特集 PR

ROVO×ナカコー対談 共に歩んだdohb discsからの15年

ROVO×ナカコー対談 共に歩んだdohb discsからの15年

『soundohb 2015』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織

1994年、Epic/Sony Records(現エピックレコードジャパン)の内部レーベルとして、「何でもいいからメジャーと違うことをやってみろ」という指令のもと設立されたdohb discs。スタジオが併設された事務所を下北沢に構え、当初スタッフは全員20代。アーティストと同じ目線に立ち、「自分たちのやりたいことを、自分たちの手で」というスタンスで活動を続けたこのレーベルは、ROVOやスーパーカーを輩出するなど、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの境界を超え、既成概念には捉われない自由な発想を次々と具現化させていった。

2000年に渋谷のON AIR EAST(現TSUTAYA O-EAST)で開催され、ROVOとスーパーカーが共演を果たしたイベント『soundohb 2000』をもって、レーベルとしての活動を終了したが、それから15年のときを経て、『soundohb 2015』の開催が決定。なんと、ROVOとナカコーが合体プロジェクトとして出演し、当時のROVOとスーパーカーの曲を演奏するという。ROVOにとっては、20年の歴史の中で初めてバンドに歌が入るということで、これはちょっとした事件でもある。それでは、ROVOから勝井祐二、そしてナカコーを迎え、元dohb discsスタッフの小川雅比古(現ワンダーグラウンド・ミュージック代表、ROVOマネージャー)の証言も交えながら、「dohb discsとは何だったのか?」を検証し、『soundohb 2015』が今年開催される意義について紐解いてみよう。

2000年にdohbはなくなりましたけど、今も地続きというか、その延長線上なんです。(勝井)

―まずはお二人とdohb discsの関係性を話していただけますか?

勝井:僕は当時メンバーだったDEMI SEMI QUAVERがEPICソニーからデビューすることになって、dohb所属になったんです。dohbは事務所が下北沢にあって、そこに行って実際にスタッフに会ってみると、メジャーの会社っていう構えた感じがまったくなくて、すぐ気に入りましたね。ROVOに関しても、プレゼンしたというよりは、「新しいバンド始めたから見に来ない?」って誘ったら、dohbのスタッフがほぼ毎回全員来てくれるようになって、ホントに一緒に遊んでる感じでした。

―ナカコーさんは当初は青森と東京を往復しながらの活動だったわけですよね?

ナカコー:そうですね。音楽業界のことなんて何も知らずに東京に来て、初めて見たのがdohbの現場だったから、「業界ってこういう世界なんだ」っていう……完全に間違ったインプットが入っちゃいました(笑)。その後に他のレーベルに行っても、dohbのような体験をすることはないんで、かなり変な体験を最初にしたんだなって思います。

左から:勝井祐二、ナカコー
左から:勝井祐二、ナカコー

―今思うと、どこが一番特殊でしたか?

ナカコー:もちろん仕事もしてるんだけど、あんなにミュージシャンとスタッフが遊びながらものを作ったり、アイデアを考えたりっていうのは他にないですね。

勝井:下北の事務所にはロビースペースがあって、そこがみんなの居場所になってたのも大きかったんです。僕は自分の家も近かったから、用もないのにdohbに寄って、外にご飯食べに行って、また戻ってきたり(笑)。ミキちゃんがブログに書いてたけど、ホントに基地みたいな感じでした(イベントのオフィシャルブログでは関係者がdohb discsについて綴っているので本稿のサブテキストにしてもらいたい)。

ナカコー:スーパーカーも最初の頃はホテルを借りてたんですけど、僕だけ東京に残るようなときは、冨樫さん(元dohb discs / 現DUM-DUM LLP)の家に泊まって、やることないからdohbに行って、音楽聴いて、買い物して、またdohbに行って、冨樫さんの家で寝るみたいな、そういう生活(笑)。毎日行くと何か面白いことが起きてたんです。ウォーターサーバーが外れて水浸しになってたり、「何が起きてるんだここは!?」っていう(笑)。

ナカコー

勝井:結局2000年にdohbはなくなりましたけど、今も地続きというか、その延長線上なんです。そのいい例が「dohb花見」で、dohbがなくなっても何の疑問もなく毎年やってるっていう(笑)。スーパーカーはki/oon(ソニーミュージック内のレーベル)に移籍したけど、ROVOはdohbがなくなってホントに拠り所がなかった。でも、ライブになるとdohbのスタッフが必ず手伝ってくれて、今もそれが続いてる感じなんですよ。よく覚えてるのは、僕ら2000年に初めて『フジロック』に出たんですけど、『フジロック』にdohbスタッフ全員連れていこうと思って、スタッフリストに25人ぐらい書いて申請したら、すごく怒られました(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『soundohb 2015』

2015年11月22日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
出演:
ROVO
Koji Nakamura
フルカワミキ÷ユザーン
POLYSICS
D.A.N.
dohb discs 2015 SPECIAL PROJECT“ROVO×ナカコー”
料金:前売4,500円 当日5,000円(共にドリンク別)

2015年12月28日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:
Nyantora
ROVO
dohb discs 2015 SPECIAL PROJECT“ROVO×ナカコー”
料金:前売3,800円 当日4,300円(共にドリンク別)

プロフィール

ROVO(ろぼ)

「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に結成。バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。音と光、時間と空間が溶け合った異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

Koji Nakamura(こうじ なかむら)

通称ナカコー。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。ソロプロジェクト「iLL」や「Nyantora」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。現在はフルカワミキ(ex.スーパーカー)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers, toddle)、そして牛尾憲輔(agraph)と共にバンド「LAMA」として活動の他、現代美術作家の三嶋章義(ex. ENLIGHTENMENT)を中心にしたプロジェクト、MECABIOtH(メカビオス)でも活動した。また、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)