シルバーウィークはどこにでかける? おすすめイベントまとめ

夏が過ぎ、肌寒くなった今日この頃。あっという間にやって来るシルバーウィークに、おすすめしたいイベントをまとめました。屋外イベントで心地良い風を浴びたり、少し遠くまで足をのばしたり……気分にあわせて楽しんでみてはいかがでしょう。

『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016』(9月16日~)

『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016』メインビジュアル Photo: Gottingham
『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016』メインビジュアル Photo: Gottingham

アートブックやZINEを作る出版社やギャラリー、アーティストなど国内外の約300組が一堂に会するブックフェア。ひとつの国の出版文化にフォーカスする「ゲストカントリー」ではブラジルがフィーチャーされ、出版社やアーティストなどが招聘される予定だ。

イベント情報

『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016』

2016年9月16日(金)~9月19日(月・祝)
会場:東京都 信濃町 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』(9月17日~)

イリヤ&エミリア・カバコフ(Ilya & Emilia KABAKOV)『落ちてきた空』1995/2016
イリヤ&エミリア・カバコフ(Ilya & Emilia KABAKOV)『落ちてきた空』1995/2016

茨城の県北にある6市町を舞台にした国際芸術祭。飴屋法水、妹島和世、イリヤ&エミリア・カバコフ、チームラボら約20の国と地域から集まった80組以上の作家が参加する。会期中は屋内外でのアートプログラムを中心に様々な企画が展開されるという。

イベント情報

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』

2016年9月17日(土)~11月20日(日)
会場:茨城県 日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町内の各会場

『江戸からたどるマンガの旅~鳥羽絵・ポンチ・漫画~』(9月17日~)

作者不詳『浮世ハ夢だ夢だ』慶応期(後期展示)
作者不詳『浮世ハ夢だ夢だ』慶応期(後期展示)

印刷出版文化が発達した江戸中期の戯画を日本における漫画の起点として、約230年におよぶ漫画の歴史を辿る展覧会。歌川国芳、河鍋暁斎らの浮世絵師が描いた戯画など、京都国際マンガミュージアム所蔵のコレクションから前後期合わせて約200点が展示される。

イベント情報

『江戸からたどるマンガの旅~鳥羽絵・ポンチ・漫画~』

2016年9月17日(土)~11月16日(水)
前期:2016年9月17日(土)~10月16日(日)
後期:2016年10月18日(火)~11月16日(水)
※会期中展示替えあり
会場:東京都 千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室

ポスターハリスギャラリー&アツコバルー arts drinks talk『日本のポスターの黄金時代 60's/70's』展(9月17日~)

三島由紀夫『終りの美学』 デザイン:横尾忠則 1966年
三島由紀夫『終りの美学』 デザイン:横尾忠則 1966年

東京・渋谷のポスターハリスギャラリーとアツコバルー arts drinks talkの2会場を舞台に開催される展覧会。1960年代と70年代のシルクスクリーンポスターを中心に、赤瀬川原平、田名網敬一、宇野亞喜良、横尾忠則らの作品を紹介する。チケットは2会場共通。

イベント情報

ポスターハリスギャラリー&アツコバルー arts drinks talk『日本のポスターの黄金時代 60's/70's』展

2016年9月17日(土)~10月9日(日)
会場:東京都 渋谷 ポスターハリスギャラリー、アツコバルー
時間:
ポスターハリスギャラリー 13:00~19:00
アツコバルー 水~土曜14:00~21:00、日、月曜11:00~18:00
休廊日:火曜(両会場共に)

『レオナール・フジタとモデルたち』(9月17日~)

『レオナール・フジタとモデルたち』展ポスタービジュアル
『レオナール・フジタとモデルたち』展ポスタービジュアル

レオナール・フジタこと藤田嗣治の描いた「モデル」にフォーカスした展覧会。フジタがモデル研究の集大成として群像表現に挑んだ4点の壁画を展示するほか、初期から晩年までの作品約90点が、描かれたモデルに関連する資料約150点と共に紹介される。 

イベント情報

『レオナール・フジタとモデルたち』

2016年9月17日(土)~2017年1月15日(日)
会場:千葉県 佐倉 DIC川村記念美術館

『全日本テルミンフェス』(9月19日)

『全日本テルミンフェス』メインビジュアル
『全日本テルミンフェス』メインビジュアル

世界で1番「テルミン演奏家」が多い国だという日本。そんな「テルミン大国」の現代音楽シーンで「テルミンの生きる道」を探るイベント。出演者にはやついいちろう、あらかじめ決められた恋人たちへ、ケラリーノ・サンドロヴィッチらが名を連ねている。

イベント情報

『全日本テルミンフェス』

2016年9月19日(月・祝)
会場:東京都 渋谷 WOMB

『ROMANTIC CHINATOWN 2016』(9月22日~)

『ROMANTIC CHINATOWN 2016』フライヤービジュアル
『ROMANTIC CHINATOWN 2016』フライヤービジュアル

台北と青山にあるライブハウス「月見ル君想フ」がプロデュースする音楽祭。青葉市子やスカートの澤部渡、空気公団らが参加し、4日間にわたりライブが行なわれる。会場は今年5月に細野晴臣もライブを行なった横浜中華街のレストラン・同發新館。

イベント情報

『ROMANTIC CHINATOWN 2016』

2016年9月22日(木・祝)~9月25日(日)
会場:神奈川県 横浜 同發 新館

『New Acoustic Camp 2016』(9月17日、9月18日)

『New Acoustic Camp 2016』メインビジュアル
『New Acoustic Camp 2016』メインビジュアル

今年で7回目の開催を迎える群馬・水上高原リゾート200が舞台のアウトドアイベント。ハナレグミ、原田郁子、フラワーカンパニーズ、大森靖子らがライブを披露するほか、会場ではワークショップの開催や飲食店の展開が予定されている。

イベント情報

『New Acoustic Camp 2016』

2016年9月17日(土)、9月18日(日)
会場:群馬県 水上高原リゾート200

『SOUL CAMP 2016』(9月18日)

『SOUL CAMP 2016』ロゴ
『SOUL CAMP 2016』ロゴ

過去にCOMMONやTALIB KWELIなどヒップホップシーンの重鎮を迎え、豊洲エリアで開催されてきた野外音楽イベント『SOUL CAMP』。今年は横浜赤レンガの野外特設ステージを舞台に、ジル・スコットやPete Rock、DJ Premierらがライブを披露する。

イベント情報

『SOUL CAMP 2016』

2016年9月18日(日)
会場:神奈川県 横浜赤レンガパーク野外特設ステージ

『京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園』(9月18日)

くるり
くるり

結成20周年を迎えるくるり主催の野外音楽イベント。矢野顕子、Tété、Mr.Childrenが出演するほか、くるりと『ワルツを踊れ Tanz Walzer』のレコーディングに参加したウィーンアンバサーデオーケストラとの演奏も披露予定。なお、同イベントの開催は10回目となる。

イベント情報

『京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園』

2016年9月18日(日)
会場:京都府 梅小路公園 芝生広場

『MOET MIDPARK CINEMA』(9月16日~)

『MOET MIDPARK CINEMA』イメージビジュアル
『MOET MIDPARK CINEMA』イメージビジュアル

1743年に創業したフランスのシャンパン製造会社「モエ・エ・シャンドン」のシャンパンを味わいながら、野外で映画を鑑賞することができる屋外上映イベント。上映作品は『華麗なるギャツビー』『コードネーム U.N.C.L.E.』『NINE』『プラダを着た悪魔』の4作品。

イベント情報

『MOET MIDPARK CINEMA』

2016年9月16日(金)~9月19日(月・祝)、9月22日(木・祝)~9月25日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン芝生広場

『カナザワ映画祭2016』(9月17日~)

『カナザワ映画祭2016』メインビジュアル ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『カナザワ映画祭2016』メインビジュアル ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery

石川・金沢で開催される映画祭。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『AKIRA』『狂い咲きサンダーロード』『ゼイリブ』など50作品以上を9日間で上映する。なお、会場の金沢都ホテル・セミナーホールが来年で取り壊しとなるため映画祭の開催は今年が最後となる。

イベント情報

『カナザワ映画祭2016』

2016年9月17日(土)~9月25日(日)
会場:石川県 金沢都ホテル セミナーホール

『「ひなぎく」ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品』(9月17日~)

『ひなぎく』©State Cinematography Fund
『ひなぎく』©State Cinematography Fund

映画『ひなぎく』とヤン・シュヴァンクマイエル監督作品の特集上映。「チェコ・ヌーヴェルヴァーグ」を代表する作品のひとつ『ひなぎく』とシュヴァンクマイエルの短編作品が併映されるほか、同監督の長編作品を上映するプログラムも企画されている。

イベント情報

『「ひなぎく」ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品』

2016年9月17日(土)~9月30日(金)
会場:東京都 ユジク阿佐ヶ谷

『スウェーデン映画祭 2016』(9月17日~)

『間奏曲』
『間奏曲』

日本初公開の新作映画など全11作品を上映する『スウェーデン映画祭 2016』。昨年生誕100周年を迎えた女優、イングリッド・バーグマンを特集するほか、スウェーデンの『アカデミー賞』と称される『ゴールデン・ビートル賞』の受賞作なども複数上映予定。

イベント情報

『スウェーデン映画祭 2016』

2016年9月17日(土)~9月23日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース

『仙台短篇映画祭2016』(9月17日~)

