ニュース

『VIVA LA ROCK』最終発表でKing Gnu、大森靖子、indigo la Endら24組追加

音楽イベント『VIVA LA ROCK 2021』の全出演者が発表された。

8回目を迎える『VIVA LA ROCK』。今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を徹底した上で、5月1日から5日にかけて東京・さいたまスーパーアリーナで開催される。

新たに発表されたのは、5月1日に出演するKANA-BOON、神はサイコロを振らない、King Gnu、sumika、ハンブレッダーズ、BLUE ENCOUNT、5月2日に出演するindigo la End、WOMCADOLE、ニガミ17才、BIGMAMA、UNISON SQUARE GARDEN、5月3日に出演する秋山黄色、ORANGE RANGE、TENDRE、XIIX、Base Ball Bear、5月4日に出演する大森靖子、ORIGINAL LOVE、東京スカパラダイスオーケストラ、lOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS、5月5日に出演する打首獄門同好会、オメでたい頭でなにより、キュウソネコカミ、SPARK!!SOUND!!SHOW!!の24組。全出演者75組が出揃った。

埼玉県内のファミリーマート店頭に設置されているFamiポートで購入できる「埼玉県内限定受付」は4月11日まで、イープラスで実施されている全国対象のチケットウェブ第1次受付は4月11日18:00まで行なわれている。現段階では各日1万枚を上限にチケット販売を行ないつつ、今後の新型コロナウイルス感染拡大状況を見ながら、随時行政と協議した上で観客人数を決めていく意向とのこと。通し券は用意されず、1日券のみとなる。ステージ前方エリアの入場に関しては事前抽選を実施。抽選は4月中旬頃から公式アプリでエントリーを受け付ける。埼玉県内限定受付、ウェブ第1次受付の期間中にチケットを購入するとエントリー可能。詳細は4月5日に発表される。

オフィシャルグッズの事前通販は4月2日18:00からスタート。事前通販で購入すると開催前日までに自宅にグッズが届く。

鹿野淳プロデューサー(『VIVA LA ROCK』)のコメント

3月15日に51組の出演アーティストを発表いたしましたが、今回、新たに24組の出演アーティストを発表させていただきます。
これをもって2021年、2年ぶりにさいたまスーパーアリーナに戻り、有観客で開催する春のロックフェス「VIVA LA ROCK」は、全75組に上る出演アーティストのすべてを発表させていただくことができました。

新型コロナウイルス感染症が未だ予断を許さない中での開催であることを含め、皆様も様々な想いを抱えながら8度目の開催であるビバラを見つめてくださっていることと思いますが、そういったお気持ちはもちろんアーティストの方々も強く持っていらっしゃいます。ご自身のツアーがまだ果たせていなかったり、完全な形でのライヴを行えていなかったり、有観客ライヴが行えていなかったり、様々な形でパンデミック以降の現状と真摯に向かい合っているアーティスト、バンドばかりが出演してくれます。
そういう素晴らしいアーティスト、バンドが決心をして、今年のVIVA LA ROCKに参加してくれる、さいたまスーパーアリーナにて皆様の前でライヴを果たす——それは相当な覚悟が必要なことだと思います。そのありがたい覚悟を受け止め、かつ、今後のエンターテイメント全般に対してバトンを渡せるような成功を収められる準備をしたフェスでないと、今、今年の春のフェスは開催できるわけもなく、我々VIVA LA ROCK自身も今まで以上の覚悟と気概と準備をもって開催する決意です。
まさに今回のビバラは「スピリットの祭典」です。
ご出演してくださるすべてのアーティストの方々、久しぶりの関東圏での大型フェスの開催に注目してくださっている皆様、心から感謝いたします。本当にありがとうございます。

チケットに関しましては、緊急事態宣言が解除される流れの中で埼玉県や会場と厳重な協議を重ねた結果、現在、各日1万枚まで販売数を増やして発売しています。さらに気を引き締めて開催に向かっていきます。
今回もスタジアムモードでの開催ですが、アリーナ面に関しては前方はスタンディングエリア、後方が椅子席エリアという形で2分割いたします。その前方スタンディングエリアは事前応募・抽選制によって入場していただきますが、応募していただく権利があるチケットの販売は4月11日(日)までとなりますので(先着制での販売です)、ご注意ください。

とにもかくにも、今年は今までとは違います。今までと同じような楽しみを、感動を、発見を皆様と分かち合い、最高のフェスをやり遂げるために、例年とは変えたことがいくつもあります。皆様にご協力をお願いしたいこともあります。「VIVA LA ROCK 2021 ガイドライン」をどうか読んでくださいませ。
開催日まで、どうか注目し続けてください。我々のみならず、様々な想いで開催するべく懸命に動いている春のライヴ、フェス、全部を注目し続けてください。
様々なメディアの方々、どうかサポートいただき、そして目撃していただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

もうすぐ4月になります。4月9日にはタイムテーブルの発表を行います。
あっという間に、本当にあっという間に、久しぶりのその時がやってきます。
さいたまスーパーアリーナで、VIVA LA ROCK 2021で逢いましょう。
フェスとは、ライヴとは何なのかを、もう一度一緒に考え生み出し、そして作り上げましょう!!

『VIVA LA ROCK 2021』全出演者
『VIVA LA ROCK 2021』全出演者
『VIVA LA ROCK 2021』ガイドライン
『VIVA LA ROCK 2021』ガイドライン
『VIVA LA ROCK 2021』通信販売グッズ
『VIVA LA ROCK 2021』通信販売グッズ
『VIVA LA ROCK 2021』ロゴ
『VIVA LA ROCK 2021』ロゴ
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性