病であるムコ多糖症の支援ライブや小児がん患者を救う日本武道館での主催ライブなどにも精力的に取り組んできた絢香だからこそ、今このときを大事に、楽しく生きようと伝える素直な言葉は、心に染みる。わずか3曲という短い時間ではあったが、絢香の「音楽の力」にあふれ、スヌーピーとの愉快なコラボも楽しめた今回のスペシャルライブから、オーディエンスはハッピーと元気をたっぷりと受け取ることができたようだった。

イベント情報

『SNOOPY J Special Night』

2014年9月30日(火) OPEN 17:00 / START 18:30
会場:千葉県 舞浜アンフィシアター
出演:絢香
料金:無料

プロフィール

絢香(あやか)

2006年2月1日“I believe”でデビュー。1stアルバム『First Message』は出荷枚数140万枚を超え、2009年にリリースしたベストアルバム『ayaka's History 2006-2009』でもミリオンを記録。2年間の活動休止を経て、2012年2月1日に復帰アルバム『The beginning』をリリース。2013年9月にはカバーアルバム『遊音倶楽部~1st grade~』をリリース。2014年6月にはNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌“にじいろ”をリリース。現在は3人編成という絢香ツアー史上最小編成による「にじいろAcoustic Live Tour 2014 ~3-STAR RAW~」を開催中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く