ニュース

東京都写真美術館の新愛称は「トップミュージアム」&シンボルも一新

東京都写真美術館 シンボルマーク
東京都写真美術館 シンボルマーク

東京・恵比寿の東京都写真美術館の新シンボルマークが公開された。

2014年9月から大規模改修に伴う約2年間の休館を経て、今年9月にリニューアルオープンする東京都写真美術館。新たなシンボルマークはアーティストデュオ「Nerhol」としても活動している田中義久が担当したほか、ロゴタイプは字游工房が制作した。また新たな愛称が英語館名「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字をもとにした「トップミュージアム」になることもあわせて発表された。

なお同館のリニューアルにあわせて、9月3日から杉本博司の個展『杉本博司 ロスト・ヒューマン』が開催される。同展では杉本の作品シリーズ『ロスト・ヒューマン』『廃墟劇場』『仏の海』を展示し、作家の世界観、歴史観に迫る。なお『廃墟劇場』は世界初公開となる。

イベント情報

『杉本博司 ロスト・ヒューマン』

2016年9月3日(土)~11月13日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 2・3階

時間:10:00~18:00(木・金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし月曜が祝日の場合は開館、翌火曜休館)
料金:一般1,000円 学生800円 中高生・65歳以上700円

杉本博司『パラマウント・シアター、ニューアーク』2015年 ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 149.2 cm(image) neg.#36.002
杉本博司『パラマウント・シアター、ニューアーク』2015年 ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 149.2 cm(image) neg.#36.002
杉本博司『Buddha_仏の海』1995年 ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 119.2 cm(image) neg.#006
杉本博司『Buddha_仏の海』1995年 ゼラチン・シルバー・プリント 119.4 x 119.2 cm(image) neg.#006
杉本博司『最後の晩餐(部分)』サンディ・バージョン 1999年 ゼラチン・シルバー・プリント 5枚組:センターパネル 118.1 x 109.2cm、その他各118.1 x 181cm neg.#827
杉本博司『最後の晩餐(部分)』サンディ・バージョン 1999年 ゼラチン・シルバー・プリント 5枚組:センターパネル 118.1 x 109.2cm、その他各118.1 x 181cm neg.#827
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)