特集 PR

久本雅美×喰始が語る、WAHAHA本舗34年の歴史と下ネタの美学

久本雅美×喰始が語る、WAHAHA本舗34年の歴史と下ネタの美学

ワハハ本舗『ラスト3』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

1980年代、野田秀樹の「夢の遊眠社」や鴻上尚史の「第三舞台」、渡辺えりの「劇団3○○」らが人気を獲得し、「小劇場ブーム」といわれた時代があった。そんな時代に、柴田理恵、久本雅美、そして演出家で放送作家の喰始らは、「WAHAHA本舗」を結成する。アメリカのショービジネスの影響を受けながら、芝居とも宴会芸ともつかないその過激なスタイルに火がつき、瞬く間に人気を獲得していったWAHAHA本舗。34年を経て、久本や柴田がテレビの人気者となっても、舞台への情熱を忘れずに果敢に公演に取り組んでいる。

いったい彼らはどのような哲学のもとで34年にわたる活動を展開してきたのだろうか? 劇団員総出で行われるWAHAHA本舗の全体公演がラストを迎えることを記念して行われた久本雅美と喰始の対談からは、「笑い」だけではない、シリアスなWAHAHA本舗の姿が浮かび上がってきた。

僕は面白く生きたいっていうだけ。劇団なら、お金をかけなくても面白いことができると思ったんです。(喰)

―1984年に結成されたWAHAHA本舗は今年で34年目を迎えます。今回の取材場所であるこの稽古場から、劇団の歴史が始まったんですね。

久本:本当にここからなんですよ。当時、私や柴田理恵さんや佐藤正宏くんら若手5人が、佐藤B作さんが主宰する「劇団東京ヴォードヴィルショー」を辞めて、ヴォードヴィルショー若手公演の演出をしていた喰さんを引っ張り込んでWAHAHA本舗を旗揚げしました。「劇団を作ったからには稽古場を持たなきゃいけない」という喰さんのこだわりから、まず稽古場を借りたんです。

左から:久本雅美、喰始。WAHAHA本舗歴代の衣装が所狭しと並ぶ稽古場にて撮影
左から:久本雅美、喰始。WAHAHA本舗歴代の衣装が所狭しと並ぶ稽古場にて撮影

―普通の劇団は公民館を借りて稽古をしますよね。

久本:喰さんが「貧乏くさいから嫌だ」って言ったんだよね(笑)。

:貧乏なのはしょうがないけど、貧乏くさいのは嫌なんです。貧乏が染み付いちゃうからね(笑)。それで、まずは、みんなで稽古場になるような物件を探しました。

久本:でも、中野や杉並、池袋の稽古場候補を見つけてきても、喰さんが全部却下してしまう。

:貧乏くさい!

―(笑)

:それで、青山にある今の稽古場を見つけてきたんです。「稽古場はどこにあるんですか?」と聞かれて「青山」と答えたら「すごい!」ってなるでしょ(笑)。

―若手の新しい劇団に、一等地の稽古場を借りる資金があったのがすごいです。

:僕は放送作家としての稼ぎがあったから、全額、自分の貯金から出したんです。ギリギリ出せる金額でしたね。

喰始

久本:東中野の銀行から200万円を引き出して、劇団員の前にどーんと積んだんです。みんな、見たこともない金額だったから、そのお金を見たときは、「これを持って逃げよう」って思いましたよ(笑)。

―そう思いますよね(笑)。喰さんは、どうして私財を投げ打ってまで劇団の旗揚げに参加したのでしょうか?

:僕は、面白く生きたいっていうだけで、出世欲がないんです。ちょうど、その頃はテレビの仕事にも飽きていたから、自分で何かをはじめようと考えていた。ただ、映画を作るのはお金がかかりすぎます。劇団なら、役者はギャラがなくても舞台に立ちたいっていう人ばかりだから、お金をかけなくても何か面白いことができるだろうと思ったんです(笑)。

強い風に当たらないと実力もつかないし、自分が面白いのかどうかもわからないと思って。(久本)

―久本さんは、所属していた劇団を退団しての旗揚げです。東京ヴォードヴィルショーは、当時、絶大な人気を誇っていましたが、退団に迷いはなかったのでしょうか?

久本:私は、吉本でも松竹でもなく、こんな笑いの世界があった! って、ヴォードヴィルショーを見て大感動したんです。本当に衝撃で、そこから東京に出て劇団に入った。でも現実は厳しくて、毎日怒られ、自信もどんどんなくなっていって……。そんな中、若手だけで新しい劇団を作ろうという話が持ち上がったんですけど、やっぱりとても悩みましたね。

久本雅美

―どう転ぶかわからない新劇団の旗揚げよりも、ヴォードヴィルショーに留まったほうがまだ安心ですからね。

久本:でも、いろんな舞台を観に行くと、自分と同じようなレベルの劇団員が死ぬほどいるわけです。3分くらいの出番を与えられて、後ろの方で「やー!」とか「おー!」とか言っているだけ(笑)。それを見て、ここから抜け出すためには、もっと強い風に当たらないと実力もつかないし、自分が面白いのかどうかもわからないと思って。それで、劇団旗揚げに参加しようと決心したんです。

―若手だった久本さんにとって、WAHAHAの旗揚げは背水の陣だったんですね。ところで、下ネタ連発の過激なスタイルは当時から変わっていないのでしょうか?

:劇団としては、ガンガン下ネタをやっていました。けれども、当時、久本のポジションは「WAHAHA本舗の原田知世」だったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

{作品名など}
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演『ラスト3 ~最終伝説~』

構成・演出:喰始
出演:
久本雅美
柴田理恵
佐藤正宏
梅垣義明
すずまさ
なんきん
大久保ノブオ
タマ伸也
省吾
我善導
トニー淳
正源敬三
パーマーイ雅晴
清水ひとみ
兵頭有紀
大窪みこえ
星川桂
矢原加奈子
雨宮あさひ
犬吠埼にゃん
伊地知玲奈
鈴木千琴
石原奈津美
瑛良
仲村唯可
コースケ☆原澄人
村本准也
噛家坊
哀原友則
アポロ
大福神
シェフ米山
菅原鷹志
岡田勝

東京公演
2017年5月24日(水)~5月28日(日)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールC
料金:
前売 S席9,800円 A席8,800円 B席7,800円
当日 S席10,600円 A席9,600円 B席8,600円

『ラスト3』ツアー

2017年6月7日(水)

会場:静岡県 焼津文化会館 大ホール

2017年6月10日(土)
会場:新潟県 新潟テルサ

2017年6月11日(日)
会場:富山県 オーバード・ホール

2017年6月14日(水)
会場:長野県 塩尻レザンホール 大ホール

2017年6月17日(土)
会場:大阪府 オリックス劇場

2017年6月18日(日)
会場:奈良県 なら100年会館 大ホール

2017年6月22日(木)
会場:宮城県 仙台 東京エレクトロンホール宮城

2017年6月23日(金)
会場:岩手県 盛岡 岩手県民会館 大ホール

2017年6月25日(日)
会場:秋田県 秋田市文化会館 大ホール

2017年7月1日(土)
会場:広島県 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)

2017年7月2日(日)
会場:山口県 周南市文化会館

2017年7月7日(金)~7月9日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

2017年7月13日(木)
会場:鹿児島県 宝山ホール(鹿児島県文化センター)

2017年7月15日(土)
会場:福岡県 福岡サンパレス

2017年7月16日(日)
会場:佐賀県 鳥栖市民文化会館

2017年7月22日(土)
会場:愛媛県 松山市民会館 大ホール

2017年7月23日(日)
会場:高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール

2017年7月28日(金)~7月29日(土)
会場:愛知県 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

2017年8月2日(水)
会場:北海道 わくわくホリデーホール

2017年8月6日(日)
会場:東京都 オリンパスホール八王子

2017年8月17日(木)
会場:兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2017年8月19日(土)
会場:茨城県 茨城県立県民文化センター 大ホール

2017年8月20日(日)
会場:栃木県 宇都宮市文化会館 大ホール

2017年8月26日(土)
会場:宮城県 気仙沼市民会館 大ホール

プロフィール

喰始(たべ はじめ)

WAHAHA本舗主宰・代表取締役・演出家・放送作家。放送作家として沢山の伝説的なバラエティー番組を生み出す。1984年に私財を投じてWAHAHA本舗を結成。ワハハ本舗全作品の作・演出を手掛ける。

久本雅美(ひさもと まさみ)

女優、タレント。大阪府出身。短大卒業後、上京して劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。1984年、設立メンバーとしてWAHAHA本舗に参加。バラエティー番組や、ドラマ、ラジオなど、舞台に留まらないフィールドで幅広く活躍。

関連チケット情報

2017年5月24日(水)〜5月28日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:東京国際フォーラム ホールC(東京都)
2017年6月7日(水)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:焼津文化会館 大ホール(静岡県)
2017年6月10日(土)〜6月11日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:新潟テルサ(新潟県)
2017年6月14日(水)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:レザンホール 大ホール(長野県)
2017年6月17日(土)〜7月9日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:オリックス劇場(大阪府)
2017年6月18日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:なら100年会館 大ホール(奈良県)
2017年6月22日(木)〜6月25日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:東京エレクトロンホール宮城(宮城県)
2017年7月1日(土)〜7月2日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:広島文化学園HBGホール(広島県)
2017年7月22日(土)〜7月23日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:松山市民会館 大ホール(愛媛県)
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)
WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知県)
2017年8月2日(水)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:わくわくホリデーホール(北海道)
2017年8月6日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:オリンパスホール八王子(東京都)
2017年8月19日(土)〜8月20日(日)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 「ラスト3 ~最終伝説~」
会場:茨城県立県民文化センター 大ホール(茨城県)
2017年8月26日(土)
WAHAHA本舗 PRESENTS WAHAHA本舗全体公演 ラスト3 ~最終伝説~
会場:気仙沼市民会館 大ホール(宮城県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)