ニュース

『生きとし生けるもの』展に高木正勝、西島大介、ミロコマチコら14人

淺井裕介『全ての場所に命が宿る』2015 『未見の星座〈コンステレーション〉』展(東京都現代美術館、2015年) Photo: Ken Kato, ©Yusuke Asai, courtesy of ARATANIURANO
淺井裕介『全ての場所に命が宿る』2015 『未見の星座〈コンステレーション〉』展(東京都現代美術館、2015年) Photo: Ken Kato, ©Yusuke Asai, courtesy of ARATANIURANO

展覧会『生きとし生けるもの』が、7月24日から静岡・長泉のヴァンジ彫刻庭園美術館で開催される。

人類と共にある動物をテーマにした同展。絵画や彫刻、写真、映像、漫画、詩といった作品表現を通じて、現代の人間と動物の複雑な関係を見つめ直し、生きとし生けるもの全てが等しく持っている生のかけがえのなさについて考えるという。

出展作家は、淺井裕介、新居幸治(Eatable of Many Orders)、イケムラレイコ、小林正人、管啓次郎、染谷悠子、高木正勝、中谷ミチコ、西島大介、橋本雅也、三沢厚彦、宮崎学、ミロコマチコ、ムラタ有子の14人。作品は美術館と庭園の空間を活かして展示される。

なお、10月30日には展覧会参加作家によるシンポジウム『生きとし生けるもの』が行なわれるほか、会期中には、オープニングトーク、ギャラリートーク、ワークショップなど関連イベントを開催。詳細は『生きとし生けるもの』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『生きとし生けるもの』

2016年7月24日(日)~11月29日(火)
会場:静岡県 長泉町 ヴァンジ彫刻庭園美術館

時間:7月、8月10:00~18:00、9月、10月10:00~17:00、11月10:00~16:30(入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
淺井裕介
新居幸治(Eatable of Many Orders)
イケムラレイコ
小林正人
管啓次郎
染谷悠子
高木正勝
中谷ミチコ
西島大介
橋本雅也
三沢厚彦
宮崎学
ミロコマチコ
ムラタ有子
休館日:水曜(水曜が祝日の場合は翌日)
料金:
7月~10月 大人1,200円 大高生800円 中小生500円
11月 大人1,000円 大高生500円 
※中学生以下無料

シンポジウム
『生きとし生けるもの』

2016年10月30日(日)12:30~17:00
会場:静岡県 長泉町 クレマチスの丘ホール
出演:
新居幸治(Eatable of Many Orders)
管啓次郎
染谷悠子
中谷ミチコ
西島大介
橋本雅也
宮崎学
ムラタ有子
森啓輔
定員:150名(要予約)
料金:無料

小林正人『名もなき馬』2014 ©Masato Kobayashi, courtesy of ShugoArts
小林正人『名もなき馬』2014 ©Masato Kobayashi, courtesy of ShugoArts
ミロコマチコ『ナガスクジラ』2010 Photo: SKKY, ©mirocomachiko
ミロコマチコ『ナガスクジラ』2010 Photo: SKKY, ©mirocomachiko
三沢厚彦『Animal 2007-03』2007 ©Atsuhiko Misawa, courtesy of Nishimura Gallery
三沢厚彦『Animal 2007-03』2007 ©Atsuhiko Misawa, courtesy of Nishimura Gallery
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)