ニュース

渋谷PARCO40周年を祝う『シブパル展。』、蜷川実花×チームラボなど異色コラボ実現

渋谷PARCOオープン40周年記念展示『シブパル展。』が、3月15日から東京・渋谷のパルコミュージアムで開催される。

PARCOに縁のあるクリエイターたちが参加する同展は、パルコミュージアムの約80坪のスペースを複数のゾーンに分割して構成。広告、写真、アート、イラスト、デザインなど、様々な分野で活躍するクリエイターたちが、それぞれのゾーンでジャンルや世代の垣根を越えたコラボレーション作品を展示する。

ゾーン1では、多彩な活動を展開している箭内道彦とアートディレクターの井上嗣也が「BROTHER SUN SISTER MOON」をテーマに掲げた展示を行う。また、ゾーン2ではイラストレーター・山口はるみのエアブラシを駆使した代表作をアートディレクターの植原亮輔が再構築した作品を公開するほか、ゾーン3では写真家の蜷川実花が猪子寿之率いるハイパーテクノロジスト集団「チームラボ」開発による「チームラボカメラ」を使用した作品を披露する。ゾーン4では、アニメーション作家兼グラフィックデザイナーの田名網敬一が約40年前に制作した未発表コラージュ作品に、アートディレクターの伊藤桂司が新たなコラージュを重ねる。参加作家は今後も追加される予定だ。

『渋谷パルコ40周年記念エキシビション「シブパル展。」』

2013年3月15日(金)~4月1日(月)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム 渋谷パルコパート1・3F
時間:10:00~20:00(最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
井上嗣也×箭内道彦
山口はるみ×植原亮輔
蜷川実花×チームラボ
田名網敬一×伊藤桂司
ほか
料金:一般500円 学生400円
※小学生以下無料

(画像:『渋谷パルコ40周年記念エキシビション「シブパル展。」』メインビジュアル)

『渋谷パルコ40周年記念エキシビション「シブパル展。」』メインビジュアル
『渋谷パルコ40周年記念エキシビション「シブパル展。」』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)