異色のアイドル、リュウ・ユーシンが中国新世代スターになるまで

現在中国でもっとも多忙を極める芸能人の一人だというリュウ・ユーシン。アイドルオーディション番組『青春有你2(Youth With You 2)』に出演し、クールな佇まいとチームでのリーダーシップ、力強いパフォーマンスで、旧来の典型的な「女性アイドル」のイメージを拡張するような鮮烈な印象を残した。

番組では1位に輝き、2020年にガールズグループTHE9の一員としてデビューしたリュウだが、じつはそのキャリアは長い。ダンスに魅了された10代前半のころから夢を掴みたいという強い意思で努力を重ね、いまのポジションを勝ち取った。

その確固たる姿勢や言葉で、中国の同世代から共感を呼んでいるというリュウは、一体どんなアーティストなのか? メールインタビューから見えてきたのは、努力を惜しまず、学び続ける、という実直な姿だった。本人の言葉を交えながら、リュウ・ユーシンという「新世代のスター」を紹介する。

人気オーディション番組で最多得票数の1位デビュー。現在15のブランドのアンバサダーを務める

2021年5月、厳しいロックダウンや移動規制などの対策によって「コロナ後」の雰囲気に包まれる中国各地では、同時多発的に音楽フェスが開催された。上海の郊外で4日間にわたって開催された『国潮音乐节』もそのうちの一つだ。2日目トリのステージでは、一人の女性アイドルを前に止まない歓声と「雨」「昕」の文字が書かれた薄い青色の電光プレートで会場が染まった。

客席から歓声と熱い眼差しを向けているのは、ほとんどが女性ファン。舞台に立つその女性アイドルの一言一行を真剣に見つめるファンたちとアイドルのあいだには、強いつながりがあることを感じさせる。多数の女性を魅了するその女性アイドルのカリスマ性を感じた瞬間だった。

その女性アイドルとは、現在、中国でもっとも多忙を極める芸能人の一人、リュウ・ユーシン(刘雨昕)だ。2020年にアイドルオーディション番組『青春有你2(Youth With You 2)』からデビューした9人組ガールズグループTHE9のメンバーでもある。番組では投票数トップでデビューしたあと、THE9としての活動だけでなく、個人でも精力的に活動している。

リュウ・ユーシン。ターコイズブルーのような緑がかった青色はオリジナルの応援カラー。この日、衣装もマイクもこの色で統一されていた 写真:国潮音乐节オフィシャルWeiboより
応援カラーの電光プレートとともに声援を送るファン 写真:国潮音乐节オフィシャルWeiboより

中国版Twitter「微博(Weibo)」のフォロワー数は、2021年6月の原稿執筆時で1,650万以上。4月20日の誕生日には3曲入りのEP『EPSILON』をリリースすると、24時間も経たずに中国の音楽配信サイト「QQ音楽」で4,200万元(約7億1,400万円、2021年6月10日現在)の売上を記録した。

また、2020年のグループデビュー以降、リュウ個人だけでも15のブランドのアンバサダーを務めている。この1年で、13のファッション誌の表紙を個人で飾ったというから、単純計算で毎月少なくとも1冊の雑誌カバーで彼女の姿を目にしていることになる。

『时装L’OFFICIEL HOMMES』2021年5月号。男性誌の表紙を飾ることも珍しくない 写真:THE9-刘雨昕オフィシャルWeiboより

そんな、大注目を集める女性アイドル、リュウ・ユーシンがメールインタビューに応じてくれた。THE9としてデビュー後、海外メディアの単独取材を受けるのはこれが初だという。本稿では、彼女の言葉を交えながらそのキャリアを振り返り、リュウ・ユーシンというアイドルの実像に迫ってみたい。

14歳で踏み出した芸能界への一歩。高いダンススキルで脚光を浴びる

私がリュウのことを知ったのは、2018年に放送された中国のストリートダンスバトル番組『熱血街舞團(Hot-blood Dance Crew)』を見たときだ。細身の体にショートヘア、マニッシュなファッションと力強くてキレキレのダンスに目を奪われた。その後、ガールズグループ「蜜蜂少女隊(Lady Bees)」のメンバーであることを知った。「こういう人が中国の芸能界にもいたんだ」という純粋な驚きもあった。

中国の女性芸能人といえば、ロングヘア、ミニスカートを履いた可愛らしいイメージの人がまだ多いなか、彼女のショートヘアでパンツルック、クールな表情というまったく正反対の存在感は特別だった。数年前に見た中国のテレビのお見合い番組で、ある男性が結婚相手の女性の条件として「黒髪ロングヘア」と答えていたことも思い出した。

写真提供:Idol youth

リュウの芸能界への道は、ダンスから始まる。1997年貴州省貴陽市生まれの彼女は12歳のとき、興味のあったストリートダンスを習うため、一人北京に渡った。

音楽系の中学、高校に通いながら、男性のダンサーが多いといわれるポップダンスにはまり、連日レッスンに励む。そして14歳のとき、初めてテレビ番組『向上吧!少年』に出演。12歳以上の才能ある若者がダンスや歌、楽器などのバトルに挑むという番組だ。リュウは最終的に最優秀賞を受賞し、芸能界への第一歩を踏み出す。

翌年、15歳のときにテレビのダンスバトル番組『舞林争霸』に出演する。その時の映像を見てみると、タンクトップにパンツルック、健康的なスポーツ少年のような風貌で登場していた。「名前からすると君は男性かな?」と審査員から聞かれると「女性です」と答えるリュウ。音楽がかかると、力強いポップダンスを踊り始め、時に楽しそうな笑顔を見せる。

番組では審査員を務めたダンサーやコレオグラファーから満場一致の高評価を獲得し、審査員のダンサー・金星は「15歳という若さで『男性のポップダンス』という概念を一瞬にして覆したわね。高レベルのポップダンスだわ」と評価した。また、金星は「こういう個性的な女性は以前の中国社会ではなかなか受け入れられなかったけど、いまは中国もニュートラルな時代に入ったわね」とも語っていた。

その後、芸能事務所の練習生として3か月のトレーニングを受け、2016年、テレビの女性アイドルオーディション番組『蜜蜂少女隊(Lady Bees)』に出演。無事に7人組のガールズグループ「蜜蜂少女隊」のメンバーとしてデビューを果たす。

2020年ストリートダンスバトル番組『这!就是街舞3』の決勝戦ではゲスト出演した。「ストリートダンスは私にとってなくてはならないもの」とも語る 写真:YOUKU『这!就是街舞3』より

自分を見失う時期もあった。「とにかく『好き』。だから続けられた」

このように追ってみると、順調にキャリアを重ねているように思えるが、蜜蜂少女隊としてデビューを果たしたあと、リュウには、自分を見失う時期がおとずれる。

グループではベリーダンスを踊ったり、猫や蜂の格好をさせられたり、可愛いポーズを要求されることもあった。音楽番組などでは2、3か月にわたって同じ曲を披露して、トークも似たような内容を話すのみ。本人としては自分の持ち味を生かせない不本意なかたちの活動も増え、過去のインタビューでは「自分だけが他のメンバーとは違う見た目やスタイルだったので、だんだん自分自身がわからなくなってきたんです」と当時を振り返っている。

─蜜蜂少女隊での活動中、あるインタビューで「自分自身を見失うことがある」と答えていましたね。それでも、この業界で諦めずにやってこられた理由は何ですか?

リュウ:とにかく「好き」なんでしょうね。だから続けられたし、チャレンジし続けないと、どういう結果になるかはわかりませんからね。

人から見向きされなかったり、苦しい場面に遭遇したときには「どうすれば良くなるんだろう」って考えるんです。自分が向いていないようなことも、どうしたら自分らしく届けることができるだろうって。ピアノを習い、さらにダンスを習いたいと思っていた子どものころから、大きなステージというのは私の目標でしたから。

リュウは別のインタビューで「これまで私は比較的恵まれていたのかもしれないけれど、タイミングが悪かったのかもしれない」とも語っている。

2016年の女性アイドルオーディション番組、2018年のストリートダンスバトル番組。いずれも、中国では現在のように大々的にアイドルやストリートダンスが受け入れられている時期ではなかった。2018年にオンラインで配信されたアイドルオーディション番組が大ヒットし、「アイドル黄金期」に突入した時期よりも前にデビューしていた蜜蜂少女隊のことを知っている人は、いまでは正直少ないのが現状だ。

ソロEPで表現した「3つの内なる声」。リュウにとって努力は「必ずやるべきこと」

2021年4月20日、24歳の誕生日を迎えたリュウは、以前から準備していた3曲入りのEP『EPSILON』をリリースした(2021年6月時点では中国国内のみでの配信)。

彼女は2020年3月に放送がスタートしたアイドルオーディション番組『青春有你2』に出演し、同年5月の決勝戦でTHE9としてのデビューを掴んだ。『EPSILON』は、そのときファンに向けて発したメッセージを実現したともいえる作品だ。「これまでずっと応援してくれたファンのみんなには、作品やステージで応えていきたいと思います。本当にありがとう」

THE9のデビュー曲“SphinX”MV。2020年8月発表

『EPSILON』の収録曲にリュウ本人も作詞に参加した“練習曲”というバラードがある。「日々、繰り返しトレーニング」「もっと上を目指すために」という歌詞が出てくる。

リュウ自身、これまでの体験や感情を歌詞に込めたと語っているが、ファンのなかには、自分自身の過去や現状に重ねる人が多く、ネットでは「思わず涙がこぼれた」「すごく共感した」といったコメントが多く見られた。

─今回リリースした『EPSILON』は、メロウなR&Bの“Of Course”と、アップテンポなバラード曲“U&I”、切ないピアノバラードの“練習曲”といずれも違う曲調ですね。歌詞ではどれもリュウさんのいまの心情を表しているのかなという感じがしました。

リュウ:この3曲は私の内面の「3つの声」を表現しているような感じです。セクシーで(“Of Course”)、勇敢に(“U&I”)、貫く(“練習曲”)。どれも私自身なんです。

「勇敢に」「貫く」。誰に何を言われようが、ブレずに自分の意思を信じる。

この姿勢から思い出されるのは、中国のアイドルがよく口にする「努力」という言葉だ。「勇敢に」「貫く」姿勢の背後には、たゆまない「努力」がある。中国のオーディション番組やバラエティー番組を見ていても、「なぜ、ここまで努力するのだろう」と思わされる光景をよく目にする。

たとえばK-POPグループ・EXOの中国人メンバーであり、中国の第一線で活躍するアイドル、俳優、歌手のチャン・イーシン(张艺兴)の微博IDは「努力、努力、再努力」で、日本語にすると「努力、努力、さらに努力」となる。チャン・イーシン自身、番組でもよく「努力」と口にしている。

─リュウさんにとって「努力」とはどういう意味がありますか?

リュウ:努力したからといって、必ずしも良い結果が出るわけではないとは思います。でも、努力しないと、目標に達することはできないですよね。

私にとって「努力」は毎日、必ず「やるべきこと」になっています。特に、強調すべきことではなく、すでに習慣になっているんでしょうね。

─それでは、自分のスタイルを貫くために意識していることはありますか?

リュウ:自分では特に「自分のスタイルを貫こう」と意識しているわけではないんですよね。常に前進して、学ぶ姿勢を忘れないことが大事なんだと思います。いろんな方面で学ぶ姿勢ですね。

オーディション番組『青春有你2』からデビューしたTHE9 写真提供:Idol youth
楽屋でTHE9のメンバーと 写真:THE9-刘雨昕オフィシャルWeiboより

「アイドルを『ただの歌って踊れるパフォーマー』だと思ったことはありません」

リュウのこのような姿勢は、自身のアイドルとしての哲学にも反映されているようだ。

2019年、リュウは蜜蜂少女隊の活動中に、ストリートダンスバトル番組『这!就是街舞2(Street Dance of China 2)』に出演した。中国各地からストリートダンスを極めるダンサー400名が集まり、リーダー役の芸能人の前で持ち前のダンスを披露する。そして、400名の参加者が100名に絞られるというのが1回目の放送だった。

「リュウ・ユーシンです。蜜蜂少女隊のメンバーです。歌手なんですが、ずっとダンスを続けています。今日はポップダンスを披露します」

リュウがリーダーの前でそのように自己紹介すると、周りで見ていたダンサーからは「アイドルは眼中にない。今回ここに集まっているのはレベルの高いダンサーたちなので」「アイドルってただ顔がいいだけで、実力なんてないでしょ」など、「アイドル」に対する辛口なコメントが飛んだ。

「別に気にしていないです。もともと、肩書きはダンサーではありませんから。ただ私のダンスを披露するだけです」

リュウはそう語り、準備していたポップダンスを披露した。彼女の踊る姿を目にし、一気に態度が変わるダンサーたち。「なんか持ってるじゃん」「かっこいい」。リュウは順当にその次のステージに上がった。

『这!就是街舞2』初回放送の模様。映像冒頭でリュウがポップダンスを披露している

─リュウさん自身は「アイドル」という存在をどう捉えていますか?

リュウ:アイドルは中国語でいう「偶像」です。「偶像」とは自分が目指す模範的な人のことです。

私自身はこれまでもずっと、アイドルをただの「歌って踊れるパフォーマー」だと思ったことはありません。自分に正直で、学び続ける姿勢、そして、自分の目標に向けて努力を惜しまず、自分の経験から人々を励まし激励できる。それが真の意味での「アイドル」なんじゃないかと思っています。

写真提供:Idol youth

リュウを15歳から知る人物が語る。「彼女は予感どおり、新世代のスターになった」

非常にストイックなアイドル像だが、リュウはこれまで、自身が語る「アイドル」に相応しいメッセージを番組などで発してきた。その一言、一言がファンの間では「刺さる」として語られている。一部を紹介しよう。

「私はこれまでずっと孤独でした。孤独だからこそ、自分が何者なのか、何をすべきなのか、はっきりとわかるんです」

「人生にはたくさん、どうすることもできないことがある。でも、すべて上手くいくと信じています」

「自分を疑わないで。タイミングが合わないときもあるから」

「まず自分の不得意なことをする。この先、自分の得意なことはできるから」

「その時々で、誰かが励ましてくれるとは限らない。時には自分で自分を追い詰めないと」

私自身、2018年にダンスバトル番組でリュウのことを知ってから、彼女の出演する番組やインタビューを追ってきた。彼女のパフォーマンスだけでなく、自分らしさを忘れず、困難に直面しても諦めないという姿勢には惹かれるものがある。そんな人々からの視線にリュウ自身も自覚的だ。

─リュウさん自身、自分が多くの人に支持される理由は何だと思いますか?

リュウ:きっと、私の姿に自分自身を重ねている人が多いのかもしれないですね。

─日本でもそうですが、中国でも女性アイドルにとって「年齢」が障害になるという偏見が、課題としてあるのではないでしょうか。10代からすでに長いキャリアを持つリュウさんは、そのことについては、どのように考えていますか?

リュウ:いくつになっても、堅実で安定的な意味ある人生であれば、価値があると思っています。年齢ごとにそれぞれ違うことができますし。現状に合ったやり方でかたちにすればいいんです。気づきを忘れずに、学び続ける。やりたいことがあれば、年齢は関係なく、どんなこともいつ始めても遅くはないですから。

─リュウさん自身、まだ実現できていないことで、今後チャレンジしてみたいことはありますか?

