ギタリストのジェフ・ベックが逝去、78歳。死因は細菌性髄膜炎と発表

メイン画像:ジェフ・ベック 1995年撮影 / Shutterstock

ギタリストのジェフ・ベックが1月10日に逝去したことが発表された。78歳だった。

ジェフ・ベックのオフィシャルサイトでは、細菌性髄膜炎に感染して亡くなったと発表されている。

ジェフ・ベックは1944年6月24日生まれ、イングランド出身。日本ではエリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並ぶ「3大ギタリスト」の1人とされている。1965年にエリック・クラプトン脱退後のThe Yardbirdsに参加し、The Yardbirds脱退後はロッド・スチュワート、ロン・ウッドらとともにThe Jeff Beck Groupとして活動した。『グラミー賞』最優秀ロック・インストゥルメンタル賞などを受賞し、昨年にはジョニー・デップとコラボしたアルバム『18』をリリースした。

エリック・クラプトン、ジミー・ペイジは自身のSNSで哀悼の意を表している。



フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • ギタリストのジェフ・ベックが逝去、78歳。死因は細菌性髄膜炎と発表

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて