今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年5月14日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    屋外フェスシーズン到来

    GWが過ぎ、ここから夏に向けて屋外フェスが盛り上がるシーズンになってきました。週末、私も土曜は愛知県・蒲郡の『森、道、市場』へ、日曜はRHYMESTERが主催する『人間交差点』に参加。『森、道、市場』は興味はありつつも、行く機会を失っていたので、今年初参加でした。音楽ステージはもちろん、会場中を所狭しとテントが並ぶマーケットにも心底ビックリ。中には、「自分たちで作って焼いたピザを食べる」という、体験型のお店も。音楽目的の人よりも、きっとおいしい食事目当てのお客さんも多そうな印象で、これまでアーティストのラインナップで行くフェスを決めていた自分には、カルチャーショックなフェスでした。

  • 木村直大
    木村直大

    Slim Setからの啓示

    オーストラリアにSlim Setというヒップホップグループがいて非常にかっこいいんですが、多分みなさん知らないと思います。僕はひょんなことから彼らに会う機会があってたまたま知ったものの、正直、全然有名じゃないんです。ところが先週末の深夜、中目黒の路上で偶然話したオーストラリア人がそのSlim Setの友達でびっくり。これはもう、編集部まとめで紹介すべしという啓示だと捉えました。是非聴いてみてください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会