特集 PR

flumpoolが明かす、華々しいデビューの裏で抱えていた「挫折感」

flumpoolが明かす、華々しいデビューの裏で抱えていた「挫折感」

ソニー「MDR-1000X」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

いい音であればあるほど、記憶が鮮明に浮かび上がってくる気がします。

―さて、こうしてバンドストーリーを振り返ってもらったあと、山村さんをここまで引っ張ってきた音楽を、実際にこの場で聴いてみてもらいたいと思います。こちらに、10月29日に発売予定のソニーの最新ワイヤレスヘッドホン「MDR-1000X」をご用意しました。まずは、THE BEATLESの“Can't Buy Me Love”から再生しましょう。

山村:……こうやって改めて聴くと、上京後のことを思い出しますね。音楽って「記憶装置」と言われるくらい、思い出とすごく密接に結びついているじゃないですか。いい音であればあるほど、それが鮮明に浮かび上がってくる気がします。

ソニー「MDR-1000X」で試聴
ソニー「MDR-1000X」で試聴(商品詳細を見る

―「MDR-1000X」は、Bluetooth経由でハイレゾ音源の伝送にも対応しているため、ワイヤレスでも高音質が聴けるヘッドホンなんです。

山村:このヘッドホンで聴くと、リンゴ・スターが踏むキックの音や、ポール・マッカートニーが弾くバイオリンベースの低域の部分がしっかり出てくるし、奥行きや広がりも感じられますね。

―山村さんは、普段からワイヤレスヘッドホンを使われているそうですね。

山村:僕は「h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)」を使っているので、普段からワイヤレスなのですが、一度使うともう手放せなくなりますよ。いまだにワイヤレスじゃないヘッドホンやイヤホンを使っている人を見かけると、「不便じゃないんですか?」って聞きたくなるくらい(笑)。一度スマホを持つとガラケーに戻れなくなるような感覚です。つけてるのを忘れてしまいそうになるくらい、体の一部みたいになるし、煩わしさが一切ないんですよ。

山村隆太

ソニー「MDR-1000X」
ソニー「MDR-1000X」(商品詳細を見る

―flumpoolにとって、一番のターニングポイントになった楽曲を選ぶとすると?

山村:やっぱり、“明日への賛歌”ですかね。……うん、これもすごくいい音ですね! まったく聴き劣りしないんですけど、これって、ハイレゾ音源ですか?

ソニー「MDR-1000X」で試聴
ソニー「MDR-1000X」で試聴(商品詳細を見る

―いや、MP3ですね。“明日への賛歌”も、先ほどの“Can't Buy Me Love”もMP3なのですが、「MDR-1000X」には、CD音源や圧縮音源の高音域を補完するとともに、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、ハイレゾ相当の音質(最大96kHz / 24bit)にアップスケーリングする機能が搭載されているんです。

山村:今ってどうしてもヘッドホンやイヤホンで聴く人が多くて、作り手としてもそのことを意識しているし、音の劣化を踏まえた上での曲作りや音作りにしているんです。圧縮されて邪魔になる音域を、初めから削ってしまうことも多くて。でもこんなにいい音で聴いてもらえるなら、今後はもっと攻められる気がするし、細部の音作りに対する意識が変わってきますね。

―やっぱり、いい音で聴いてほしいという気持ちはありますか?

山村:それはもちろんありますね。音楽はいい音で聴かなきゃ楽しくない!(笑) でも、いい音に触れたことのない人もいるじゃないですか。パソコンやスマホのスピーカーで聴くのが当たり前のようになっているから、なにがいい音なのかを知らない人もいるのかも。

こういう製品が出てくることによってリスニング環境も変わったら、音楽を聴くのがもっと楽しくなるでしょうね。普段あまり音質にこだわっていない人こそ、いいリスニング環境を体感してもらって、音楽の楽しさを知ってほしいなとも思います。

ソニーのサイト「The Headphones Park」では、山村がハイレゾでこそ聴いてほしい楽曲を選曲し、コメントを掲載している
ソニーのサイト「The Headphones Park」では、山村がハイレゾでこそ聴いてほしい楽曲を選曲し、コメントを掲載している(記事を読む

―先ほど「自分たちの心、そのままのようなアルバムだ」とおっしゃったアルバム『EGG』は、ハイレゾでも配信されていますよね。

山村:ハイレゾは、まるでライブに行ったかのような臨場感が味わえると思うんですよ。音楽が鳴らされている、その空間に一緒にいるような。(試聴中)……いいですね。各楽器の音が立っていて、迫力があるし、歪みのサウンドの粒立ちもいい。あと、ローがぼやけずにくっきり聴こえるのも気持ちいいですね。しかも、なんか……これで聴くと、頭のど真んなかで自分が歌っているように聴こえてきますよね?

―「パーソナルNCオプティマイザー」という機能によって、その人の装着状態に最適なノイズキャンセリング性能を発揮できるようになりました。それによって、より没入感が向上し、頭の真ん中で歌が鳴っている感覚を味わえるというのもあると思います。

山村:実際に、渋谷の高架下やカフェのような騒がしい場所で試してみたのですが、ほとんどノイズを遮断してくれて音楽に没入できました。ヘッドホンで音楽を聴くときって、みんなでワイワイしたいときではなく、やっぱりひとりで音楽に向き合ったり、自分自身と向き合ったりしたいときじゃないですか。ヘッドホンは、そういうひとりの時間を作ってくれる大切なツールでもありますよね。これでみんなに聴いてほしいなあ。

ソニー「MDR-1000X」 / 右側のハウジングに搭載されたタッチセンサーにより再生・停止、曲送り・戻しや音量調整などの操作が可能
ソニー「MDR-1000X」 / 右側のハウジングに搭載されたタッチセンサーにより再生・停止、曲送り・戻しや音量調整などの操作が可能(商品詳細を見る

ソニーのサイト「The Headphones Park」にて、山村のインタビュー記事掲載中
ソニーのサイト「The Headphones Park」にて、山村のインタビュー記事掲載中(記事を読む

Page 3
前へ

ウェブサイト情報

MDR-1000X flumpool 山村隆太 体験インタビュー
The Headphones Park

flumpoolが選ぶ、ハイレゾでこそ聴いてほしい楽曲と、デビューから8年の紆余曲折を経て完成させた最新アルバム『EGG』の音作りに関して、インタビュー記事掲載中

製品情報

『MDR-1000X』
『MDR-1000X』

2016年10月29日(土)発売予定
価格:オープン価格

リリース情報

flumpool『FREE YOUR MIND』初回限定盤
flumpool
『FREE YOUR MIND』初回限定盤(CD+DVD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,160円(税込)
AZCS-55

[CD]
1. FREE YOUR MIND
2. ムーンライト・トリップ
3. labo(live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)
4. Blue Apple & Red Banana(live at SWEET LOVE SHOWER 2016)
[DVD]
『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』at 東京国際フォーラム Special Selection
LIVE OPENING
1. 解放区
2. Sprechchor
3. DILEMMA
4. 絶体絶命!!!
5. 産声
6. 夜は眠れるかい?
7. Blue Apple & Red Banana
8. Hydrangea
9. World beats
10. 花になれ

flumpool『FREE YOUR MIND』通常盤
flumpool
『FREE YOUR MIND』通常盤(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:1,296円(税込)
AZCS-2057

1. FREE YOUR MIND
2. ムーンライト・トリップ
3. labo(live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)
4. Blue Apple & Red Banana(live at SWEET LOVE SHOWER 2016)

イベント情報

flumpool
『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~』

2016年12月31日(土)
会場:大阪府 大阪城ホール

プロフィール

flumpool
flumpool(ふらんぷーる)

山村隆太(Vo)、阪井一生(Gt)、尼川元気(Ba)、小倉誠司(Dr)の4人組バンド。2008年、DOWNLOADシングル『花になれ』でデビュー。10日間で100万DLを突破するなど大きな話題となり、デビュータイミングにその名を全国に響き渡らせた。2014年には10万人動員の全国ツアー、2015年には大阪で初の単独野外ライブ、年末には横浜アリーナで単独カウントダウンライブを行う。2016年3月にアルバム『EGG』をリリース。4月からは14都市22公演の全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』を開催、7月には台湾とシンガポールでの公演も。2016年11月2日に、ニューシングル『FREE YOUR MIND』をリリースし、12月31日には故郷・大阪では初となる単独カウントダウンライブを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている