特集 PR

三浦直之×後藤まりこ対談 古典に対する違和感と、どうつき合う?

三浦直之×後藤まりこ対談 古典に対する違和感と、どうつき合う?

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:相良博昭

小劇場シーンの「恐るべき子どもたち」として、数年前から注目を集めてきた劇団「ロロ」の三浦直之。彼の生み出すボーイミーツガールをテーマとしたカラフルで躍動感あふれる作品群は、演劇にとどまらず、映画『ダンスナンバー 時をかける少女』(2013年)やテレビドラマなどにも姿を変え、そのキラキラとした輝きを放ってきた。

そんな三浦が、『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』で、誰もが知っている古典戯曲の名作『ロミオとジュリエット』を演出する。ロミオを演じるのはロロの亀島一徳、そしてジュリエットを演じるのは、破天荒なライブパフォーマンスで話題を集めてきた元ミドリの後藤まりこ。ここに、□□□の三浦康嗣が音楽監督として加わり、400年以上にわたって世界中で上演されてきた名作を『ロミオとジュリエットのこどもたち』として2014年にアップデートするのだ。

演劇シーンの若き才能と、音楽シーンの異端児が手を取り合ったこの作品に迫るために、都内某所の稽古場を訪れると、稽古着で真剣な眼差しの後藤を発見。しかし、肝心の三浦の姿だけがどこにも見当たらない。あれ……、三浦さんはどこにいるんですか?

2014年を生きる僕の距離感で『ロミオとジュリエット』を解釈し、僕の作品にしてしまうことに抵抗があったんです。(三浦)

―まさか三浦さんが稽古場でシェイクスピアの衣装を身につけ、髪型まで同じようにする(しかも頭髪を剃り落としてまで!)なんて思いませんでした(笑)。いったい、どうしてこんな姿で演出をしているのでしょうか?

三浦:今回、『ロミオとジュリエット』という古典を演出するにあたって、2014年を生きる僕の距離感でこの戯曲を解釈し、僕の作品にしてしまうことに抵抗があったんです。それで、その距離感にどう折り合いをつけるのか考えているうちに、僕がシェイクスピアになって、あたかもシェイクスピアが生き返ったようになれないかと思い付いたんですよ。

三浦直之(ロロ)
三浦直之(ロロ)

―で、その効果は?

三浦:今のところ、特にないかもですね……。

―(笑)。

後藤:(三浦の姿について)リアクションが難しいですよね。最近は見慣れてこれが普通になってきているので、ちょっと異常な状況だなと思っています(笑)。

三浦:まあ実際のところ意味はないかもしれないし、半分冗談みたいなものかもしれないですけど。ただこのお陰で稽古場は、何にでも意味を求めてしまうような窮屈な空気感にはなっていないかと思います(笑)。

―そもそも今回、どのような経緯で三浦さんが『ロミオとジュリエット』を手がけることになったのでしょうか?

三浦:僕はもともとあまり過去の名作戯曲を読むほうではなくて、シェイクスピアも全然読んだことはなかったんですが、あうるすぽっとから「シェイクスピアで何かやらない?」という話を頂いて、ぜひやらせて下さいと。それでせっかくシェイクスピアを上演するなら、僕でもタイトルを知っている、一番有名な『ロミオとジュリエット』にしようと思ったんです。

『ロミオとジュリエットのこどもたち』チラシ
『ロミオとジュリエットのこどもたち』チラシ

―戯曲を読んでみていかがでした?

三浦:面白い部分とそうでもない部分の両方がありましたね。シェイクスピア戯曲が持つセリフの美しさは、読んでいても純粋にワクワクすることができます。けれども同時に、「長ったらしいな」と思う部分も多々ありました。あと、喜んでいると思ったら、突然どん底まで悲しんだり、感情の展開が急過ぎで、その不自然さに引っかかりを感じたりもしましたね。

重要なのは、二人が本当の運命の人かどうかではなく、二人が出会って、お互いがお互いを運命の人だと信じられた、その感情の動きなんですよね。(三浦)

―後藤さんも引っかかる部分は多かったのでしょうか? Twitterでは「ロミオって、なかなかかなりのダメ男子やなあ」と感想を漏らしていましたね。

後藤:僕『ロミオとジュリエット』を読んだことなくて、詳しい内容を知らなかったんですけど、読んでみたら二人とも死ぬんですよ。しかも、薬を飲んで仮死状態になったジュリエットを見て、勘違いしたロミオが絶望して死んじゃう……。すごい死に方をしてますよね。

後藤まりこ
後藤まりこ

三浦:それに、ジュリエットと出会う前、ロミオはロザラインという全然別の女の子に恋をしていたんです。それが、突然ジュリエットに心変わりしちゃったり。

―ツッコミを入れるとキリがない。

後藤:でも、ジュリエットもたいがいな女ですよ。一人で仮死状態になる薬を飲んで、起きたら「え!? ロミオ死んでんの?」みたいな。彼女、まだ14歳なんですけど、これ、中二病っていうんですかね?

―ロミオもジュリエットも散々な言われようですが……。逆に、この二人に共感できる部分はありましたか?

後藤:羨ましいなと思うところはあります。誰のことも構わず、自分勝手に生きているところとか。けど、1つだけ素直に「おー!」って思うところがあって。ロミオとジュリエットが一晩を過ごして朝を迎えるんですが、「もう行ってしまうん?」って、ジュリエットがロミオを引き止めるんです。ロミオは「もっといたいわ、しゃべろうよ。見つかって殺されてもいい」みたいなことを言います。そうすると、急にジュリエットは「朝ですから、はよ帰ってください!」みたいに感情が切り替わっちゃうんです。ジュリエットは、ほんまにロミオのことが好きやから、そこで彼を追い払うんやろうなと納得できました。ジュリエットの「女」の部分を感じたんです。

『ロミオとジュリエットのこどもたち』稽古風景
『ロミオとジュリエットのこどもたち』稽古風景

―関西弁で説明されると、印象が大きく変わってしまいますが……。では、三浦さんが共感する部分は?

三浦:ロミオの恋心がロザラインからジュリエットに一瞬のうちに切り替わるところは、「ロミオ、しょうもない男だな~」と思うんですが、ただ、しょうもないだけではないんです。というのも一歩違えば、ロザラインだってジュリエットになれたかもしれないし、ジュリエットだって、別の誰かにロミオを奪われてしまうかもしれない。この物語では、ロミオとジュリエットは互いに運命の人だと感じていますが、タイミングが違えば、別の人だったかもしれないですよね。

―本当に運命の人だったかどうかはわからないわけですね。

三浦:そうなんです。だから重要なのは、二人が本当の運命の人かどうかではなく、二人が出会って、お互いがお互いを運命の人だと信じられた、その感情の動きなんですよね。その部分にはすごく共感できました。

後藤:基本はさっき三浦さんが言ったみたいに、違和感があっていいと思います。あまりリスペクトし過ぎると、ただのオマージュになってしまうし、だからこそこの「距離感」というのが、2014年にやる『ロミオとジュリエット』にはすごい大事だと思うんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』
あうるすぽっとプロデュース
『ロミオとジュリエットのこどもたち』

2014年10月2日(木)~10月5日(日)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚本・演出:三浦直之(ロロ)
訳:松岡和子
音楽:三浦康嗣(□□□)
出演:
後藤まりこ
永井秀樹
長田奈麻
日高啓介
伊東沙保
田中佑弥
北村恵
重岡漠
島田桃子
板橋駿谷
亀島一徳
篠崎大悟
望月綾乃
料金:全席指定 一般3,500円 豊島区民割引3,000円 学生2,500円 障がい者割引2,000円
ロミジュリ割引6,000円(ペア券)

プロフィール

ロロ(ろろ)

三浦直之(主宰・脚本、演出)、板橋駿谷、亀島一徳、篠崎大悟、望月綾乃、森本華(以上俳優)、玉利樹貴(えかき)、坂本もも(制作)の8名。漫画・アニメ・小説・音楽・映画などジャンルを越えたカルチャーをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」の瞬間を物語化する。『芸劇eyes番外編「20年安泰。」』『F/T11公募プログラム』『KYOTO EXPERIMENT 10、11、12』『吾妻橋ダンスクロッシングファイナル』など、話題の企画に次々と登場し、現在までに短長編含めて30本の作品を発表。小説のリーディングや音楽ライブと融合した短編演劇、映画製作なども行ない、ジャンル横断で演劇の枠を拡張しながら活動している。三浦直之初監督映画『ダンスナンバー 時をかける少女』(製作:ロロ)が『MOOSIC LAB 2013』準グランプリ他3冠を受賞。代表作は『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』『LOVE02』『朝日を抱きしめてトゥナイト』など。

後藤まりこ(ごとう まりこ)

ロックバンド・ミドリでボーカルとギターを担当。2010年12月30日のライブを最後にバンドは突然解散。しばらくの沈黙の後、2011年12月27日に開催した自主企画イベントでソロとして再始動を果たし、7月にはソロ1stアルバム『299792458』をリリースする。同年8月からはロックミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』に森山未來とともに出演し、その後『ペタルダンス』で映画初出演。2013年12月には自身が主演するドラマ『たべるダケ』のエンディングテーマに採用された“sound of me”を収録した2ndアルバム『m@u』を発表。今後も、唯一無二の存在として、多ジャンルにわたり精力的に活動予定。2014年11月12日にはアルバム『こわれた箱にりなっくす』をリリースする。

 

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)