リュウ:やりたいことはじつはすごくいっぱいあるんですよね。ゆっくり実現しているという感じです。自分のファッションブランドを立ち上げたい、というのもそのうちの一つですね。

リュウ・ユーシン(右)。2020年に放送された番組『潮流合伙人2』の出演者たちと。芸能人だけでセレクトショップを運営するというリアリティー番組。普段の歌やダンスのステージとは違うリュウの一面が見えた。番組でも「いつか自分のブランドが持てたら」と語っていた 写真:THE9-刘雨昕オフィシャルWeiboより

今回、リュウを15歳から知る人物にも話を聞いた。

前述の『舞林争霸』『这!就是街舞』など中国のダンス番組で長年アーティスティックディレクターを務めてきたファン・ジュン(方俊)だ。現在準備中の新しいダンス番組でも、リュウとふたたび仕事をしており、彼女のことを知り尽くした人といえる。

「初めて彼女に会ってダンスを見たときは、『とんでもない子だ。将来きっと有名になるだろうな』と予感しましたね。そして、彼女はその予感どおり『新世代のスター』になりました。でも、彼女の成功というのは偶然ではなく、彼女自身が一歩一歩努力を惜しまずにやってきた結果なんです」

「彼女の一番の大きな変化は『より成熟した』ということでしょうか。すでに高いポジションにいるにもかかわらず、未だにキャリア初期のころと同様に、ダンスや芸術に対する真剣な姿勢を忘れていないというのは本当に素晴らしいと思います。

もしかしたら、以前よりももっと真剣になっているかもしれないです。有名になると外からの色々な声に左右されてしまう人も多いなか、彼女にはそういう部分はまったく見られないですね」

犬好きとしても知られるリュウ。日本の読者に向けて中国のおすすめスポットを尋ねると「私の地元、貴陽の歴史ある街並みですね。また、地元の工芸の刺繍は本当に素敵なんですよ。ハンドメイドの刺繍とか銀製品はどれも私のお気に入りです」との答えが返ってきた 写真:THE9-刘雨昕オフィシャルWeiboより

14歳のとき、リュウが初めて出演したテレビ番組『向上吧!少年』で母親とインタビューに答える映像が残っている。自分の娘がショートヘアで男の子のような風貌になり、男性チームでダンスを踊っていたことに納得がいかない母親。「女の子は女の子らしく、男の子は男の子らしくなきゃね。リュウがこんな風になっちゃうなんて、自分の娘なのか信じられないくらいです」。

それに対しリュウは「女の子だからってみんな、ロングヘアじゃなきゃいけないとは思いません。自分に素直でいいと思うんです。男の子っぽくてもいい」。それでも、自分の娘の外観を受け入れられない母親に対し、「お母さんに心配をかけているから、これからは女の子らしくなります」と涙を見せながら当時は語っていた。

あれから10年。現在24歳のリュウ・ユーシンは、依然、自分に嘘をつくことなく、ショートヘアにパンツルックでステージに立ち続けている。貫いているのは、彼女にとっての「自分らしさ」だ。そして、これまでの挫折や人々からの偏見の眼差しをものともせず、多くの若者が憧れるアイドルになった。いまの時代が必要とする、新世代のアイドルが誕生した。

─出身地の貴陽市を離れてから今年で12年目ですが、いまの自分は地元を離れたときになりたいと思っていた自分になっていますか?

リュウ:そうですね、なりたいと思っていた自分になっていると思います。ずっと上を目指して頑張ってきましたから。でも、まだたくさんの「理想」というのがあって、ゆっくり実現できればいいなと思っています。



フィードバック 47

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 異色のアイドル、リュウ・ユーシンが中国新世代スターになるまで

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて