ORANGE RANGE

Total 32 Posts

沖縄の米軍・嘉手納基地近くの「コザ」(沖縄市)に在住する5人組ロックバンド。2001年に結成し、2002年2月22日アルバム「オレンジボール」でインディーズデビュー。翌年2003年「キリキリマイ」でメジャーデビュー。ジャンルにとらわれない自由かつ高い音楽性と、卓越したポピュラリティが話題となり、数々の名曲を送り出し続けている。2010年7月27日を境に、自由な音楽を生み出すために設立した自らの音楽レーベル「SUPER ((ECHO)) LABEL」にて活動を開始。2012年1月からはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの「SPEEDSTAR RECORDS」と提携を開始し、同年2月22日にはCDデビュー10周年を迎え、8枚目のアルバム『NEO POP STANDARD』をリリース。翌2013年7月にサウンドメイクの鍵を握る二人、YOH(Ba)作曲の『オボロナアゲハ』と、NAOTO(Gt)作曲の『もしも』を並べたル両A面シングル2曲を含めた、“ハジけた”バンドサウンドに仕上げられた9枚目のアルバム『spark』をリリース後、全国ツアー「ORANGE RANGE LIVE TOUR 013 ~spark~」を執行。2014年は、アジアライブ(韓国、台湾、香港)、対バンライブ、FCツアー、ワンマンライブ、さらには各地のイベントへの出演も数多くこなし、まさにライブイヤーとなった。そして、今春コンセプトツアー「RANGE AID+ presents “RWD← SCREAM 015”」を終え、約2年ぶりとなる通算10枚目のニューアルバム『TEN』を8月26日にリリース、そして9月18日から東京公演を皮切りにスタートする全国ツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 015 ~TEN~』も開催決定。その勢いはとどまることを知らない。(オフィシャルサイトより)

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて