特集 PR

石塚元太良インタビュー アラスカの荒野から見える「視覚の魔術」

石塚元太良インタビュー アラスカの荒野から見える「視覚の魔術」

石塚元太良『パノラマ』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

石塚元太良は旅する写真家である。10代から海外を旅するようになり、アフリカとアジアを縦断した旅の軌跡は『World Wide Wonderful』という作品にまとまった。そしてもっとも有名なのは世界各地に敷設されたパイプラインを追って撮影した『PIPELINE』シリーズだろう。

だが、『World Wide Wonderful』の略記が「W.W.W.」、つまりインターネットの基幹システムである「www(World Wide Web)」のダブルミーニングであったように、石塚の興味は単に「旅」に限定されるものではない。写真を通して体感する「見ること」への尽きせぬ好奇心や、視覚を巡る現代に対する思考もまた、彼を旅へと掻き立てる大きなエネルギーになっている。

4月11日より東京・青山のSPIRALでスタートする個展を控えた石塚に話を聞いた。それは「旅」と「写真家」について再考させてくれる対話となった。

パイプラインがどこまでも続いている風景に出会って「アラスカとの恋が始まった」。

―石塚さんは複数の作品シリーズを展開しています。そのなかで、もっとも長く継続しているのが、世界各地の石油パイプラインを取材した『PIPELINE』で、今回の個展でも360°のパノラマで配置した新作を発表されると聞きました。

石塚:今回の展示も「まだパイプラインなのか!」って思われる方もいるかもしれないですよね。自分でも疑問はあるんですが(苦笑)、正直飽きないんですよ。アラスカから始まったシリーズですが、オーストラリアとか東欧とか、別の土地のパイプラインを撮影していると、世界を彷徨っていた20代頃の初心に戻れてしまう。自分にとって不思議なモチーフなんです。

石塚が撮影したパイプラインが続く風景 / 『PIPELINE ALASKA 2000』 ©Gentaro Ishizuka
石塚が撮影したパイプラインが続く風景 / 『PIPELINE ALASKA 2000』 ©Gentaro Ishizuka

―石塚さんとパイプラインの出会いは何がきっかけだったのでしょうか?

石塚:アラスカに行ったのは世界旅行の途中で、北極圏手前のフェアバンクスって街に観光用のパイプラインがあったんです。記念キャップが売っているような観光地なんですけど、周囲にはツンドラ樹林が広がっているワイルドな場所でもある。

そこにドスンとある無機質なメタルの円柱はやっぱり存在感があって、何枚か写真を撮りました。その瞬間は、特に自分のなかに突き刺さる感じがあったわけではないんですけど、帰国して写真を見返してみると「なんか面白い」ってざわざわしたんです。

―そのざわざわした感じというのが始まりなわけですね。

石塚:それでパイプラインについて調べたんですよ。そしたら全長が1280kmあるという。そこから、もしもフェアバンクスからずっと北上して辿って行くと、いったいどうなるんだろう……って思いに取り憑かれてしまったんです。

石塚元太良。青山のスパイラルにて撮影
石塚元太良。青山のスパイラルにて撮影

―それがシリーズのきっかけ。

石塚:そう。僕は何かを始めるときにはまずお膳立てしたくなる人間なので、2つのルールを決めたんです。1つは、デジカメではなく、とてつもなく大きくて微細に撮影できる大判カメラを使うということ。もう1つは、現地でフォード社のアウトドア車を買って、車で寝泊まりしながら旅をするということ。

―ルールにのっとって旅を始めたんですね。

石塚:はい。撮影旅行を始めたら、南北を隔てるブルックス山脈を越えたあたりからめちゃくちゃ雄大な自然が広がっていて、そこにパイプラインがどこまでも続いている風景に出会った。そこで、まあバカみたいな表現ですけど「アラスカとの恋が始まった」というか。抜き差しならない関係になっていったというか(笑)。

大判カメラの黒い布をかぶって構図を決めていると、まるで目の前の風景を彫刻しているような気分になる。

―北極圏はたしかに人知を超えた土地ですが、見た目自体は単調な風景とも言えないですか?

石塚:いやいや、四季の変化もダイナミックで、いくら撮っても飽き足りない。パイプラインと自分の関係について、どう説明すればいいかな……。スリランカの建築家で、「リゾート建築の父」と呼ばれるジェフリー・バワという人がいるんですよ。代表作に『ルヌガンガ』という別荘があるんですが、いたるところに壺が置いてある。

―壷ですか。

石塚:ええ。同地を撮影していて気づいたのは、単に趣味や好みだけで置いているのではなくて、どこまでも広漠と続くランドスケープのなかに壺を置くことで、焦点を定める効果が生み出されているということでした。雄大な風景は、ともすればどこまで行ってもゴールのない不安をもたらすけれど、バワは壺によって視覚的な安心感を導入している。

そこでさらにハッと気づいたんです。自分にとってバワの壺に相当するのはパイプラインかもしれないぞ、と。壺もパイプラインもシンプルなかたちですから、一見しただけだとそれが何か判別しづらいですよね。写真を前にして、近づいてみたり、遠ざかってみたりして見ることで、その正体がわかったり、あるいはさらにクエスチョンマークが増えたりする。

アラスカの荒野に続くパイプライン ©Gentaro Ishizuka
アラスカの荒野に続くパイプライン ©Gentaro Ishizuka

―鑑賞体験として面白い効果をもたらすんですね。

石塚:それと撮影時も面白い。大判カメラって、フィルムサイズがA4用紙くらいあって、ファインダーがわりのガラスも同じサイズなんですよ。それを黒い布をかぶって遮光しながら見て、被写体の構図を決めていくのですが、まるで目の前の風景をグネグネと彫刻しているような気分になるんですね。

アラスカの誰もいない荒野で一人そういうことをやっていると、なんとなく「俺、危険な遊びをやってるんじゃねえか?」って気になってくる(笑)。楽しいんですよ、それが。

Page 1
次へ

イベント情報

石塚元太良『パノラマ』

2017年4月11日(火)~4月16日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン、MINA-TO
時間:11:00~20:00
料金:無料

商品情報

{作品名など}
25TH 限定商品VOL.3 GENTARO ISHIZUKA SPECIAL DESIGN
JYURYU® TOP REVOLUTION® TYPE

価格:10,800円(税込)
発売日:2017年4月11日(火)より先行販売

{作品名など}
25TH 限定商品VOL.3 GENTARO ISHIZUKA SPECIAL DESIGN
GENERATOR® MODEL REVOLUTION® TYPE

価格:20,520円(税込)
発売日:2017年4月11日(火)より先行販売

プロフィール

石塚元太良(いしづか げんたろう)

1977年生まれ、写真家。10代の頃から世界を旅行し始め、1999年バックパッカー旅行をしながらアフリカを縦断し、アジアを縦断しながら撮影した『Worldwidewonderful』でエプソンカラーイメージングコンテスト大賞。2002年、世界を東回り西回りで2周しながらデジタル画像の位相を撮影した『Worldwidewarp』でヴィジュアルアーツフォトアワード、日本写真家協会新人賞を受賞。2006年、アラスカのパイプラインを追いかけるように撮影したシリーズ『Pipeline Alaska』の展覧会と同名写真集が話題となる。2011年度文化庁在外芸術家派遣。2012年春、アイスランドのSIMレジデンシーに招聘されて、地熱エネルギーを都市へ運ぶパイプラインの撮影制作をおこなう。来夏には、パイプラインプロジェクトの新しい写真集を刊行予定。また2013年9月にはアイスランドのレイキャビック写真美術館で展覧会が開催される。パイプライン、氷河、ゴールドラッシュなどの特定のモチーフで独自のランドスケープを世界中で撮影し続ける彼のスタイルは、コンセプチュアル・ドキュメンタリーとも評されて、ドキュメンタリーとアートの間を横断するように、時事的な話題に対して独自のイメージを提起している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)