今週の編集部まとめ

毎週月曜日更新 2017年8月21日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    『exPoP!!!!! vol.100』と『NEWTOWN』ご来場ありがとうございました!

    散々告知をさせていただいた『exPoP!!!!! vol.100』と『NEWTOWN』、この週末、無事に終了することができました! ご来場いただいた皆さん、出演してくれたアーティストや作家、フードカートの皆さん、本当にありがとうございました。自分で言うのもなんですが、お陰さまでめちゃくちゃいい空気感のフェスになったんです。不思議なくらいに。ビルがニョキニョキ立ち並ぶ東京のど真ん中で、自由で居心地のいい、楽しさと刺激の両方があるようなカルチャーフェスが、ちゃんと立ち上がった手応えがありました。フードも売り切れ続出、野音のライブも入場規制がかかるほどの大盛況。こういうものが作りたかったし、わからないながらも僕の手探りに付き合ってくれた社内外のスタッフにも本当に感謝しています。最高のフィーリングとクオリティーを持っている人たちと、最後の限界ギリギリまで試行錯誤チャレンジしたことが、結果として形になって本当に嬉しい。終わったあと、半泣きで喜びを分かち合えたあの時間が、この夏の宝物です。まさに大人の文化祭(笑)。そして次は11月に、もっと大きなチャレンジが控えてますが、詳しくはまたは後日。でも、このチームだったら絶対に形にできると確信してます。楽しみにしていて下さい!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)