『仙台短篇映画祭2016』メインビジュアル
『仙台短篇映画祭2016』メインビジュアル

仙台市内の社会人・学生を中心とした有志によって構成された団体が運営する映画祭。塩田明彦『昼も夜も』や篠崎誠『SHARING』の上映される『震災後の表現』や、岡本まな『ディスタンス』の上映される『女子力映画』など複数のプログラムが企画されている。

イベント情報

『仙台短篇映画祭2016』

2017年9月17日(土)~9月19日(月・祝)
会場:宮城県 せんだいメディアテーク

笛井事務所『怪談』(9月16日~)

笛井事務所『怪談』メインビジュアル
笛井事務所『怪談』メインビジュアル

怪談噺の名作として知られる『牡丹燈籠』『番町皿屋敷』『真景累ヶ淵』のエピソードを組み合わせたオリジナル劇。中島歩、埜本幸良(範宙遊泳)らが出演するほか、演出をコンドルズのメンバーで振付師としても活動するCHAiroiPLIN主宰・スズキ拓朗が手掛けている。

イベント情報

笛井事務所
『怪談』

2016年9月16日(金)~9月20日(火)全7公演
会場:東京都 三鷹 武蔵野芸能劇場小劇場

ヨーロッパ企画 第35回公演『来てけつかるべき新世界』東京公演(9月16日~)

『来てけつかるべき新世界』ビジュアル
『来てけつかるべき新世界』ビジュアル

これまでに『曲がれ!スプーン』などの舞台が本広克行監督によって映画化されたヨーロッパ企画。『来てけつかるべき新世界』は「おっさん天国」と称される大阪・新世界を舞台にしたSF作品で、「ホログラフィの娘と言い合い」をするシーンなどが登場するという。

イベント情報

ヨーロッパ企画 第35回公演
『来てけつかるべき新世界』東京公演

2016年9月16日~9月25日(日)全13公演
会場:東京都 本多劇場

劇団子供鉅人チャンバラ音楽劇『幕末スープレックス』(9月17日~)

劇団子供鉅人チャンバラ音楽劇『幕末スープレックス』フライヤービジュアル
劇団子供鉅人チャンバラ音楽劇『幕末スープレックス』フライヤービジュアル

劇団子供鉅人は、2005年に大阪で結成された「フリースタイル演劇集団」。2012年に初演され、関西で反響を呼んだ『幕末スープレックス』を東京芸術劇場で再演する。30人以上の出演者と、関西のミュージシャンで編成された楽隊の生演奏も公演の魅力のひとつ。

イベント情報

劇団子供鉅人チャンバラ音楽劇
『幕末スープレックス』

2016年9月17日(土)~9月25日(日)全10公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト

『怪獣の教え』(9月21日~)

『怪獣の教え』舞台写真
『怪獣の教え』舞台写真

『青い春』などの監督作品で知られる豊田利晃が作・演出を手掛けた舞台の再演。初演時のキャスト・窪塚洋介、渋川清彦、太田莉菜が引き続き出演するほか、音楽を中村達也、ヤマジカズヒデ、青山ケイタによる「TWIN TAIL」とディジュリドゥ奏者のGOMAが担当する。

イベント情報

『怪獣の教え』

2016年9月21日(水)~9月25日(日)全7公演
会場:東京都 Zeppブルーシアター六本木

鳥公園『ヤジルシ』東京公演(9月14日~)

鳥公園『ヤジルシ』ビジュアル
鳥公園『ヤジルシ』ビジュアル

『ヤジルシ』は、「9.11同時多発テロ事件以降の世界で、いかなる表現が可能か?」という問いに対する応答として書かれた太田省吾の戯曲。東京公演は回遊型上演となり、2階建ての元鉄工所を歩きながら、建物内で展開されている物語を自由に鑑賞することができる。

イベント情報

鳥公園
『ヤジルシ』東京公演

2016年9月14日(水)~9月19日(月・祝)
会場:東京都 昭和島 BUCKLE KOBO

もみじ市2016『FLOWER』(9月17日、9月18日)

もみじ市2016『FLOWER』チラシビジュアル
もみじ市2016『FLOWER』チラシビジュアル

「大人の文化祭」をコンセプトに2006年から開催され、今年で10周年を迎える『もみじ市』。「タムくん」の愛称で知られるウィスット・ポンニミットなど、100組を超える作家が集うほか、キセル、高野寛、コトリンゴらによるライブも予定されている。イベントの入場は無料。

イベント情報

もみじ市2016『FLOWER』

2016年9月17日(土)、9月18日(日)
会場:東京都 調布市多摩川河川敷



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • シルバーウィークはどこにでかける? おすすめイベントまとめ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて