ヒップホップとスケートボードは、どのように関係を深めた? 90年代〜10年代のポイントを振り返る

ヒップホップとスケートボード、このふたつのカルチャーが親密な関係にあることはいまや疑いようがない。

超大物ラッパーLil Wayne(リル・ウェイン)はスケートボードに入れ込んでいることが知られ、東京オリンピックで金メダルを獲得したスケーターの堀米雄斗とともにミュージックビデオを撮影したことも報じられた。

ヒップホップとスケートボードの良好な関係は、ミュージックビデオや映画作品にも見いだすことができ、近年では映画『mid90s』(2020年に国内公開)がその代表格だろう。

もちろん、ジャズやロックにはじまり、ヘヴィメタルやハードコアパンクにラップメタル、エレクトロニックミュージックをはじめとして、スケートボード自体が音楽と親和性の高いカルチャーではある。しかしスケートボードと音楽の関係において、現在進行形でもっとも注目すべきものといえば、それはやはりヒップホップと言っていいだろう。両者は、いかにして接近して、関係を深めていったのか?

ドキュメンタリー『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が今年10月に公開を控えるなか、1990年代から2010年代までの主要なトピックを取り上げて、ヒップホップとスケートボードの関係をライターのアボかどに振り返ってもらった。

(メイン画像:『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』より ©2021 Elkin Editions, LTD. All Rights Reserved.)

Beyoncéがサンプリングしたメンフィスのベテランラッパー、その数奇なキャリア

現代屈指のスーパースター、Beyoncé(ビヨンセ)がリリースしたニューアルバム『RENAISSANCE』は、すでに今年を代表する一枚になりそうな風格を纏っている。

ハウスを筆頭にさまざまなダンスミュージックの要素を導入した同作は大きな話題を集めており、サンプリングの多さもあってクレジットされているソングライターの人数が非常に多いこともトピックのひとつになっている。

そのなかでも一部のヒップホップマニアのあいだで注目を集めたのが、“I’M THAT GIRL”でのTommy Wright III(トミー・ライト3世)の名前だ。

Beyoncé『RENAISSANCE』(2022年)収録曲。なお、サンプリング元となった“Still Pimpin”は2022年8月現在、YouTubeや各種ストリーミングサービスなどでオフィシャル配信は行なわれていない

メンフィスで1990年代から活動するベテランラッパー / プロデューサーのTommy Wright IIIは、所属レーベルとのトラブルや服役などにより、同郷で同程度のキャリアを持つThree 6 Mafiaらほど注目を集めることはなかった。

しかし、その作品の数々は一部のマニアの間で密かに高い評価を獲得し、2011年にスケートボードブランド「Shake Junt」が公開した動画で楽曲が使用されたことをきっかけにその熱気は噴出した(*1)。

Tommy Wright III“Killa By Nature”が使用されたShake Juntの動画。「Chicken Bone Nowison」のフル尺のビデオでは“Killa By Nature”が一部インサートされているほか、Beastie Boysなどのヒップホップに混じって、Sly & The Family Stoneやオーティス・レディング、リック・ジェイムス、Sex Pistols、Motörhead、Loveなど、さまざまなジャンルと年代の楽曲が使用されているのが確認できる(YouTubeを開く

Tommy Wright IIIはその後、Diplo(ディプロ)率いる「Mad Decent」のイベントでヘッドライナーを務めるまでに人気を拡大。

Three 6 Mafiaメンバーの活躍(※)、1990年代のメンフィスヒップホップを再解釈するような動きもあり、その波は2010年代を通して徐々にメインストリームにも浸透。そして「Shake Junt」の動画から11年から経ったいま、Beyoncéの楽曲でTommy Wright IIIの楽曲“Still Pimpin”がサンプリングされるまでに至った。

※詳細は筆者のnote「にんじゃりGang Bang」に記載(外部サイトを開く

2018年にGeniusが公開した動画。1990年代のメンフィスヒップホップを再解釈するような動きを後押ししたSpaceGhostPurrp(スペースゴーストパープ)とその所属クルーRaider Klanのキャリアと功績を紹介している

近年注目を集めるポップパンクリバイバル。その背景にもスケートボードが

このようなメンフィスヒップホップの成長も現行シーンの重要トピックのひとつだが、近年の音楽シーンのトレンドとしてより大きな存在感を放っているのがポップパンクリバイバルだ(※)。

そもそもポップパンクもスケートボードと距離の近い音楽で、スケーターのあいだで人気の高いストリートブランド「VANS」が主催するパンクとスケートボードのイベント『Warped Tour』など、そのつながりを示す例は多く挙げられる。現代のポップパンクリバイバルの重要プロデューサー、トラヴィス・バーカーもスケートボードゲーム『Tony Hawk's Project 8』(2006年)でキャラクターとしても使用できるなど、スケートボードとの関係は深い。

関連記事:女性や非白人アーティストが牽引する、2020年代ポップパンク再興(記事を開く

blink-182『Dude Ranch』(1997年)収録曲。冒頭、スケートボードで登校する学生に扮したトム・デロング(Gt,Vo、現在はバンドを脱退)は、10代の頃スケートボードに熱中していたことも知られている

ポップパンクリバイバルとメンフィスヒップホップ。一見まったく異なるように見えるこのふたつだが、両者の背景には共通してスケートボードカルチャーが存在していることがわかる。

90年代にヒップホップとスケートボードをつなげたBeastie Boysの功績

ヒップホップとスケートボードの関係が深まりはじめた1990年代において、もっとも象徴的なアーティストといえばBeastie Boysが挙げられる。

Beastie Boysはミュージックビデオでスケートボードのシーンを取り入れたほか、アートワークでもスケートボードを映していた。1992年リリースの代表作『Check Your Head』のアートワークでは、音楽とスケートボードの両方の分野で活躍するフォトグラファーのグレン・E・フリードマンを起用し、そのスケーターとしてのアティチュードを強く示した。

Beastie Boys『Check Your Head』収録曲。MVにはスケーターの姿をとらえた映像も挿入されている(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

また、代表曲“Sabotage”のMVを手がけるなどBeastie Boysと親交のあった映画監督のスパイク・ジョーンズは、Beastie Boysのスタジオで開かれたパーティをきっかけにスケートブランドの「GIRL」を立ち上げている。Beastie Boysのスケートボード文化への貢献は、非常に大きいものがあるだろう。

なお、Beastie Boysは音楽的にもヒップホップとパンクをつなぐようなスタイルで、近年のMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)のようなスタイルの先駆けと言えるかもしれない。

Beastie Boys『Ill Communication』(1994年)収録曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

スパイク・ジョーンズが監督したスケートボードビデオ『Video Days』(1991年)。自身の名前を冠したストリートブランドでも知られるプロスケーター、マーク・ゴンザレスの映像では、ジョン・コルトレーンの楽曲が用いられている。そのほかの映像では、Black Flag、Jackson 5、Dinosaur Jr.、Ry Cooderなど、さまざまなジャンルの楽曲を聴くことができる

「Skateboard P」と名乗ったファレル・ウィリアムスをひとつの象徴に、両者の蜜月が進んだ00年代

こうした事例もありながら、ヒップホップとスケートボードの本格的な接近が目立っていったのは2000年代に入ってからだった。

2000年にリリースされたスケートボードのゲーム『Tony Hawk’s Pro Skater 2』(国内発売は2001年)のサウンドトラックにはラップメタルなどと混じってヒップホップの楽曲も収録。UKのラッパー / プロデューサーのWu-Lu(ウールー)がRolling Stone Japanのインタビューで同ゲームからの影響を語っているように、スケーターのあいだにさまざまなジャンルを並行して聴く趣向の形成を後押しした(*2)。

同シリーズはその後もたびたびヒップホップの楽曲をサウンドトラックに使用し、スケートボードとヒップホップをつないでいった。

『Tony Hawk’s Pro Skater 2』のプレイ動画。サウンドトラックには、Rage Against the MachineやPapa Roachをはじめとしたラップメタル系のオルタナティブなサウンドのバンドや、Naughty by NatureやStyles of Beyondといったヒップホップグループの楽曲が使用されている

一方ヒップホップのメインストリームでは、1990年代後半から人気を集めはじめた2人組プロデューサーユニット、The Neptunesの活躍があった。The Neptunesのファレル・ウィリアムスはスケーターとしても知られており、「Skateboard P」という名前を名乗ることもあった。

2003年にリリースしたファレル・ウィリアムス名義のヒット曲“Frontin’”のMVは、スケートパークで撮影したシーンを導入。プロスケーターのテリー・ケネディもカメオ出演した。

The Neptunes『The Neptunes Present... Clones』(2003年)収録曲

また、The Neptunesがプロデュースし、ファレル・ウィリアムスが客演したSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)の2004年のヒット曲“Drop It Like It’s Hot”のMVでもスケートボードのシーンが確認できる。ファレル・ウィリアムスのヴァースではSkateboard Pを名乗るラインも登場し、そのスケートボード愛が打ち出されている。

Snoop Dogg 『R&G (Rhythm & Gangsta): The Masterpiece』(2004年)収録曲 / 関連記事:監房から厨房へ。なぜスヌープ・ドッグは料理本を?ゴキゲンな語り口の裏にある地域貢献の精神(記事を開く

さらにファレル・ウィリアムスは、2005年にはテリー・ケネディ、実弟のケイトー・ウィリアムスとともにスケートチーム「Ice Cream Skate Team」を結成。2006年にはスケートビデオ「Team Ice Cream Vol.1」を発表するなど、2009年の解散まで精力的に活動した(*3)。

2006年にはファレル・ウィリアムスとも親交のあったLupe Fiasco(ルーペ・フィアスコ)がスケートボードをテーマにしたシングル“Kick, Push”でブレイク。

「Team Ice Cream Vol.1」のトレイラー映像

Lupe Fiasco『Food & Liquor』(2006年)収録曲。曲名の「キック」と「プッシュ」はともにスケートボードと馴染みの深い言葉 / 関連記事:マサチューセッツ工科大学で授業を受け持つラッパーが誕生。教育とヒップホップが接近する背景(記事を開く

The Neptunesの作風と通じる音楽性を持つベイエリア発のムーブメント「ハイフィ」のシーンからも、VANS賛歌を発表するなどスケーターキャラを前面に押し出したラップグループのThe Packなどが登場するなど、スケートボードとヒップホップはこの頃にさらに接近。

スケートボードとヒップホップの距離が近づくのと比例して、トラヴィス・バーカーのヒップホップ仕事も増加していき、ハイフィの代表格、The Federationとも“Black Roses”(2007年)で共演。2009年頃には当時人気絶頂にあったLil Wanye(リル・ウェイン)との制作も報じられた。

Odd Futureを筆頭に、ラッパーたちとスケートボードが限りなく接近した10年代

そのLil Wayneも2010年頃にはスケートボードをスタート。Lil Wayneはのちにスケートショップをオープンするなど、ファレル・ウィリアムスと並んでヒップホップ界のスケートブームを牽引していった。

Lil Wayneのスケボー姿もとらえたMV。Lil Wayneがいかにしてスケートボードにのめり込んでいったかは、Vultureの記事「Lil Wayne Is Hip-Hop’s Best Skateboarder」に詳しい(外部サイトを開く

2010年前後には、西海岸からスケーターとしての側面をしばしば打ち出していた大型コレクティブ、Odd Futureがブレイク。中心人物のTyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)は自身が運営するストリートブランド「GOLF WANG」でのスケートデッキの制作や、VANSとのコラボなどを行なってきた。

また、Odd Futureはスケートボードショップ兼ブランドの「Supreme」の服を好んで着用し、後にブランド側が正式に衣装提供やモデルとして起用するなど、Odd FutureはSupremeの広告塔としてその人気の上昇に貢献した。なお、Tyer, the Creatorはファレル・ウィリアムスからの影響を常に語っており(*4)、ここでもその存在の大きさが感じられる。

Odd Futureのチャンネルにアップされている動画。スケートパークで戯れるTyler, the Creatorらの姿が確認できる

ほかにもYelawolf(イェラウルフ)やWiz Khalifa(ウィズ・カリファ)など、この時期に登場したラッパーにはスケートボードを楽しむラッパーが多くおり、こういった時代の流れのなかで、Tommy Wright IIIはブレイクを掴んだというわけだ。

スケートボードの映像を取り入れたYelawolfのMV

スケートボードの映像を取り入れたWiz KhalifaのMV

また、「DGK」や「Zoo York」といったスケーター系のブランドとラッパーのコラボもこれまでに多く見られていた。ヒップホップの影響が強いストリートブランド「LRG」がスケーターとコラボするなど、ファッションの面でヒップホップとスケートボードの文化は相互に交流しながら発展・人気を拡大していった流れがあるのだ。テリー・ケネディのブランド「Fly Society」がのちにラップグループとしての活動をはじめたこともあった。

こうしたことからわかるように、スケートボードとヒップホップは、お互いに歩み寄りながら進んできたのだ。

近年ではラッパーのRich The Kid(リッチ・ザ・キッド)がスケートボードのVlogを更新し、スケーターラッパーレジェンドのLil Wayneともコラボ作を発表。日本のスケーターの堀米雄斗ともMVを撮影するなど、スケートボードとヒップホップの密接な関係を示していた。

Strictly Skateboardingが公開している動画では、Tyler The CreatorとRich The Kidがスケートボーディングする映像がまとめられている

Lil Wayne & Rich The Kid『Trust Fund Babies』(2022年)収録曲。Lil WayneのInstagramには堀米優斗とスケートボーディングする動画もアップされている(Instagramを開く

ベテランラッパーのGhostface Killah(ゴーストフェイス・キラー)は、「Karmaloop TV」のインタビューで「俺のなかではスケートボードとヒップホップは同じものだ。ヒップホップは生き方で、生活のひとつ。歩き方から服の着方、話し方にまで表れる」と話している。

Ghostface Killahがスケートボードとヒップホップについて語ったインタビュー動画

スケートボードは単なる路上の遊びではなく、ファッションや音楽などさまざまな分野と結びついているカルチャーであり、それはヒップホップともたしかに共通点が多い。そしてスケーターのコミュニティーによって過去の音楽が再発見され、アーティストたちのクロスオーバー感覚が培われてきた流れがある。これからもヒップホップとスケートボードの関係には要注目だ。

参考文献:rock the bells「THE HIP-HOP & SKATEBOARDING CONNECTION」(外部サイトを開く

*1:Red Bull Music Academy「Still Runnin-N-Gunnin: The Rebirth of Memphis Rap Legend Tommy Wright III」参照(外部サイトを開く
*2:Rolling Stone Japan「大切なことはスケートボードから学んだ Wu-Luの音楽が「何でもあり」になった理由」参照(外部サイトを開く
*3:Comcplex「What It Was Like to Be on Pharrell’s Ice Cream Skate Team」参照(外部サイトを開く
*4:Pitchfork「Tyler, the Creator Accepts Cultural Influence Award at 2021 BET Hip Hop Awards: Watch」参照(外部サイトを開く

作品情報
『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』

2022年10月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

監督:ジェレミー・エルキン
ナレーション:イーライ・ゲスナー
音楽:ラージ・プロフェッサー
製作総指揮:デヴィッド・コー
製作:デイナ・ブラウン、ジェレミー・エルキン


フィードバック 18

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • ヒップホップとスケートボードは、どのように関係を深めた? 90年代〜10年代のポイントを振り返る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて