レビュー

KING BROTHERSの爆音ロックで人気モデルがパンチラ。思春期の妄想を追求した男たちの本気

麦倉正樹
2015/08/04
KING BROTHERSの爆音ロックで人気モデルがパンチラ。思春期の妄想を追求した男たちの本気

もしやギターアンプの音圧でスカートがめくれちゃう……? ロックンロールの壮大な実験

これまでに川村真司や吉田ユニ、関根光才など様々なクリエイターたちとともに斬新な表現を生み出してきたスペースシャワーTVの新しいステーションID(番組間で放送される放送局のアイデンティティーやメッセージを伝えるイメージ映像)が、何やらすごい仕上がりとなっている。特に男子諸君にとっては、文字通り「目が釘付け」となってしまうような、驚きの映像表現となっているのだ。今回タッグを組んだのは、「『進撃の巨人展』 360°体感シアター“哮”」や安室奈美恵“Anything”のGoogle Chrome版MVの制作など、数々の先進的なプロジェクトで知られるクリエイター集団、dot by dot inc.。テーマはズバリ、「ロックンロールパンティ」であるという。って、何それ!?

『ロックンロールパンティ』
『ロックンロールパンティ』

公式の資料によると、今回の企画は次のような口上によって始められている。「ロックンロールは、男の子のあこがれ。ロックを体現したいのは、すべての男の子の願い。伝説のギタリスト、スティービー・レイ・ヴォーンはこう言った。『アンプの音圧で、ズボンの裾がなびくのさ』……」。前置きはほどほどにして、つまりは、「ひょっとして、ギターアンプの音圧でスカートめくれちゃったりするの?」という素朴な疑問に対する、壮大な実験企画なのだ。

音響のスペシャリストと共に歩んだ、パンチラ成功までの茨の道

「壮大な」と書いたのは、何も大袈裟な話ではない。メイキング映像などで見ることのできるその準備作業は、思いのほか本気で、しかも苦難に満ちたものだったようだ。音響のスペシャリストたちの監修のもと、巨大なカスタムスピーカーを開発・制作することからスタートとした今回の企画。「音圧」とひと口に言ってみるものの、それを万全の形で生み出すには、様々な創意工夫が必要とされるのだ。


かくして生み出された巨大なカスタムスピーカーを、都内某所のスタジオに搬入して臨んだ撮影当日。密かに現場入りした筆者は、そこで驚愕の光景を目撃することになる。撮影スタッフはもちろん、スピーカーのオペレーター部隊など大勢のスタッフがひしめきあうスタジオ。

『ロックンロールパンティ』収録準備風景

最終段階まで入念な調整作業が行われるなど、ピリピリとした緊張感が漂うスタジオに颯爽と登場したのは、「西宮の狂犬」こと、KING BROTHERSの三人だ。細かなセッティングの後、指定の位置についた彼らがおもむろに掻き鳴らす、爆音ロックンロール。ギュイーン! むう、相変わらずのカッコ良さである。

カスタムスピーカーの上に立つKING BROTHERS
カスタムスピーカーの上に立つKING BROTHERS

そして、最後にスタジオに現れたのは、「ぴかりん」の愛称で知られる人気モデル、椎名ひかり。

椎名ひかり
椎名ひかり

カラフルな衣装に身を包んだ彼女が、カスタムスピーカーの上に仁王立ち、再び掻き鳴らされるキンブラの爆音ロックンロール。ギュイーン! そして、スカートがフワリ……。えっ、一体、何が起こったの?

収録現場の様子(モデルは椎名ひかりとは異なる)
収録現場の様子(モデルは椎名ひかりとは異なる)

説明しよう。キンブラの三人が操る各楽器から出力された音は、ミキサーからPCに送られ、ボリュームの波長を解析。それぞれのボリュームの大きさに合わせたサイン波にリアルタイムに変換される。そのサイン波が、2400Wの高音圧ウーファーで出力されることによって、強い共振と風が巻き起こり、彼女のスカートをめくったのだ。パ、パンチラ……。

ロックンロールの爆音を身体中で体感できる装置を作りたかった

今回の企画の意図するところについて、スペースシャワーTVのクリエイティブディレクターである齋藤新は、次のように語る。「もともとステーションIDは、クリエイターが新しい表現に自由に挑戦できる場所にしたくて。視聴者にも新しい音楽体験を届けたいという思いで挑戦しています」

具体的な企画会議はどのような感じで行われたのだろう? 「音楽をテーマにした映像、スマホでも遊べる仕掛けなど、いくつか条件を提示したのですが、基本的には自由に面白いものを考えてくださいとdot by dot inc.さんにお願いしました。かなりの数のアイデアを出していただいたのですが、最後に出てきたのがこのパンティ案でした(笑)。その段階では実際スピーカーの音圧でスカートがめくれるのかどうかも未知数でしたが、『成功したら絶対面白い!』という感触を頼りに進んでいきましたね」。

『ロックンロールパンティ』収録準備風景

齋藤曰く、「本物のロックバンドが演奏して、その音楽が大容量アンプから流れてスカートがめくれるというフィジカルな音楽の伝え方にこだわった」という今回のステーションID。監督であるdot by dot inc.の谷口恭介は、アイデアが生まれた経緯について、次のように言う。

「音楽の楽しさって、単に聴くだけではなく、体感することにあると思うんです。ライブやクラブに行って、音楽を身体中で浴びる楽しさ。それを体験できる装置ができないかと考えて思い出したのが、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する巨大なスピーカーや、バカみたいにでっかいウーファーを積んだ車でした。そういう感じでロックンロールの爆音を体感できる装置があれば楽しそうだなって(笑)」

風を巻き起こすための仕組みの解説資料
風を巻き起こすための仕組みの解説資料

さらにもう一点、重要な要素として谷口が挙げるのが……「モテ」である。

「音楽を好きになるきっかけって、好きな子に振り向いてもらいたいとか、モテたいとか、よこしまな部分も少なからずあると思うんですよね。そういう思春期の妄想のようなものを表現できればいいなと……その象徴として思いついたのが『パンティ』だったんです(笑)」

それらを組み合わせて生まれたのが、今回の「ロックの爆音でスカートをめくる」という前代未聞のステーションIDというわけだ。ロックンロールの万能感が実現する思春期の妄想。CGなどの合成や小細工をいっさい排した、男たちの本気がそこにある。ちなみに、今回のステーションIDは、ロックンロールパンティを体感できるブラウザ版のスマホゲームとしても同時に展開されるとのことだが、このゲームがさらに奮っているのだった。ユーザーが楽器を自由に演奏することで、ポイントに応じたパンティ映像をゲットすることができる(それをシェアすることもできる!)というこのアプリ。大人たちの遊びは完全に本気で、細部に至るまで徹底している。

『ロックンロールパンティ』スマホゲーム画面
『ロックンロールパンティ』スマホゲーム画面

では最後に、両氏から今回の企画に寄せたメッセージを。「男ってバカだな~と、生温かく見ていただければ幸いです(笑)」(谷口)。「スカートがめくれる映像と気持ちの良い音楽が重なって、けっこうクセになります! ぜひスペシャを知らない人たちにも遊んでもらえたら嬉しいです」(齋藤)。


エッジの効いた音楽を送り届けるべく、常識の斜め上をひた走るスペースシャワーTV。その今後の展開に、ますます期待です。レッツロックンロールパンティ!

番組情報

スペースシャワーTV ステーションID
『ロックンロールパンティ』

2015年8月4日(火)公開
出演:
椎名ひかり
KING BROTHERS
ほか

プロフィール

椎名ひかり(しいな ひかり)

中学3年だった2009年、(株)角川春樹事務所発行、「月刊Popteen」にスカウトされ、読者モデルとして初登場を飾る。異例の速さで表紙デビュー。2012年7月号では初のピン表紙を飾り、渋谷の女子高生認知度100%の人気モデルへと成長。本人プロデュースのカラコン、つけまつ毛は売切れ店舗続出のヒット商品となる。現在はファッション誌『Popteen』、『KERA』、テレビMBS『Kawaii Asia』、ラジオNACK5『i-Meet Up~ひかりぼっち放送局~』 など様々なレギュラーを持つ。また2015年には「逆転裁判2 ~さらば、逆転~」にて舞台デビュー。さらに、椎名ぴかりん名義で魔界からやってきたアイドルとしても活躍中!

KING BROTHERS(きんぐぶらざーず)

1997 年結成。ケイゾウ(Gt,Vo)、マーヤ(Gt,Scream)、ゾニー(Dr)からなる、兵庫県西宮市出身のロックバンド。ベースレスというスタイルながら1999 年には米国でアルバムをリリースし、海外でのライブツアーやジョン・スペンサーの前座を務めるなど、精力的な活動を行う。「喧嘩記念日」という、KING BROTHERS がさまざまなアーティストをゲストに招き「対決」を繰り広げてきたライブイベントを行っている。メンバーのマーヤは『N' 夙川BOYS』というバンドのメンバーとしても活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開