本場顔負け! NYと福岡に住むライターがおすすめする、福岡のコーヒーショップ5選(エスプレッソ編)

7年前にニューヨークに行った時、コーヒーのあまりの美味しさに感動しました。それは「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる、厳選された豆を使ったクオリティの高いコーヒー。私・的野裕子は、6年前から福岡とニューヨークの2拠点生活をしています。年の半分を過ごすニューヨークでは、ほぼ毎日コーヒーショップに通い、その備忘録としてブログ「New York Hobo Coffee Life」を始めました。
私の地元福岡にも、ここ数年スペシャルティコーヒーの専門店も増えはじめています。今回はエスプレッソが飲めるお店に絞って、個性的で魅力的な福岡のコーヒーショップ5店を選んでみました。私がニューヨークでその美味しさに惹きこまれたように、福岡でもスペシャルティコーヒーの美味しさを体験してみてください。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

福岡のコーヒー屋さん5選(ドリップ編)

Manu Coffee

福岡でエスプレッソが飲めるインディペンデントなお店と言えば、Manu Coffee(マヌコーヒー)は外せない。

2003年、今のスペシャルティコーヒーのブームが起こる前にオープンしたManu Coffee。その後、同年10月に舞鶴店(現在はMoment Coffeeに引き継ぎ)、2011年に大名店、2013年に柳橋店、そして2016年3月には承天寺店もオープンした。福岡のスペシャルティコーヒーショップの中では、昔から今も変わらず存在感がある。

店内には、壁にアート作品が掛かっていたり、PlacerWorkshopの野生蘭がディスプレイされていたりと、個性的なインテリア。それでいて妙に落ち着くのは、昔ながらの喫茶店のような低いソファとテーブルや、うどん屋のようなカウンターとイスがあるからだろう。独特なセンスと懐かしさが同居して、居心地のいい空間になっている。

本格的なコーヒーを出しているのに敷居の高さを感じさせないのは、働いている人たちが醸し出す「ゆるい空気」のお陰もある。こだわりを持ち過ぎず、いい意味で「ゆるく」やるのがManu Coffeeらしさ。

波佐見焼のマルヒロとコラボしてコーヒーカップをつくったり、福岡のクリエイティブレーベルOIL WORKSとミックスCDを出したり、投げ銭ライブやヨガ教室などのイベントも開催する。ここにくれば九州・福岡のカルチャーと今の空気が感じられる、とても福岡らしいコーヒーショップだ。

【閉店】manu coffee 承天寺店
住所: 福岡市博多区博多駅前1-7-9 1F
電話: 092-414-1305
営業時間: 11:00 - 20:00(変更予定)
定休日: 不定休
※他に春吉店、大名店、柳橋店、クジラ店あり

REC COFFEE

REC COFFEE(レックコーヒー)は、いつ行っても、常にハイクオリティで美味しいコーヒーが飲める。現在、福岡市内に路面店が2店舗あるが(4月に博多マルイ店がオープンすると3店舗)、スタッフは何人もいて、毎回同じ人が淹れているようには見えないので、一体どうやってクオリティを保っているのか疑問だった。

REC COFFEEには、2年連続で日本のバリスタチャンピオンに輝いた岩瀬由和さんがいる。当然その技を直伝しているのだろうと思いきや、「うちにはマニュアルはないんですよ」と言うので驚いた。その代わり、独自のバリスタ試験があり、それにパスした人しかREC COFFEEのバリスタにはなれないという。

岩瀬さんがバリスタの競技会に参加するのは、優勝を狙ったり、利益を追求するのが一番の目的ではない。競技会に向けて準備をする間は、組織としてのあり方やコーヒーとの向き合い方を見つめ直し、再定義する。その過程を社員みんなで共有することで、岩瀬さんが今どんな味を求めているのか、他の社員も理解していく。それが、誰が淹れても美味しいコーヒーが飲める理由だった。

「エスプレッソは、初めて飲む人が一口飲んで“うまい!”と言うものではないのはわかっている」と岩瀬さんは言う。バリスタが持てる技術を尽くし、良質の豆を、最高の方法で抽出したもの(カップ)がすべて。けれど、それを飲んだお客さんが美味しいと感じなければ完璧じゃない。だからREC COFFEEは、お客さんが美味しいと感じるコーヒーを提供したくて、ルールやしばりを設けずに、いつも柔軟な姿勢でコーヒーと向き合っている。

REC COFFEE 県庁東店
住所: 福岡市東区馬出1-10-3 1F
電話: 092-643-6266
営業時間: 8:00〜21:00(平日)、9:00〜21:00(土日)
定休日: 不定休
URL:http://rec-coffee.com/
Instagram:https://www.instagram.com/rec_coffee/
Facebook:https://www.facebook.com/rec.coffee
※他に、薬院駅前店、博多マルイ店、天神店、表参道ヒルズ店あり

TAGSTÅ

TAGSTÅ(タグスタ)がオープンした2012年、イスのないコーヒースタンドは福岡では珍しかった。海外にはコーヒースタンドやエスプレッソバーはたくさんあるが、基本的にコーヒーを飲んだらサッと立ち去るようにできている。TAGSTÅにも、そんなスタンドらしい利用客はいるけれど、ここにはイスもないのに2時間いるお客さんもいる。

その理由はもちろん居心地がいいから。スタンドとはいえスペースは広めだし、何といっても奥にはギャラリーがある。壁をギャラリー代わりに使うコーヒーショップはあっても、ここまできちんとしたギャラリーを併設しているショップはあまり知らない。美術館やギャラリーが少ない福岡でTAGSTÅは、若手アーティストや話題の作家の作品を気軽に見ることができる、貴重な空間を担っている。

オーナーの橋口靖弘さんはTAGSTÅの前に、福岡で「ダーラヘストカフェ」という北欧スタイルを打ち出したカフェを6年ほどやっていた。そのカフェをオープンした2003年に購入したエスプレッソマシンは今でも顕在。エスプレッソ系の定番ドリンクはひと通りあるけれど、あえてオススメしたいのは「ホワイトベルベット」など、他にはないコーヒードリンク。こちらも前のカフェ時代から13年以上変わらぬメニューで、TAGSTÅの代表的メニューになっている。

私は初めてTAGSTÅに行った時「なんだか外国っぽい店だな」と思った。シンプルで格好良いし、日本ではあまり見たことがない雰囲気。橋口さんは、インテリアも、ギャラリーの展示も、店に関するあらゆることを「何でもありにしない。できるだけ削ぎ落としている」と話す。削ぎ落とすというのは、本当に残したいものを極限まで考え抜く作業。そうやってつくられたからこそ「どこにも似ていない」お店なったのだろう。

TAGSTÅ
住所: 福岡市中央区春吉1-7-11 1F
電話: 092-724-7721
営業時間: 7:00-20:00
定休日: 不定休
Instagram:https://www.instagram.com/tagsta01/
Facebook:https://www.facebook.com/TAGSTAxx/

ECRU.

エスプレッソベースのラテやカプチーノは好きでも、エスプレッソは苦手という人は多い。そんな人もすんなりと飲めそうなのが、ECRU.(エクリュ)のエスプレッソ。ここのエスプレッソはスッキリとしてかなり飲みやすい。

その飲みやすさの訳は、オーナー原田達也さんが信頼する糸島のロースターが焙煎するシングルオリジンの豆と、彼の確かな技術があるから。元々美容師だった原田さんは、お酒に魅せられてバーテンダーになろうと、美容師を辞めてバーや飲食店で経験を積んだ。そんな中でコーヒーにも出会い、エスプレッソの深い魅力にはまっていく。そして、十分な経験と技術的な裏付けを確立してから、スペシャルティコーヒーと自然派ワインの専門店として2010年にECRUをオープンした。

コーヒーとお酒のお店にしたのは、どちらも原田さんが毎日飲んでいるものだから。日常的に飲むものが、それまでの日常になかったようなクオリティの高いものであれば、日常=生活が豊かになるはず。だから、コーヒーだけでなく、ワインも厳選したナチュラルなものだけを扱っている。

「コーヒーとお酒には真摯に向き合いたい」という姿勢の表れとして、原田さんは毎日ネクタイをしてお店に立つ。フードメニューはほとんどなく、コーヒーとワインだけのスタンドタイプのお店なので、敷居が高いと感じる人もいるかもしれない。しかし、その敷居を乗り越えたガラス一面のドアの先には、軽やかでソリッドなコーヒーとワインが待っている。

ECRU.
住所: 福岡市中央区天神3-4-1
電話: 092-791-6833
営業時間: 12:00-24:00
定休日: 日曜
URL: http://www.ecru-fukuoka.com/
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_fukuoka/
Facebook: https://www.facebook.com/ECRU.tenjin/

ÉTOILE COFFEE

コーヒーのグレードはピンからキリまである。昔から日本にはコーヒーを楽しむ文化はあるけれど、コーヒー豆の生産国から遠いので、これまであまりグレードの良いものが流通していなかった。そこで「日本の人がまだ知らないコーヒーの美味しさを伝えたい」と、オーナーの山口美奈子さんは2015年にÉTOILE COFFEE(エトワールコーヒー)をオープンした。

ÉTOILE COFFEEは一見、街によくあるお洒落なカフェに見える。しかし、中に入ってみると、ドリンクメニューはコーヒーのみ。抽出方法はエスプレッソとフレンチプレス、出てくるコーヒーの味は本格的と、なかなか硬派なお店なのだ。

それもそのはず、山口さんはジャパンバリスタチャンピオンシップに何度も参加したことがあり、さらに3年連続で同大会の審査員をつとめた経験を持つ。審査員というのは、全国のトップバリスタたちが提供するものをジャッジする役割。それができるということは、山口さんの実力も推して知るべし。本格的なコーヒーが出てくるのも納得である。

ただ、そんな実力や、スペシャルティコーヒーの専門店だということは、あまり前面に打ち出していない。山口さんは、そういう先入観を取っ払って、スペシャルティコーヒーを味わってもらいたいと思っている。気軽に入れる街のカフェ的な雰囲気だからこそ、何気なく出されたカップの味がよりいっそう際立つ。

ÉTOILE COFFEE
住所: 福岡市中央区平尾2-2-22
電話: 092-531-5922
営業時間: 10:00〜16:00
定休日: 月日祝
URL: http://ameblo.jp/etoilecoffee/
Instagram: https://www.instagram.com/etoilecoffee3.7/
プロフィール
的野 裕子 (まとの ゆうこ)

フリーランスライター、翻訳家。「ライフハッカー[日本版]」「greenz.jp」「フォーブス ジャパン」などオンラインメディアを中心に活動。2010年よりNYと福岡の2拠点生活を続けている。NYのコーヒーショップをめぐるブログ「New York Hobo Coffee Life」も運営中。2015年にはブログをまとめたzine「NEW YORK COFFEE SHOP JOURNAL」も発行した。

TAGSTÅ
住所 : 福岡県福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
営業時間 : 7:00~20:00
定休日 : 不定休
電話番号 : 092-724-7721
最寄り駅 : 渡辺通駅
Instagram : https://www.instagram.com/tagsta01/
Facebook : https://www.facebook.com/TAGSTAxx/
manu coffee 承天寺店
住所 : 福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-9 駅前1丁目ビル1F
営業時間 : 月〜土 07:00〜17:00
定休日 : 日曜日
電話番号 : 092-414-1305
最寄り駅 : 祇園駅
ECRU.
住所 : 福岡県福岡市中央区天神3-4-1
営業時間 : 12:00~24:00
定休日 : 日曜
電話番号 : 092-791-6833
最寄り駅 : 天神駅
Webサイト : http://www.ecru-fukuoka.com/
Instagram : https://www.instagram.com/ecru_fukuoka/
Facebook : https://www.facebook.com/ECRU.tenjin/


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 本場顔負け! NYと福岡に住むライターがおすすめする、福岡のコーヒーショップ5選(エスプレッソ編)

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて