個性的なお店が集まる街・解放村のブックショップ案内

緑莎坪(ノクサピョン)駅から少し歩いたところにあるのが、ソウルの新旧が交差するエリア・解放村(ヘバンチョン)。道路を挟んで向かいにある経理団通り(キョンニダンキル)と共に、近年新しい店が続々登場しているホットなスポットです。 解放村はもともと、北朝鮮出身の人たちが住む昔ながらの町だったのですが、賃料が安いことから、ここ数年で個人経営の面白いカフェやショップが相次いでオープン。なかでも、今ソウルで空前の盛り上がりを見せる本屋ブームもあいまり、個性的なブックショップが集まっていることで話題となっています。そんなインディペンデントなブックショップを巡る、解放村の紹介です。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

新興漫房(シヌンマンバン)/ 신흥만방

おしゃれな飲食店が密集する解放村のメインストリートをまっすぐ進むと、坂の突き当りに、韓国のシンガーソングライターのイ・ランが描いた、猫の「ジュンイチ」の看板が現れます。このお店こそが、望遠洞(マンウォンドン)にも店舗を持つ漫画喫茶『新興漫房(シヌンマンバン)』です。

コーヒーやクラフトビールを飲みながら、好きなだけ漫画が楽しめるこのお店。韓国で出版された漫画がずらりと並び、現地の漫画事情を知るのに最適です。マニアックな日本の漫画まで韓国語に翻訳されていることに驚く人も多いはず。韓国語を勉強している人なら、良い教材になるでしょう。店内は静かで心地よく、漫画を読まずにパソコンで作業をしている人の姿も。

『新興漫房』のオーナーは、10年以上活動するロックバンド・ヌントゥゴコベインのフロントマン。オープン時にはここでインディーミュージシャンによるライブイベントも行ったそうです。「商業主義的ではない、小さいお店が多いのが解放村の魅力」とオーナーは言います。かつての弘大エリアにはたくさんあっただろうと思わせる、DIY精神あふれる素敵なお店です。

新興漫房
住所:ソウル特別市龍山区新興路12キル1 2階
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街26-9 2階
営業時間:13:00~24:00
定休日:なし
電話番号:02-790-1014
最寄り駅:緑莎坪駅

コヨソサ / 고요서사

『新興漫房』からさらに150メートルほど坂を上り、さらに左折。お店がほとんどない住宅街の坂道を100mほど進むと、スタイリッシュな小さな書店が現れます。ここが解放村を代表するブックショップのひとつ、『コヨソサ(고요서사)』です。

2015年にオープンした『コヨソサ』は、文学を中心に扱うセレクトブックショップ。小さな空間を生かした、魅力的な棚の陳列が目を引きます。外国からの旅行客には、絵本のコーナーがおすすめ。オーナーが厳選した大人向けの絵本は、お土産にも良さそうです。

オーナーは「人が生活する町」であるこの解放村が気に入り、「町の書店」でありたいと『コヨソサ』をオープンしたのだとか。朗読会も行われるなど、文学の楽しさを教えてくれる本屋さんとなっています。

コヨソサ
住所:ソウル特別市龍山区新興路15キル18-4
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街20-9
営業時間:14:00~21:00
定休日:火曜日
電話番号:010-7262-4226
最寄り駅:緑莎坪駅
URL:http://blog.naver.com/goyo_bookshop

ORANG ORANG

『コヨソサ』を出て坂を登りきると、丘の上に古びた市場が。ここは『新興市場(シヌンシジャン)』と言い、空き家の多かった市場内の商店を利用して、若い人たちが続々とショップやギャラリーをオープンしている興味深いスポットです。坂をのぼるのにも疲れたところで、ちょっと休んでいくことにしましょう。立ち寄ったのは、市場の中心にあるコーヒーショップ『ORANG ORANG』です。

1960年代に建てられた古い建物をリノベーションして生まれたこの『ORANG ORANG』は、ビンテージ感あふれる雰囲気が魅力的で、レコードプレイヤーからは心地よいジャズが流れます。屋上から眺められる古びた市場の様子も、レトロな建築好きにはたまりません。

こだわりのハンドドリップコーヒーは、もちろん自家焙煎の豆を使用。新鮮なコーヒーを求めてローカルの人たちも集まるのだとか。解放村で買った本を読むのにもオススメの休憩スポットです。

ORANG ORANG
住所:ソウル特別市龍山区素月路20キル26-14
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街1-62
営業時間:11:00~23:00(日曜 ~22:00)
定休日:なし
電話番号:02-3789-7007
最寄り駅:淑大入口駅

ビョルチェクブロク / 별책부록

『新興市場』のある丘を越えて、今度はソウル駅のある方向へ坂を下っていくと、静かな住宅街にまたもや小さな書店があります。ここは解放村で人気の独立系書店『ビョルチェクブロク(별책부록)』です。2013年に弘大周辺の延南エリアにオープンした後、2015年に解放村に移転してきたそう。

この店では国内外の独立書籍、つまり個人や小さな出版社が少部数つくる本を中心に扱っており、アート・カルチャーから小説まで、様々なジャンルの本が並びます。手作り感ある個性的な装丁の本たちは、韓国語が読めない人でも楽しめるはず。

中古CDや、トートバッグや絵葉書など、アーティストが制作したグッズが並ぶのも、このお店の特徴。小さな店の隅々まで面白さが詰まっており、気になる本をめくっていたら思わず時間を忘れてしまうでしょう。

ビョルチェクブロク
住所:ソウル特別市龍山区新興路22街キル8
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街 1-184
営業時間:14:00~19:00
定休日:月曜日・火曜日
電話番号:070-5103-0341
最寄り駅:淑大入口駅
URL:http://www.byeolcheck.kr/

STORAGE BOOK & FILM

解放村散策の最後に訪れたのは、独立系書店『STORAGE BOOK & FILM』。ここは2012年に忠武路でオープンした後、2013年に解放村に移転した、韓国でも老舗の独立系書店のひとつ。韓国の本好きには有名なスポットです。

扱うジャンルは様々ですが、なかでも写真集が多いのは、写真家でもあるオーナーならでは。「STORAGE BOOK & FILM」名義で、定期的に様々な作家の写真集も発行しています。また書店内では、本を作るワークショップやカリグラフィー教室も行われ、韓国の作家や本好きを様々な角度からサポートしています。

「解放村も他のエリア同様、どんどん変化しているけど、このあたりは変化もなく、静かで気に入っています」とはオーナーの話。解放村という雰囲気のある小さな町を楽しみながら、あなたのお気に入りの一冊を探しに、足を運んでみてください。

STORAGE BOOK & FILM
住所:ソウル特別市龍山区新興路115-1
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街 1-701
営業時間:13:00~19:00
定休日:なし
電話番号:010-2935-9975
最寄り駅:淑大入口駅
URL:http://www.storagebookandfilm.com


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 個性的なお店が集まる街・解放村のブックショップ案内

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて