まずはココから

インタビュー

注目バックナンバー

「気が狂いそう」という思いを、絵画が食い止めることもある

ART

「理性ある狂気」で描く心の風景 松井冬子インタビュー

インタビュー・テキスト:内田伸一 撮影:菱沼勇夫(2011/12/02)

「痛み」「恐怖」「狂気」。世間の最大公約数的な「美しさ」とは相容れないこれらのキーワードが、彼女の絵画人生の道標となってきた。古典的な日本画の技法で描かれる美しくもおぞましき世界は、どんな必然性から生まれたのか? また、才色兼備と謳われ、インタビューでも快活な彼女が抱える、孤独な「当事者分析」の道のりとは? 横浜美術館で12月17日から3月18日まで開催される大規模個展『松井冬子展 −世界中の子と友だちになれる−』に向けて制作中の画家に、「CGでは表現し得ない、アナログ的なもの」を信じるに至った道程を聞いた。

PROFILE

松井冬子
1974年、静岡県森町出身。2002年、東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業。2007年、同大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了。同大学日本画専攻の女性としては初の博士号取得者となる。主に絹本に岩絵具を用いて描く古典的な画法で、女性や花、その幽霊などを描き、内臓や身体器官もモチーフにしつつ、自己分析的に「痛み」「狂気」を絵画で追求する。
松井冬子/まついふゆこ/Fuyuko MATSUI

「自分が描いた絵、破ける?」と詰め寄られたことも

―松井さんが画家を志した最初のきっかけはなんでしょう?

松井冬子
松井冬子

松井:小学4年生のとき、学校の図書室に『モナ・リザ』が掛けてあったんです。もちろんレプリカですが、薄暗い廊下でどこに立っても彼女と目が合うのが、怖いやら美しいやらで心を奪われました。「芸術家になりたい」という思いはこのころからありました。一生をかけられる仕事だろうと思ったんです。

―自分で満足に描けた、最初の絵の記憶は?

松井:小学1年か2年生のときの、かぐや姫の絵です。十二単をまとった姿を、色鉛筆で描いたものでした。このころ、クラスの女の子に「自分で上手いと思ってるでしょ」と言われ、「そんなことないよ」と言ったら「じゃあ自分が描いた絵、破ける?」と詰め寄られて。ビリビリに破いた後、号泣した思い出もあります。

―なかなか激しい小学生時代ですね…。

松井:毎日がそんな感じだったわけではなく、いま思い出したというくらいのことですが(苦笑)。

―今回の大型個展のサブタイトル「世界中の子と友だちになれる」を考えるとき、ちょっと興味深いエピソードという気もします。このタイトルは東京藝大での卒業制作の作品名でもありますね(※その後修士課程の修了制作でもこのタイトルを採った)。

松井:はい。当時、それまでの自分の集大成を目指した1枚です。現時点から見れば「ここから始まった」という原点でもあるので、今回の個展タイトルにしました。

―満開の藤や少女など、遠くから眺めると美しい情景に感じられますが、よく見れば枝には異様な数のスズメバチがいたり、少女の指に血が滲み、虚ろな表情だったり…すでに松井さんの代名詞と言える「痛み」「恐怖」「狂気」の予感に満ちた絵に思えます。そして傍らの揺り籠はなぜか、赤ん坊が不在ですね。

松井:この絵はひとことで語りにくいのですが、ひとつには、オブセッシブ(強迫観念的)に陥っていく人間の姿を描いたものです。私自身、すごく没入して描いていました。いまおっしゃったような要素に加え、そこには怒りもあります。空の揺り籠についてですが、これは堕胎を暗示してもいます。当時は毎日、この制作に心血を注いでいて、作品を描き終えた後もしばらく他の制作ができない状態でした。

―タイトルは、逆説なのでしょうか?

松井:いえ、いまでも信じていますけれど。気合い次第で世界中の子と友だちになれるって(笑)。でも、それもある種の狂気だとは思います。

《世界中の子と友達になれる》 2002年(平成14) 絹本着色、裏箔、紙 181.8×227.8cm 作家蔵(横浜美術館寄託)
《世界中の子と友達になれる》 2002年(平成14) 絹本着色、裏箔、紙 181.8×227.8cm 作家蔵(横浜美術館寄託)


2/3ページ:怖がらせようと思って描いているわけではないんです

インタビュー一覧に戻る

19th JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL 作品募集 2015.7.7-9.9

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • AMETSUCHI/芦田尚美 - シロクマブローチ

    ¥3,240

    無表情だけどいつも側にいてくれる

  • 布川愛子 - iPhone6ケース「Tropical cats」

    ¥3,780

    ふんわり柔らかい猫たち

  • 福田とおる - トートバッグL「秘密の関係」(デイジー)

    ¥3,024

    トートバッグL「秘密の関係」(デイジー)

  • 毛塚隼人 - マグカップ「rabbit」(ホワイト)

    ¥1,944

    シンプルで可愛い。毎日使いたいマグカップ

  • コンドウアキ - モバイルバッテリー「人魚」

    ¥3,780

    可憐な色で表現される、アンデルセン『人魚姫』の悲しい恋

  • ETCHIRA OTCHIRA - ソックス「丸太」

    ¥2,700

    靴下から始まるいつもとちょっと違う日常

  • 布川愛子 - モバイルバッテリー「Village」

    ¥3,780

    もしも動物たちの村があったなら

  • MONOPURI , はらぺこめがね - ブックカバー「HARVEST / IMO」(文庫サイズ)

    ¥1,620

    どこかノスタルジックなブックカバー

  • Lawny - トートバッグ(アカ / トマト)

    ¥9,720

    一面に描かれたトマトが目を引くユニークな一品

  • うえむら - iPhone6ケース「ユビキタス・スフィンクス」

    ¥3,780

    イラスト×言葉が作り出す不思議な世界

  • SUEKKO LIONS(C) - Tシャツ「YOUNG SODA」(キッズ・ヘザーベージュ)

    ¥3,240

    夏の海には危険がいっぱい!

  • medo - エナメルブローチ「心臓」

    ¥8,000

    ポップでユーモアのある心臓の七宝焼きブローチ

  • 新井夏希 - モバイルバッテリー「2」

    ¥3,780

    黒とピンクのポップな関係

  • はらぺこめがね - iPhone6ケース「バナナ」

    ¥3,780

    バナナの質感がリアルで美味しそう

  • 田村一 - 「コップ」

    ¥3,888

    天草陶石を使用したコップ

  • 永原真夏 - モバイルバッテリー「SUPER CHARGER」

    ¥3,780

    手描きのイラストが魅力のモバイルバッテリー

CINRA presents『exPoP!!!!!』

「クレオパトラと薔薇」の共通点は? 無料 編集力チェック

HereNow Your another city guide

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

CINRA.JOB 売りたいものは、自分たちで作る。アナログレコードを盛り上げるJET SETの挑戦

CINRA.JOB SONICJAMが予想する2020年

谷本早也歌×DJ Obake対談「歌う8ビットガール」とは一体何者?

Lawny 毎日使えて心地よい、アートな1点ものバッグ

こだわりの詰まったカラフルなステーショナリー

Danke オシャレに雨対策。フェスにも着たいレインウェア

Tシャツ特集2015! 豊富なデザインが勢揃い

POS+ 世界も注目するデザインウォッチブランド

Patterie ガーリーな気分を盛り上げる刺繍アクセサリー

10年前の今日、何をしていたか覚えていますか?

「結晶育成キット」神秘的な結晶の世界をDIYで

軽くて丈夫、カラー豊富な帆布バッグ

CINRA Inc,スタッフ募集中!