ニュース

『日本のグラフィックデザイン2014』展に葛西薫、植原亮輔、菊地敦己らによる約300点

『日本のグラフィックデザイン2014』展が、6月20日から東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催される。

同展は、デザイン団体「日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)」が1981年から発行している年鑑『Graphic Design in Japan』の2014年度版の発行を記念して開催。同書に掲載されている作品の中から、書籍、プロダクト、ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインなど約300点が実物とモニターで展示される。なお、同書の編集長は服部一成、ブックデザインは菊地敦己が手掛けている。

展示作品は、『第16回亀倉雄策賞』を受賞した葛西薫の平和希求キャンペーンポスター『ヒロシマ・アピールズ』や、植原亮輔によるEvery Little Thingのツアーグッズ、菊地敦己による『Creation Is Free. Production Needs Fee.』展におけるインタラクティブデザイン、石川竜太による新潟の酒販店「まいどや」のビジュアルアイデンティティーなど。

なお会期中は、第一線で活躍するグラフィックデザイナーやアートディレクターらをゲストに迎えたトークイベントが開催される予定。詳細は会場のオフィシャルサイトで発表される。

イベント情報

東京ミッドタウン・デザインハブ第46回企画展
『日本のグラフィックデザイン2014』

2014年6月20日(金)~8月3日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00
料金:無料

『日本のグラフィックデザイン2014』メインビジュアル デザイン:菊地敦己
『日本のグラフィックデザイン2014』メインビジュアル デザイン:菊地敦己
平和希求キャンペーン『ヒロシマ・アピールズ』葛西薫
平和希求キャンペーン『ヒロシマ・アピールズ』葛西薫
ジェネラルグラフィック『Every Little Thing ON' N' ON』植原亮輔
ジェネラルグラフィック『Every Little Thing ON' N' ON』植原亮輔
VI『まいどや』石川竜太
VI『まいどや』石川竜太
インタラクティブデザイン『Creation Is Free. Production Needs Fee.』菊地敦己
インタラクティブデザイン『Creation Is Free. Production Needs Fee.』菊地敦己
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)