特集 PR

Arcaに続く新星LUHが放つ美しくも脆き狂気の恋愛パワー

LUH『SPIRITUAL SONGS FOR LOVERS TO SING』
テキスト
黒田隆憲
編集:飯嶋藍子
2016/05/09
Arcaに続く新星LUHが放つ美しくも脆き狂気の恋愛パワー

エラリーとエボニーの運命的な出会いと、社会的に認められた「狂気」

「恋に落ちた人って、みんな狂ってるわ。最初の段階は特にそう。思うに、恋愛っていうのは社会的に認められた『狂気』よね」

スパイク・ジョーンズ監督による、一風変わった恋愛映画『her/世界でひとつの彼女』の中で、エイミー・アダムス扮する主人公の親友が言った言葉が、とても印象に残っている。確かに、付き合い始めたばかりの恋人同士というのは、「僕たち2人なら、世界だって変えられる!」と言わんばかりの情熱的なオプティミズムに満ちていて、はたから見れば、「のぼせ上がった妄想」にしか見えなかったりもするのだけれど、例えばジョン・レノンとオノ・ヨーコ、あるいはセルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンのように、その「狂気のパワー」が時には素晴らしい作品を生み出すことだってある。エラリー・ロバーツとエボニー・ホールンにより結成されたデュオ、LUH(ラー)のデビューアルバム『Spiritual Songs for Lovers to Sing』も、そんな「狂気のパワー」が凝縮された一枚だ。

LUH(左から:エラリー・ロバーツ、エボニー・ホールン)
LUH(左から:エラリー・ロバーツ、エボニー・ホールン)

エラリー・ロバーツと聞いて、ピンと来た人もいるかもしれない。彼はマンチェスター出身の4人組バンド、WU LYFのフロントマンだった男である。ヒップホップやハードコアからの影響を基軸とした、リリカルかつエモーショナルなバンドサウンドと、魂を振り絞るようにシャウトするエラリーのボーカル。2011年に、たった一枚のアルバム『GO TELL FIRE TO THE MOUNTAIN』を残し、翌々年には早くも解散してしまったバンドだが、若さゆえの初期衝動に溢れたその作品は、一瞬の閃光のように多くの人たちの心に刻み込まれた。エラリーとエボニーが出会ったのは、そのWU LYFが末期を迎えていた2013年である。長いツアーから戻ってきたエラリーは、ちょうどその頃マンチェスターを訪れていたエボニーと意気投合し、インターネットを通して急速に親交を深めていく。お互いにクリエイティビティーを刺激され、「一緒に何か、とてつもないものが生み出せる」と確信した二人は、エボニーの住むアムステルダムにて共同生活をスタートした。

LUH

恋の初期衝動の脆さと無防備さを閉じ込めた美しき刹那

かくして誕生したLUHによる『SPIRITUAL SONGS FOR LOVERS TO SING』。本作は、WU LYF時代から引き継がれたエラリーのエモーショナルな歌声と、クールで慎み深いエボニーの歌声を中心とする壮大なアルバムである。インスピレーションの源となったジョセフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』は、世界各国の神話をリサーチした論書であり、ジョージ ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』シリーズにも計り知れない影響を与えたことでも知られている。キャンベルの研究によれば、神話に登場する英雄たちはみな、「旅立ち」「逆境を乗り越え」「生還する」ことによって大きく成長するという。WU LYFから旅立ち、エボニーとともに逆境を乗り越え、アルバムを引っさげてシーンへと戻って来たエラリーは、そんな自分たちを神話の英雄らに重ね合わせ、楽曲に投影させていったのだろう。大それた試みだが、ひるむことなく挑んでいくことが出来たのは、まさに「狂気」のような恋愛パワーがあったからである。

プロデューサーは、The Haxan Cloakことボビー・ケリック。Bjorkに見初められ、彼女のアルバム『Vulnicura』では、LUHのレーベルメイトであるArcaとともにモダンかつ前衛的な手腕を発揮していた人物である。彼とともに、エセックスにあるオシー島へと向かった二人は、外界と隔絶された環境でレコーディングを行なった。随所にサンプリングやプログラミングをちりばめながら、躍動感あふれるドラムや多幸感のあるシンセ、鼓膜を突き破るようなディストーションギターをレイヤーしていくそのサウンドプロダクションは、SpiritualizedやMy Bloody Valentine、Arcade Fireなどを彷彿とさせる。もちろん、WU LYF時代に手に入れた、ヒップホップやハードコアもLUHの音楽性の肝。とりわけ“$oro”ではオートチューン(音程補正用のソフトウェア)も導入し、壮大かつアグレッシブなサウンドスケープを展開している。

アコースティックな“The Great Longing”でアルバムは幕を閉じ、再び1曲目の“I&I”へと導かれる。「You&I(あなたと、わたし)」ではなく、「I&I(わたしと、わたし)」。他者であるはずの相手が、まるで自分の身体の一部になってしまったような「全能感」。それは冒頭で述べたように、恋愛の初期段階にありがちな、「のぼせ上がった妄想」なのかもしれない。しかし、そんな「脆さ」や「無防備」さと表裏一体の情熱的なオプティミズムは、今この瞬間の二人だからこそ持ち得たものだ。

明日には崩れ去ってしまうかもしれないそんな関係性を、真空パックしたような『SPIRITUAL SONGS FOR LOVERS TO SING(=歌う恋人たちのための、スピリチュアルな楽曲集)』は、脆くて無防備であるがゆえに、狂おしいほど愛おしい。

リリース情報

LUH『Spiritual Songs for Lovers to Sing』
LUH
『Spiritual Songs for Lovers to Sing』日本盤(CD)

2016年5月6日(金)発売
価格:2,268円(税込)
MUTE / CDSTUMM388

1. I & I
2. Unites
3. Beneath the Concrete
4. Future Blues
5. Someday Come
6. $ORO
7. Here Our Moment Ends
8. Loyalty
9. Lost Under Heaven
10. First Eye to the New Sky
11. Lament
12. The Great Longing

プロフィール

LUH
LUH(らー)

エラリー・ロバーツとエボニー・ホールンによるユニット。エラリー・ロバーツは、WU LYFの元フロント・マン。エボニー・ホールンは、アムステルダムの名門美術 大学ヘリット・リートフェルト・アカデミー出身。2013年にマンチェスターで運命的な出会いをした二人は LUH を結成。2014年から約2年に渡り、音楽のみならずアート、写真、フィルムなどを発表し続け、その間に発表されたシングル『Unites』は、ピッチフォークでベストニュートラックに選ばれる。MUTE 契約第一弾シングル『I&I』は、ビョークの最新作『ヴァルニキュラ』に参加したUK気鋭のプロデューサーであるザ・ハクサン・クロークをプロデューサーに起用、外部から遮断されたエセックスのオシー島にてレコーディングされた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開