2018年版、福岡に行ったら買うべきお土産5選

空港から中心地まで、地下鉄を使えば約10分で行き来できる最強の立地、福岡。だからこそ旅の最後にプラスもう一軒、福岡らしさを感じられるお店に立ち寄ってみてはいかがでしょう? そこでぜひ、福岡の「今」を感じるお土産をゲットしてみてください。今回は、グルメ、ファッション、カルチャーの観点から、HereNowがオススメする福岡ならではのお土産を紹介します。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

福岡在住のアーティストが描く、『BINGO BONGO』のフクオカTシャツ

HereNow福岡版のキュレーター、宮野秀二郎さんが営むアパレルショップ『BINGOBONGO』。今年で17周年を迎える同店は、福岡のアイコニックなショッピングスポットであり、最近はキッズ服を求めてオープン直後からヤングファミリーが殺到するお店。

そんな『BINGOBONGO』から、この夏の福岡土産にオススメしたいのが、「福岡」をテーマにしたオリジナルTシャツ、その名も「フクジャンTシャツ」! 「ベトジャン(ベトナムジャンパー)」をオマージュした、「福岡」の「福」の字と、地形のシルエットをプリントしています。4年前から毎夏発売し、今では福岡の夏の風物詩的アイテムとなっています。

イラストを手掛けるのは、福岡在住のイラストレーター・トーヤメグさん。ポップなタッチと色彩、どこか毒っぽい表現が可愛らしく、クリエイターやアーティストからのオファーが絶えない人気イラストレーターです。今年の「フクジャンTシャツ」のイラストは、トーヤメグさんが好きなアメリカ映画やドラマからインスピレーションを受けて描いた「宇宙」がテーマだそう。「18」と「19」の数字は、2018年と2019年の年号を表しています。

Tシャツはキッズサイズもあるので、家族や友人へのプチギフトに贈るのも面白そう。大人用はS〜XLまでのユニセックスなサイズ展開となっています(両面プリント4,320円、片面プリント3,500円)。

ちなみに、『BINGO BONGO』が手がける音楽レーベル『GIMMICK MAGIC』所属のミュージシャンであり、2018年のSXSWにも出場したことで知られる「Attractions(アトラクションズ)」のオリジナルグッズも、福岡ならではのアイテム。通常はツアー会場でしか販売されない「タオル」や「マグカップ(ともに1,620円)」、「ソックス(1,080円)」、「キャップ(5,400円)」を、特別に販売しています。音楽とともに、福岡らしさを持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

BINGO BONGO
住所:福岡県福岡市中央区大名1-1-26
電話番号:092-716-2658
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし

普段使いから旅行時まで。マルチに活躍する『NO COFFEE』のグッズ。

「福岡に来たなら行っておくべき!」と、県外や海外の旅行客がわざわざ訪れるコーヒーショップ『NO COFFEE』。どこを切り取っても絵になるグレー一色の店内で、バイカラーの「抹茶ティーラテ with エスプレッソ(550円)」を片手に、小洒落た写真を撮るのが旅行客のお約束となっています。

オーナーの佐藤さんは、前職のアパレル会社やおもちゃメーカーで培った経験を活かし、『NO COFFEE』オリジナルグッズを多数展開。モノトーンのカラーリングに、ガツンとロゴを配したデザインがインパクト大! スマホケースやタンブラーは発売されるたびに即ソールドアウトという状況で、コーヒーだけでなくグッズも根強い人気を誇っています。

その名の通り、お土産にぴったりな「スーベニアトートバッグ(1,200円)」のブラックはウェブショップでも購入可能ですが、ホワイトは店頭のみの販売(バッジは別売り)。A4サイズの資料がすっぽり入るから、通勤・通学のセカンドバッグにも重宝しそうです。

また旅行好きにチェックしてもらいたいのが、福岡のステーショナリーブランド『HIGHTIDE』に別注した「ガセットポーチ(S 600円、M 800円、L 1000円)」。間口と底の部分が広めでたっぷり入るし、サイズごとに小分けすると見た目にきれい。例えば、Sサイズをカードやリップ&ミラー入れに、M〜Lサイズをパスポートや資料入れに使う人も多いようです。そのほかにも、「キーチェーン(700円)」、「ラバーキーチェーン(500円)」、「コインケース(800円)」など、ちょっとしたお土産にグッドです。

NO COFFEE
住所:福岡県福岡市中央区平尾3-17-12
電話番号:092-791-4515
営業時間:火-金 10:00~19:00、土日祝 10:00~18:00
定休日:月曜、第2・第4火曜
URL:http://nocoffee.net/

贈り物にも大好評! 『山響屋』の愛嬌のあるダルマたち

アパートの一室を使った、郷土玩具と民芸品の店『山響屋(やまびこや)』。店内には、九州をはじめ、全国各地の郷土玩具や縁起物のオブジェが所狭しと並び、元気とご利益をもらえるパワースポットのようなお店です。

棚にびっしり並ぶアイテムは、どれも店主・瀬川信太郎さん全国津々浦々の生産者を訪ね、顔を合わせてセレクトしたもの。「古き良きものを現代に継承したい」と話す瀬川さんは、店主業の傍ら、ダルマにオリジナルの絵を描く絵師としても活躍しています。

1000点にも及ぶ民芸品は、すべて各地の職人の手作業で作られていることから、1点1点カタチや絵柄が微妙に異なり、世界に一つだけの可愛らしい表情をしているのも嬉しいところ。

特に注目してほしいのが、各地方のダルマのコレクション。製法や絵付けのデザインなどの手法が、地方によって実にさまざまで、その興味深い生産背景は、店主から教えてもらうことができますよ。HereNowイチ押しのダルマをあげるなら、キュートなしかめっ顔の「ヤチコダルマ」。白いソックスの3体が並んだ「パレード(2,700円)」、木升の中に12ダースの極小ダルマが入った「達磨いちダース(2,916円)」など胸キュンのラインナップとなっています。

ちなみに非売品ですが、上記のようなストリート色の強いダルマも! このように、伝統工芸品である郷土玩具に「今」の感覚を吹き込んだ作品が並び、それが『山響屋』の見所となっています。縁起のいいジャパニーズ・フォークアートを求めて、ぜひこのディープな空間を覗きに行ってみてください。

山響屋(やまびこや)
住所:福岡県福岡市中央区今泉2-1-55 やまさコーポ101
電話番号:092-753-9402
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日
URL:http://yamabikoya.info

ホリエモンプロデュース! 『三原豆腐店』の「豆腐生チョコ」

佐賀で59年続く老舗豆腐店が手掛ける『三原豆腐店』。2012年に西中洲に豆腐料理店をオープンするや否や、食通の間で話題となり、「予約が取れない店」と呼ばれるほど大人気に。木造りのオシャレな空間の中で“豆腐の真の美味しさ”を体感できて、シンプルな豆腐料理からアレンジが光る創作豆腐料理まで存分に楽しめます。

そんな繁盛店が2016年に新たに「豆腐生チョコ」を発表。口コミやネットで評判が広がり、瞬く間にヒット商品になりました。ここで注目すべきキーワードは3つ。1つ目は、この商品はホリエモンこと堀江貴文さんプロデュースによるもの。パッケージもスタイリッシュかつ高級感があるので、男性へのプレゼントにもばっちりハマりそう。

2つ目は「ハーフ&ハーフ」。豆腐50%、チョコレート50%の配合だから低カロリー&低脂質なのです。砂糖を使わず国産蜂蜜を使うことで深みをプラスし、生クリームの代わりに無調整豆乳を使用しています。

そして3つ目は、老舗豆腐店の素材力。「豆腐生チョコ」の材料となる、絹ごし豆腐と無調製豆乳には、本社のある佐賀県鹿島市で育った大豆「ふくゆたか」を100%使用しています。大豆本来の甘味と風味がコクを与え、一般的な生チョコに比べて口当たりが滑らかで、後味はすっきり。 「豆腐生チョコ(ベーシック1,296円、抹茶1,404円、ラムレーズン1,404円、ピスタチオ1,404円※冷凍保存状態でのお渡し)」は、オンラインのほか、『三原豆腐店』の店頭で購入できますので、気になる方は、ぜひお立ち寄りを。

三原豆腐店
住所:福岡県福岡市中央区西中洲3-19
電話番号:092-731-1108
営業時間:17:30~24:00(ラストオーダー23:30)
定休日:日曜日

立ち呑みして気に入ったボトルを即購入!『とどろき酒店 薬院Stand!』

今、福岡では立ち呑み専門店が増え、老若男女が集う人気スポットとなっています。その中でも『とどろき酒店 薬院Stand!』は、セレクトが秀逸で、店主・轟木(とどろき)渡さんが全国から集めた個性豊かなお酒が揃い、県外客を含めリピーターが絶えない話題のお店です。

角打ちスペースを設けた薬院店では、夕方16時から立ち呑みが可能。日替わりの自然派ワインと旬の日本酒、焼酎、クラフトビールをカジュアルに楽しめて、気に入ったお酒があれば、その場で購入できます。ワインだけで250種類以上、日本酒は100種類以上、焼酎は50種類以上揃うので、「コレ!」と思った1本を選び出しましょう。

そして迷った時はこちらを! 『とどろき酒店』オリジナルの日本酒と自然派ワインです。写真左の純米酒「TAMA(720ml 1,300円〜)」は、穏やかな香りを放ち、ほどよい甘味と旨味が食中酒にベストマッチ。写真中央の可愛いラベルは、福岡県産のロゼ色の辛口白ワイン「ローズ・ボッサ2017(720ml 2,354円)」で、ブドウ狩りからタンクに入れまで店主とスタッフ全員で行い、無ろ過で瓶詰めしたものです。

もしタイミングが合えば、毎年7月7日から販売される日本酒である、写真右2つの「CO2」シリーズを。売り切れ次第終了となりますが、夏から秋にかけての期間限定商品で「三井の寿(福岡)」、「庭のうぐいす(福岡)」「東洋美人(山口)」、「土佐しらぎく(高知)」の4つの酒造による、4種類の微発泡生日本酒となっていて、夏にぴったりのシュワシュワ感が爽快! 日本酒の美味しさの新発見にもなるし、福岡土産として喜ばれること請け合いの一本です。

とどろき酒店
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-30
電話番号:092-753-8311
営業時間:12:00~21:00(立ち呑みは16:00~)
定休日:日祝日、最終月曜
URL:http://todoroki-saketen.com/


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 2018年版、福岡に行ったら買うべきお土産5選

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて