まずはココから

インタビュー

注目バックナンバー

“永井聖一へのプロデュースオファー そこから見えてくるバンドの真実とは

MUSIC

永井聖一インタビュー

永井聖一インタビューをdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 永井聖一インタビューをlivedoorクリップに追加 永井聖一インタビューをlivedoorクリップに追加 (2010/03/17)

ポストロックをはじめとした多彩な音楽的バックグラウンドを、歌もののポップスに昇華させた集大成的作品『PURPLE』(08)、ソロ活動、ライブ作品『SCLL LIVE』(09)を経て、Spangle call Lilli line(以下、SCLL)が実に7年ぶりとなるニュー・シングル『dreamer』を発表した。これがバンドの新たな一歩にふさわしい、キラキラとした極上のポップ・ナンバーなのだ。本作のプロデュースを担当したのは、「相対性理論」のギタリストなどとして活躍する永井聖一。本作のプロデュースの話題はもちろん、彼の様々な活動に関するインタビューをお届けしよう。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 写真:柏井万作)

PROFILE

1983年東京生まれ。「相対性理論」のギタリストの他、作曲、作詞、プロデュースワークなどを行う。

メンバー全員であれこれ言いながら作ってて。

―お一人で取材を受けられることってほとんどないですよね?

永井:今まではなかったですね。

―まったく?

永井:はい。

―では基本的なところも含めて色々聞かせてください。まずは今回SCLLをプロデュースすることになった経緯から。

永井:去年の6月ぐらいにSCLLから「相対性理論にプロデュースしてほしい」というお話をいただいたんです。だけど、メンバーの誰がやるのか? っていう部分が明確にはなっていなくて。うち(相対性理論)ってクレジットの表記が曖昧だったり、誤表記があったりしたので…

―相対性理論の楽曲の多くは真部さんの作詞作曲と記載されてますよね?

永井:あれも本当に大きな間違いで、実際はほとんどの作詞・作曲を4人全員で行っています。バンド然としてるって言うとおかしいけど、いいものを作る、対象をよくするためのプロセスが必要なので、メンバー全員であれこれ言いながら作ってて。クレジットには間違いが多いので、JASRAC含め、正しい情報への訂正を出しているところです。1枚目の『シフォン主義』とかはホントに遊びで作ったデモで、作詞作曲者などの表記も間違ったまま、それをそのまま流通させちゃったっていう…。こんなに話が大きくなると思ってなかったので。

―そうなんですね。じゃあ最初のオファーは永井さんを指名していたわけではなかったんですね。

永井:最初は漠然と「相対性理論にお願いしたい」って感じでした。でも(プロデュースは)グループでやることではないので、うちにはこんなメンバーがいて、こんなことができます、という話をみらいレコーズのスタッフを介して話してもらっていたら、ギター・アレンジもお願いしたいということだったので、求めていただいているものが僕のテリトリーに近いかな、と。


相対性理論っぽさを混ぜても面白くないから、新たに浮かんだアイデアを基にして、一人で練りながら作っていった。

―元々SCLLはお好きだったんですか?

永井:正直名前を知っているくらいだったんですけど、藤枝(憲:SCLLのギタリスト)さんから過去の音源を送ってもらって、これなら面白いことができるんじゃないかなって思いました。

永井聖一インタビュー
Spangle call Lilli line

―じゃあ最初はまず会って話してみるところから始まったわけですか?

永井:いえ、実際に会って話したのはだいぶ後で、最初は大坪(加奈:SCLLのボーカリスト)さんのハミングが乗ったデモを送っていただいて、「これに歌詞をつけて、好きにやってください」っていう伝言だけだったんです。

―具体的に「こういうイメージで」みたいな指示もなく?

永井:「好き勝手やっちゃってください」って指示だけ(笑)。だから、いわゆる世間一般の認識でいう、相対性理論っぽさをそこに混ぜても面白くないから、そのデモを聴いて新たに浮かんだアイデアを基にして、一人で練りながら作っていった感じです。

―そもそもSCLLが相対性理論にプロデュースを依頼したポイントは何だったんでしょうね?

永井:あのシングルはとにかく「ポップなものにしたい」と言っていたので、うちに頼めば面白くなる、と思ったんじゃないですかね。

2/4ページ:永井聖一の知られざる音楽遍歴とは?

インタビュー一覧に戻る

Ryoji Ikeda「supersymmetry」 April 2(Wed.)-June 1(Sun.), 2014 Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • nu(エヌユー) - なnD 2

    ¥756

    『なんとなく、クリティック』編集チームによる超文学ミニコミ冊子

  • - OH!SUMO-DOME

    ¥945

    スノードームで繰り広げられるガチンコ大相撲!

  • とんぼせんせい - とんぼせんせいのぺんぎんワッペンバッチ(大)

    ¥1,404

    キラリと輝く刺繍になったペンギンのとんぼせんせい

  • 小林幹也,榮良太 - CINDERELLA(M-03)

    ¥6,156

    イベントやパーティーで非日常的なファッションを楽しむ

  • Lawny - トートバッグ(カカオ生地/カラーライン)

    ¥8,100

    毎日使えて心地よい、アートな1点ものバッグ

  • Mogu Takahashi - テキスタイルパネル「てくてくてく」(正方形)

    ¥6,264

    森へ散歩にいきましょう

  • 永戸鉄也 - テキスタイルパネル「鉱石標本」(正方形)

    ¥6,264

    この迫力ある美しさをインテリアに

  • とんぼせんせい - iPhone5/5Sケース「海のとんぼせんせいiPhoneケース」

    ¥3,780

    何度も見るうちにジワジワと浸食するイメージハッカー

  • エーヨン - ミニマムウォレット(グリーン)

    ¥8,640

    限りなくシンプルな本革財布

  • ETCHIRA OTCHIRA - ソックス「スイカ」

    ¥2,700

    靴下から始まるいつもとちょっと違う日常

  • ETCHIRA OTCHIRA - ソックス「メンズストロー」

    ¥2,700

    靴下から始まるいつもとちょっと違う日常

  • riya - iPhone5/5Sケース「RED PEGASUS」

    ¥3,780

    燃えるような真っ赤なペガサス

  • 布川愛子 - マグカップ「100% mouse!」

    ¥1,944

    ストレッチに余念がない元気なねずみたち

  • 飴屋法水,朝吹真理子 - 国東半島アートプロジェクト2012 アートツアードキュメント『いりくちでくち』[Blu-ray]

    ¥4,104

    飴屋法水×朝吹真理子による話題のアートツアーが待望の映像化!

  • 堀道広 - マグカップ「うるし部」

    ¥1,944

    架空の部活「うるし部」部員専用マグカップ

美輪明宏版「愛の賛歌」~エディット・ピアフ物語~ 4月12日~6月15日 新国立劇場他全国公演あり

UTB 関和亮が教える 映像制作ワークショップ 5/10 SAT

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

CINRA Inc,スタッフ募集中!

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

amenotoインタビュー 私の曲を聴いた人に、もっと悩んでほしい

伊集院幸希インタビュー 新世代ソウルシンガーの大胆な挑戦

LET'S PLAY GAME! おしゃれで楽しいテーブルゲーム特集

GIFT for MEN 男性への贈り物におすすめの商品を特集

Gift for WOMEN 女性への贈り物におすすめの商品を特集

永戸鉄也 圧倒的な存在感を放つオリジナル商品

APOGEEインタビュー 誰もが望んでいたバンドの帰還

西寺郷太インタビュー 音楽が売れない時代の「やりやすさ」

日本のモノづくりメーカー『レーベルクリエーターズ』

紙巻きオルゴール漫画 メディア芸術祭にも選出!異色コラボ

URBAN SAFARI 野生動物のハンドメイドアクセサリー

OCICA 東北のお母さんたちによる手仕事ブランド

Lawny 毎日使えて心地よい。暮らしにとけ込むアートな1点ものバッグ

横山裕一 オリジナルグッズ特集 奇才漫画家の名作をインテリアやファッションに

tofubeats×error403対談

yohaku × mimoe 職人とアーティストによる手仕事の服

「結晶育成キット」神秘的な結晶の世界をDIYで

アップサイクルブランド NEWSED いま必要とされているモノづくりのかたち

MyXイチオシアーティスト Vampillia