特集 PR

子どもの言葉に悔しがる前野健太、岩井秀人&森山未來と劇に挑む

子どもの言葉に悔しがる前野健太、岩井秀人&森山未來と劇に挑む

『コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」』
徳永京子
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽、宮原朋之

「子どもが自由に書いたお話を、大人がよってたかってちゃんとした舞台にするのって、おもしろそうだよね?」——。7年前、東京芸術劇場の芸術監督に就任したばかりの野田秀樹が言った。この言葉を、劇団ハイバイの主宰・岩井秀人は忘れなかった。「野田さんがやらないなら、僕がやってもいいですか?」と手を挙げ、ダンサーの森山未來を誘って準備をスタートさせた。作品制作に向けたワークショップを開催して、子どもたちが書いたテキストを収集したところで、ミュージシャンの前野健太が加わった。

「言葉」「身体」「歌」の領域で表現する三人のアーティストたちが、ワイルドな創造性を持つ子どもの言葉と四つに組む、題して『コドモ発射プロジェクト』。いよいよ動き出したものの、まるで予測不可能なこの舞台。一体何のためにやるのか? これからどうなるのか? 稽古中の三人に聞いた。

(子どもたちの言葉を見て)正直、悔しいなと思いました。自分が歌詞を書こうと喫茶店に入って、いくらこねくり回しても出てこないものが、いきなりボンッと目の前に出てきた。(前野)

―子どもたちが書いた物語を読ませていただいたのですが、どんな演劇になるかまったく予想がつかないですね(笑)。

森山:古文書みたいで、すごいですよね(笑)。

岩井:障子に書かれていた呪いの言葉みたいですよ(笑)。

―まねきねこのおじいさんとおばあさんが、竹を割って金と銀のにぼしを掘り当てる『まねきねこ』、1本の髪の毛の大冒険を描いた『長い毛』……タイトルも内容もインパクト大でした。

森山:『長い毛』には『長い毛2』という続編もあるんですよ。

岩井:我々が評価しているのは『長い毛2』のほうです(笑)。

ワークショップに参加した小学生が書いた物語『長い毛』の冒頭より。主人公の「毛」が男の頭から抜け出して世界を冒険する。(提供:東京芸術劇場)
ワークショップに参加した小学生が書いた物語『長い毛』の冒頭より。主人公の「毛」が男の頭から抜け出して世界を冒険する。(提供:東京芸術劇場)

三人がより評価しているという『長い毛2』は、毛は部屋を飛び出し、海を旅する物語が描かれる
三人がより評価しているという『長い毛2』は、毛は部屋を飛び出し、海を旅する物語が描かれる

岩井:子どもたちに書いてもらった話は他にもたくさんあって、どれを上演するかはまだ決めていないんです。再構成するかもしれないし、一言一句変えないでやるかもしれない。そのあたりは稽古しながら決めていこうと。

左から:岩井秀人、森山未來、前野健太 ©平岩享(提供:東京芸術劇場)
左から:岩井秀人、森山未來、前野健太 ©平岩享(提供:東京芸術劇場)

―子どもたちの言葉は、お三方から見ていかがですか?

岩井:前野さんに初めて見に来てもらったワークショップは、子どもたちが黙々と物語を書くだけの一番渋い内容だったんですよ。だけど、終わった後に「岩井さん! 『長い毛』ってなんですか。すごくないですか?」「『金にぼし』って思いついたことあります?」ってすごく興奮していましたよね。

ワークショップの様子(提供:東京芸術劇場)
ワークショップの様子(提供:東京芸術劇場)

前野:だって、「毛は木を舟にした」って書いてあるんですよ? こんなフレーズ、ビートニクの世界でも、頑張ってクスリを打って、ようやく出てくるレベルじゃないですか(笑)。そういうものがポンポンと飛び出していて、そりゃ興奮しますよ。

前野健太
前野健太

岩井:僕は戯曲を書くので、意味をもったある程度のかたまりとして文章を捉えるんですが、前野さんは歌詞を書くので、短いフレーズで言葉を見ているんですよね。

―二人とも言葉を使った仕事をしているけど、捉え方がまったく違う。

岩井:だから、前野さんの存在は、予想もしていなかったところからピカピカの助け舟がやって来た、みたいな感じでした。僕は子どもたちのテキストの中に無意識のうちにまとまりのあるものを求めてしまっていたんですけど、前野さんが「この言葉、キラキラしてます」って言ってくれて、その無意識がパカーンと砕けたというか。それだけで歌になるし演劇にもなるんだと気付かされたんです。

前野:もう、ポエジーがトップスピンでガーッと来ましたからね。でも正直、悔しいなとも思いました。自分が歌詞を書こうと喫茶店に入って、いくらこねくり回しても出てこないものが、いきなりボンッと目の前に出てきた。子どもたちの書いたものは、言葉が生きているから、すごくメロディーがつけやすいし、歌ったらもう、即完結ですよ。

森山:『長い毛』とか、ちょっとマエケンっぽいもんね。

前野:そうなんですよ。だって「困った毛はまわりを見わたした」ですよ!

岩井:それってマエケンっぽいの?(笑)

前野:ぽいんです(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」』

2017年2月18日(土)~3月12日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
原案:こどもたち
つくる人:岩井秀人 森山未來 前野健太
そもそもこんな企画どうだろうと思った人:野田秀樹
料金:
前半割(2月18日~2月26日) 4,000円(当日4,500円)
一般(2月28日~3月12日)4,500円(当日5,000円)
子ども(高校生以下) 1,000円(当日同額)
25歳以下3,500円(前売のみ)
65歳以上3,800円(前売のみ)

ローソンチケットプレイガイド最速先行

受付期間:2016年12月4日(日)12:00~12月16日(日)23:59

プロフィール

岩井秀人(いわい ひでと)

1974年東京生まれ。2003年ハイバイを結成。2007年より青年団演出部に所属。東京であり東京でない小金井の持つ「大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線」を武器に、家族、引きこもり、集団と個人、個人の自意識の渦、等々についての描写を続けている注目の劇団ハイバイの主宰。作品は韓国、イギリスなどで翻訳上演やリーディング上演され、国内外から注目されている。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞、2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年「ヒッキー・カンクーントルネード」で処女小説を発表。代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」「て」「ある女」「おとこたち」。

森山未來(もりやま みらい)

1984年兵庫県生まれ。数々の舞台・映画・ドラマに出演する一方、近年ではダンス作品にも積極的に参加。文化庁文化交流使として13年秋より1年間イスラエルに滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点に活動。近作として、カールスルーエ・アート&メディアセンター(ZKM)にてソロパフィーマンス「Upload a New Mind to the Body」、8月に直島・ベネッセハウスミュージアムにて岡田利規×森山未來 「In a Silent Way」、名和晃平×ダミアン・ジャレ「vessel」、李相日監督映画「怒り」、串田和美演出「Metropolis」など。第10回日本ダンスフォーラム賞2015受賞。

前野健太(まえの けんた)

1979年生まれ、埼玉県出身。シンガーソングライター。2007年に自主レーベルよりアルバム『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。2009年、ライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)で主演を務める。近年はフジロックフェスティバルをはじめ大型フェスへの出演や、演劇作品への楽曲提供、文芸誌でのエッセイ連載、小説執筆など、活動の幅を広げている。2015年にはCDブック『今の時代がいちばんいいよ』を発表。今年の12月には主演映画『変態だ』(みうらじゅん原作×安齋肇監督)が公開される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)