日米の魅力が交差する、宜野湾のおすすめスポット5選

沖縄本島の中南部に位置する宜野湾は、「ファニチャーストリート(家具屋通り)」としても知られている国道58号線や、外国人住宅を改装したショップ、そしてトロピカルビーチのある海浜公園など魅力的なスポットに恵まれたエリア。アメリカンビレッジがある北谷とも隣接しており、沖縄に行くならぜひ訪れてみたい場所のひとつです。今回はそんな日米の魅力が織り混ざった宜野湾から、おすすめのスポットを5つ紹介します。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

こだわりの空間でヴィンテージ品をじっくり楽しむ『STOMP』

『STOMP』は国道58号線沿いにある、輸入家具や雑貨、ヴィンテージウエアなどを取り扱うセレクトショップ。アメリカだけでなくフランスやドイツなど、ヨーロッパからも買い付けをおこなっています。

商品だけでなく、陳列棚もアンティークのものが使用されていたりと、店内にもみどころがたっぷり。ローカルならずとも、旅行者も時間をかけて隅々まで楽しみたい、アンティーク好きには必見のお店です。

STOMP
住所:沖縄県宜野湾市大山1-5-23
営業時間:11:00〜20:00
定休日:金曜日
電話番号:098-897-5541
Webサイト:http://stompraggedglory.ti-da.net/

アンティークの品揃えにコレクターも注目『USA FURNITURE』

国道58号線を『STOMP』から宜野湾海浜公園方面に1.5キロほど進むと、アメリカのアンティーク・ヴィンテージ品を扱う『USA FURNITURE』を見つけることができます。

コレクターも訪れるというお店にはオーナーが買い付けた家具や雑貨がずらりと並び、異国情緒あふれる空間が。ソファーや椅子、テーブルなど大きなものから、リペア品まで様々な家具が並ぶ中、コップなどの小物類はお土産にもおすすめです。

USA FURNITURE
住所:沖縄県宜野湾市大山6-2-1
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
電話番号:098-898-0234
駐車場:お店にご連絡ください
Webサイト:http://usedfurniture.ti-da.net/

生産者にも環境にも優しい、ローフード&ヴィーガンカフェ『plant-HOLIC』

『USA FURNITURE』からさらに2キロほど進み、パイプライン通りから少し入ったところにあるのが、2017年にオープンしたばかりのローフード&ヴィーガンカフェ『plant-HOLIC』。

アメリカ西海岸でも人気のコールドプレスジュースや、味にも素材にもこだわったランチやスイーツを提供しています。営業時間も9時からなので、朝から活動したい人にも嬉しいところ。環境にも配慮した優しい食で、体をリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

plant-HOLIC
住所:沖縄県宜野湾市嘉数4-17-15
営業時間:水〜土9:00〜18:00
定休日:日、月、火
電話番号:080-3626-0880
駐車場:あり
Webサイト:https://www.facebook.com/plantholic/

「飲む」を追求した器と飲み物のお店『LIQUID』

『plant-HOLIC』から1キロほど離れた宜野湾市の嘉数エリアに、「飲む」という行為に焦点をあてたお店『LIQUID』があります。

『plant-HOLIC』と同じく2017年にオープンしたこちらのお店は、外国人住宅をリノベーションしており、お店のミニマルな佇まいも魅力的。店内で販売している器を喫茶や軽食で実際に使用するという贅沢な体験も、ぜひ楽しんでみてください。

LIQUID
住所:沖縄県宜野湾市嘉数1-20-17 No.030
営業時間:10:00~17:00
定休日:水、木曜日
電話番号:098-894-8118
駐車場:あり
Webサイト:http://www.liquid.okinawa

沖縄の自然を感じる色鮮やかなテキスタイル『Taion』

最後にご紹介するのは『LIQUID』の3キロほど東にあるギャラリー兼ショップ『Taion』。

アーティストのLee Yasumitsuさんが沖縄のコントラストに影響を受けてデザインした、ビビッドで美しいシャツ、ワンピース、バッグ、財布などを販売しています。身につけると自然と元気がわいてくるようなエネルギッシュな作品は、プレゼントにもオススメ。WEBショップからは、通販も可能なので、気になる人は合わせてチェックください。

Taion
住所:沖縄県宜野湾市宜野湾3-1-3
営業時間:12:00〜18:00(木・金・土・日)
定休日:月〜水
電話番号:098-893-0194
駐車場:あり
Webサイト:http://taion9.com

今回ご紹介した5店舗のうち2店舗が、2017年に新しくオープンしていることからもわかるように、宜野湾は今注目しておきたい、勢いのあるエリア。国道58号線の「ファニチャーストリート」のような歴史あるスポット以外にも、注目を集めるお店がこれからどんどん増えていくかもしれません。



フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 日米の魅力が交差する、宜野湾のおすすめスポット5選

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて