今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2019年8月13日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    ただの1枚も写真が残っていない僕らには

    本当にただ忘れっぽいボンクラな自分は3か月前のことも平気で忘れていたりするし、1年とか2年とか前の話になると覚えていることのほうが絶対的に少ない。そのうえというか、写真を撮ることもほとんどないので過去を振り返る機会がそもそもないということに最近気がつく。でもかといって、いろいろな景色やシーンは形を持つことなく本当にどこかに消えてしまっているかというと、たぶんそうでもなく、それは、スピッツの“サンシャイン”でいうところの<すりガラスの窓を あけた時に よみがえる埃の粒たち>みたいな感じでどこかしらに残っているんだと思う。そう信じたい。チャットモンチーは<何でもない毎日が本当は 記念日だったって今頃気づいたんだ>と歌っていたけど、この歌を初めて聴いたときから、なんでもない毎日の中には、ありふれていても愛しいきらめくなにかとか、ありがちでも特別な時間とか空気みたいなものがあるもんだということを知ったつもりで生きてきた。たぶん12年くらい。無駄に長い前置きですが、元チャットモンチーの高橋久美子さんと、親愛なる『She is』の番長こと野村由芽さんが審査員を務める写真公募企画『#なんでもない毎日の中に』の開催にあたってこんなことを考えていました。なんでもない毎日は、カメラを向けた瞬間に特別なものになってしまうのではないかな? どうなんでしょう。ひとり禅問答みたいな感じになってしまったけど、考えはじめると本質的な気もしてきて結構楽しい。このフォトコン企画、僕もなんとかして参加したいと思ってます。

  • 川浦慧(CINRA.NET編集部)
    川浦慧(CINRA.NET編集部)

    山の日

    今年は早々から、海とかスイカとか花火は「済」だったので、暑くなる前からサマーを感じていましたが、先週末の山の日に観たSTUTSのライブは、さらにもう一段階うえのサマーを感じさせてくれるものでした。代官山unitにはじっとり汗をかいたお客さんがパンパンに入っていて、超ギュウギュウななかで、その体温とライブの熱気がさらに体感温度をあげていた。STUTSでさらなる夏オブ夏を体感。そのあとに登場したtofubeats氏には、そこにいた全員が狂喜乱舞し、踊り狂っていた。テンション上がらざるを得ない素晴らしいライブ。tofuさんは音源でもライブでもインタビューでもいつでも、音楽が楽しいものだということを教えてくれる。音楽が明日を生きる活力になったので、今週もお仕事をがんばります。

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    第一回『電影交差点』開催

    本文ヒカリエ8Fにオープンしたばかりの「MADO」。そこで、「映画と他ジャンルの化学反応」を目的に定期開催していくトークイベント『電影交差点』を8月6日に開催しました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。第1回目となるゲストはミュージシャンのかせきさいだぁさんと、『あみこ』の山中瑶子監督。坂本龍一や向井秀徳とも交流のある山中監督が幼少時代からV系バンドが好きであることや、かせきさいだぁさんが大のSF映画好きであることなどが判明する内容で、「交差点」というタイトルに相応しいイベントになったかと思います。2カ月に1度、開催するイベントですので、気になる方は今後ご来場いただけるとうれしいです!

  • 中田光貴(CINRA.NET編集部)
    中田光貴(CINRA.NET編集部)

    ありがとう さよなら 更に言うと愛してる

    私は今年で26歳で、周りの友達からはちらほら結婚や出産の話が聞こえて来つつも、大半はまだまだ自分一人の人生を謳歌していて、つまりはまだまだ自分は若い世代だと思っています。だけれども、やっぱり26年も生きていると、たくさんの出会いがあった分、お別れも増えてくるわけで。その形は色々あるけれど、その一つひとつのお別れを大事にしたいと思う今日この頃です。大切な人とのお別れのときにいつも頭の中で流れるのが、タイトルにも引用しているbonobos“GOLD”。<ありがとう さよなら 更に言うと愛してる>といった気持ちを胸に抱き続けて、これからも生きていきたいなと思います。それにしても、高校や大学の卒業式で「またねー」って、言い合ったのが最後に交わした言葉になる人も出てくるのかと思うと、なんだか不思議な気持ちになりますよね。人生って、ままならない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」