特集 PR

flumpoolが明かす、華々しいデビューの裏で抱えていた「挫折感」

flumpoolが明かす、華々しいデビューの裏で抱えていた「挫折感」

ソニー「MDR-1000X」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2016/10/04
  • 302

2008年に“花になれ“でメジャーデビューを果たしたflumpool。次々にヒット曲を生み出し、2009年から3年連続『NHK紅白歌合戦』に出演するなど、デビュー直後から順風満帆のように見えた彼らだが、実は様々な試練や葛藤を乗り越えてきたという。一時はバンド存続の危機を迎えながら、それでも作品を作り続け、歌い続けてきた。

今回CINRA.NETでは、ボーカルの山村に、flumpoolの今日までの道のりを振り返ってもらった。そして、ソニーの最新ワイヤレスヘッドホン「MDR-1000X」で、彼をここまで支えてきた楽曲と、バンドにとってのターニングポイントとなった楽曲を聴いてもらい、山村をここまで突き動かしてきた原動力とは一体どこにあるのかを探った。

(上京後は)「ホンマにやっていけんのかな?」という不安も大きかったです。

―flumpoolの前身は、山村さん、阪井さん(一生 / ギター)、尼川さん(元気 / ベース)の三人で始めたアコースティックギターユニットだったんですよね?

山村:最初は普通にバンド編成だったんですよ。アコギでやろうと思ったのは、コブクロさんの影響です。楽器と歌とコーラスのアンサンブルで人を感動させることができるって、すごいなと思ったんです。地元の松原市(大阪)に広場みたいなところがあって、夜中になるとそこへ行って練習していましたね。3人編成だったのは、コブクロさんよりも人数が多ければ、少しはすごさに近づけるかなと思ったから。安易ですよね(笑)。

―当時、音楽活動をやっていた一番のモチベーションは?

山村:最初は「モテそうだな」と思ったから(笑)。人前に立つのは苦手なんだけど、「でも目立ちたい!」という矛盾を抱えていましたね。漫才師になろうと思ったこともあって(笑)、とあるスキー合宿のときに漫才を披露しようと(阪井)一生と練習してみたのですが、「これはないな」と思ってすぐやめました(笑)。

―2007年に小倉さん(誠司 / ドラム)が加入して、バンドで上京してきたときは、すでにデビューが決まっていたのですか?

山村:決まってはいたんですけど……「ホンマにやっていけんのかな?」という不安が大きかったです。就職するべきか、音楽を続けるべきかで散々悩んで、「音楽に賭けてみよう」と一大決心して東京に出てきたぶん、毎日が不安でした。

山村隆太
山村隆太

―当時よく聴いていた音楽はありますか?

山村:THE BEATLESの“Can't Buy Me Love”ですね。「俺、こんな不安な気持ちを抱えながら、なんで東京におるんやろ」って、自分の居場所のなさを感じていたときにこの曲を聴いて、「こんなにワクワクするような気持ちにさせてくれる音楽って、やっぱり素晴らしいものだな」と改めて思えたんです。

自分の居場所がないような気がするときって、誰にでもあるじゃないですか。でも音楽は、自分にとって心地のいい居場所を与えてくれる。僕は当時この曲を聴いて、もう一度頑張る力をもらったんです。

『紅白』に出られるすごさとかを、理解できてなかった。荒波に飲まれたまま、ずっと緊張状態だったんです。

―2008年10月に“花になれ”でデビューを果たしたときは、どういう心情でしたか? それまでは自分たちでオリジナル曲を作っていたけれど、デビュー曲は百田留衣さんの作詞作曲によるものでしたね。

山村:いやあ、悔しかったですよ。でも、今になってみて思うのは……当時はバンドとして全然うまくいってなかったんです。これ、今まであまり言ってこなかったことなんですけど……「自分たちの歌では勝負できない」というところまで追い込まれた状況だった。

「自分たちのオリジナル曲で勝負したい」という気持ちがあった一方で、「今のこのバンドではもうやっていけない」という葛藤もあったんです。“花になれ”を聴いたときは、「こんな曲、自分たちには書けないな」と正直思ったし、今思うとデビューの時点でそのことをまず自分たちで受け入れることができてよかったのだと思います。

山村隆太

―というのは?

