特集 PR

w-inds.橘慶太の挑戦は、ブルーノ・マーズより一歩早かった

w-inds.『Dirty Talk』
テキスト
三宅正一
w-inds.橘慶太の挑戦は、ブルーノ・マーズより一歩早かった

橘慶太の決意が、w-inds.の未来を大きく変えようとしている

橘慶太は、時代の流れを的確に読む嗅覚、審美眼、そして聴覚を持っている。通算40枚目となるニューシングル“Dirty Talk”を聴いてあらためて思い知らされた。

それは彼がw-inds.の楽曲をセルフプロデュースする前から発揮されていたものだが、自らの手でw-inds.の音楽的なイニシアティブを完全に握るようになってから、彼の特異なセンスはますます研ぎ澄まされている。


w-inds.“Dirty Talk”を聴く(Spotifyを開く

37枚目のシングル『Backstage』(2016年)のカップリングとして収録されている“Treasure”で慶太が初めてw-inds.の詞曲を書き下ろしたとき、彼には「ファンに対してグループを私物化して申し訳ない」という遠慮がちな思いがあったという。しかし、そんな本人の思いとは裏腹に多くのファンは慶太によるw-inds.のセルフプロデュースを歓迎。慶太も、ストイックに学びながら向上している自身の音楽力をw-inds.に注ぐことがグループの発展に直結するのであれば、自らの役割を全面的に引き受けようと決意する。

2018年、w-inds.は満を持してニュージャックスウィングに着手する

w-inds.が辿ってきた音楽的な変遷は前回のレビュー(w-inds.橘慶太の人間力を語る 4年前の取材から現在に至るまで)を参照していただきたいが、慶太がセルフプロデュース楽曲第3弾となる“Dirty Talk”でニュージャックスウィングのテイストを、「w-inds.流のポップス」として昇華しているところに彼の矜持が窺える。

慶太がこの楽曲をクリエイトするにあたり、ブルーノ・マーズを意識しているのは間違いないだろう。セルフプロデュースの第1弾“We Don't Need To Talk Anymore”ではトロピカルハウスを、第2弾“Time Has Gone”ではさらにディープハウスやフューチャーベースのビート感を織り交ぜてきた。つまり、過去2作ではEDM~ベースミュージックから派生したダンスミュージックのメソッドに則ったトラックメイクを実践してきたわけだが、慶太はこのタイミングでまた大きく音楽性の舵を切ったのである。

w-inds.とニュージャックスウィングというポイントにおいて忘れてはならないのは、2016年5月にリリースされた36枚目のシングル“Boom Word Up”の存在である。時期的には慶太のセルフプロデュース前夜にあたるこの曲は、海外のトラックメイカーのビートを採用。2014年にリリースした『Timeless』以降、「レトロモダン」というキーワードを掲げ、コンテンポラリーなブラックミュージックの潮流を意識した楽曲を推し進めていた当時のw-inds.にとって、トロピカルハウス路線へモードチェンジする前の最後の一曲として放ったのが“Boom Word Up”だった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

w-inds.『Dirty Talk』初回限定盤
w-inds.
『Dirty Talk』初回限定盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,500円(税込)
PCCA-04616

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
1. Dirty Talk Music Video
2. The Making of Dirty Talk Music Video
※個別サイン会参加券もしくはプレゼント応募券封入

w-inds.『Dirty Talk』RYOHEI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYOHEI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00092

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYOHEI-
※個別握手会参加券封入(RYOHEI)

w-inds.『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)
w-inds.
『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00093

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -KEITA-
※個別握手会参加券封入(KEITA)

w-inds.『Dirty Talk』RYUICHI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYUICHI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00094

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYUICHI-
※個別握手会参加券封入(RYUICHI)

w-inds.『Dirty Talk』通常盤
w-inds.
『Dirty Talk』通常盤(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,000円(税込)
PCCA-7052

1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
※一斉握手会に参加可能な告知フライヤー封入

イベント情報

『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2018 ~ESCORT~』

2018年3月3日(土)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2018年3月14日(水)
会場:東京都 中野サンプラザ

2018年3月16日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2018年3月18日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2018年4/1(日)
会場:福岡県 福岡国際会議場・メインホール

2018年4月30日(月・祝)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜

プロフィール

w-inds.
w-inds.(ういんず)

橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。2001年3月14日にシングル『Forever Memories』でデビュー。同年リリースされた1stアルバム『w-inds.~1st message~』はオリコンチャート1位を記録。これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1回を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開