山村:もしあの頃に挫折感を味わうことなくトントン拍子で進んでいたら、そのあとの壁も乗り越えられなかったと思うんです。「自分たちの代表曲が“花になれ”だけじゃダメだ、あの曲を超えるオリジナル曲を作らなきゃ」という気持ちにもなれなかったと思う。もちろん、ものすごいプレッシャーもあったけど、そのあと自分たちがインディーズ時代から演奏している大事な曲“星に願いを”をリリースできて、しかもヒットさせられたのは嬉しかったですね。

―2009年には、“星に願いを”で『NHK紅白歌合戦』にも出場していますもんね。

山村:でもあの頃は、自分たちの状況とか、『紅白』に出られるすごさとかを、理解できてなかった気がします。バンドの実力で立てている実感はなかったし、『紅白』だろうが普通のライブだろうが、あのときはとにかく目の前にあることを「失敗したら次はない」という覚悟で挑んでいた。荒波に飲まれたまま、ずっと緊張状態だったんです。

―端から見ていると、デビュー曲でいきなりヒットするなど順風満帆に見えていたわけですが、実はデビューしてから様々な葛藤があったわけですね。

山村:そうですね。今考えると、いろんなことがありましたね(笑)。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

MDR-1000X flumpool 山村隆太 体験インタビュー
The Headphones Park

flumpoolが選ぶ、ハイレゾでこそ聴いてほしい楽曲と、デビューから8年の紆余曲折を経て完成させた最新アルバム『EGG』の音作りに関して、インタビュー記事掲載中

製品情報

『MDR-1000X』
『MDR-1000X』

2016年10月29日(土)発売予定
価格:オープン価格

リリース情報

flumpool『FREE YOUR MIND』初回限定盤
flumpool
『FREE YOUR MIND』初回限定盤(CD+DVD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,160円(税込)
AZCS-55

[CD]
1. FREE YOUR MIND
2. ムーンライト・トリップ
3. labo(live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)
4. Blue Apple & Red Banana(live at SWEET LOVE SHOWER 2016)
[DVD]
『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』at 東京国際フォーラム Special Selection
LIVE OPENING
1. 解放区
2. Sprechchor
3. DILEMMA
4. 絶体絶命!!!
5. 産声
6. 夜は眠れるかい?
7. Blue Apple & Red Banana
8. Hydrangea
9. World beats
10. 花になれ

flumpool『FREE YOUR MIND』通常盤
flumpool
『FREE YOUR MIND』通常盤(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:1,296円(税込)
AZCS-2057

1. FREE YOUR MIND
2. ムーンライト・トリップ
3. labo(live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)
4. Blue Apple & Red Banana(live at SWEET LOVE SHOWER 2016)

イベント情報

flumpool
『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~』

2016年12月31日(土)
会場:大阪府 大阪城ホール

プロフィール

flumpool
flumpool(ふらんぷーる)

山村隆太(Vo)、阪井一生(Gt)、尼川元気(Ba)、小倉誠司(Dr)の4人組バンド。2008年、DOWNLOADシングル『花になれ』でデビュー。10日間で100万DLを突破するなど大きな話題となり、デビュータイミングにその名を全国に響き渡らせた。2014年には10万人動員の全国ツアー、2015年には大阪で初の単独野外ライブ、年末には横浜アリーナで単独カウントダウンライブを行う。2016年3月にアルバム『EGG』をリリース。4月からは14都市22公演の全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』を開催、7月には台湾とシンガポールでの公演も。2016年11月2日に、ニューシングル『FREE YOUR MIND』をリリースし、12月31日には故郷・大阪では初となる単独カウントダウンライブを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)