Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

Ken Yokoyamaが3年ぶりの新作『Songs Of The Living Dead』を10月10日にリリースした。本作はKen Yokoyamaとしての15年におよぶ活動のなかで、オムニバスに提供した楽曲やライブでのみ披露されていた未発表音源などを収録したセルフコンピレーションアルバム。The Birthdayのチバユウスケが参加した“Brand New Cadillac”など新録も5曲収録され、15年の歴史とともに、バンドの今が感じられる作品となっている。

そんなアルバムのリリースツアーを控えるなか、9月21日にドラマーのMatchanがそのツアーをもって脱退することがアナウンスされた。7年半バンドを支えたMatchanの脱退は驚きとともに報じられたが、これはKen Bandに訪れた明確な転換期の表れでもある。今回のインタビューは、そのMatchanも含めたメンバー全員で行うという異例なもの。ある種のドキュメントとして、Ken Yokoyamaの今をそのままお伝えする。

「できませんとは何だ!」ってわけにもいかないし……限界だったんだなって。(Ken)

—Matchanさんが次のツアーを最後に脱退するとお伺いしました(取材は公式発表前日の9月20日)。まずは、その経緯を話していただけますか?

Matchan(Dr):僕が一方的にメンバーに「やめたい」って言いました。7年半ずっとこのバンドをやってきて、自分の力が足りないって思う部分がどうしても出てきて。特に今年に入ってから、「ひとつのバンドとしてさらに気持ちを強く」って話をしていたんですけど、そこに僕がついていけなくなっちゃったのが一番の原因です。

—メンバーそれぞれが「3分の1」であるHi-STANDARD(以下、ハイスタ)の活動を経て、KenさんはKen Bandもそれぞれが「4分の1」であるべきだと考え、今年のアタマにミーティングをしたと、前回の取材で話していただきましたね。(参考記事:Ken Yokoyamaインタビュー バンドの弱点と熱量を問うた1年を語る)。

Matchan:その話をしてから、ずっと自問自答してたんですけど……自分の気持ちが足りてないというか、他のメンバーより弱いなと思ってしまったんです。もちろん、自分的にはこれまでも全力で挑んできたつもりなんですけど、これ以上は強くなれないと思ってしまって。そうなると、「もっと頑張ります」って言うのが、どうしても嘘になる気がして……そう考えたときに、まずKenさんに伝えました。

左から:Jun Gray、Ken Yokoyama、Hidenori Minami、Matchan

—どのタイミングで伝えたのでしょうか?

Matchan:8月のアタマくらいですね。

Ken(Vo,Gt):ザ・クロマニヨンズとThe Birthdayとのツアーの直前です。夕方に電話がかかってきて、「やめさせてもらえませんか」って。そのときの言葉の温度から、これは引き止められないなって思ったので、「わかったよ」って言いました。

—もちろん、Kenさんのなかにもいろんな想いがあったと思いますが……。

Ken:7年半の間に、何度か「やめたい騒動」があったんですよ。もちろん、一度仲間になったからには、なるべく一緒にやりたいから、その度にタイヤに空気を入れるように気持ちを入れ直してきたつもりだったんです。僕、口悪いですから、Matchanのことをすごく傷つけてしまったこともあっただろうし……ほっぺた張り合ったときもあったな(笑)。

Matchan:ありましたね、気合い入れるために(笑)。

Ken:「1回、俺のほっぺた張れ」って。そうしたら俺、アタマにきちゃって、2発返しちゃったんですけど。

Matchan:「受けるだけ」って言ってたのに(笑)。

Matchan

Ken:そういうことがこれまで何度もあったんです。ただ、僕のなかで前回お話しした「4分の1になってもらう」というのは、すごく大きなバンドの意識改革だったんです。今までは「Kenがスケジュール埋めてくれるでしょ」とか「そのうちKenが曲持ってくるでしょ」って感じだったと思うんですよ。

それは気を遣ってくれてるってことでもあるし、ありがたかったんですけど、ハイスタを経過することで、Ken Bandの意識があぶりだされたというか。そういう状態で続けるのは嫌だなって思ったんです。いい悪いじゃなくて、「なんか嫌だな」って。それに対するMatchanからの答えがあの電話だったと思うから、こっちも気持ちを持って言った以上、「できませんとは何だ!」ってわけにもいかないし……限界だったんだなって。

Ken Yokoyama

Ken Bandじゃなくて「ハイスタでいいじゃん」って思うお客さんもいるかもしれない。そういう危機感は常にある。(Minami)

—MinamiさんとJunさんにはどのように伝えたのでしょうか?

Ken:その日の夜が練習で、Matchanは2人にはまだ言ってほしくなかったみたいだったんです。「待ってください。ツアー前なんで、モチベーションが」って。でも、僕からしたら、話を聞いた以上はすぐに対応しないと、その分遅れるじゃないですか? なので、「いやいや、そんなこと言ってられない。ツアーも大事だけど、そのあとも大事だ。黙ってツアー乗り切ったからって、それが何になる?」って言って、その日の夜に話をしました。

—Minamiさんは、Matchanさんの話をどのように受け止めましたか?

Minami(Gt):Kenさんも言ったように、これまでも何回か「やめたい」っていう話はあって、ちょっと前から「次またMatchanが『やめたい』って言っても止めない」って自分のなかで決めてたんです。

もともと友達同士で「バンドやろうぜ」ってはじまったバンドじゃないし、みんな大人だし、生活もある。それに今のところは他のバンドと比べてすごくいい状況にあるとは思うけど、正直この先どうなるかはわかんないじゃないですか? 常に全員が同じモチベーションじゃないと、船が沈むこともあるかもしれない。ハイスタが再始動したことで、Ken Bandじゃなくて「ハイスタでいいじゃん」って思うお客さんもいるかもしれない。そういう危機感は常にあるので。

Hidenori Minami

Minami:もちろん、Matchanが頑張ってやってくれたら、それでよかったんです。でも、ついてこれないのであれば、同じくらいのモチベーションを持っている人を入れないとなって。その練習の日にすぐ3人で「次のドラマーは誰にしようか」って話をしましたからね。今は本当に、バンドを止めるわけにいかないんです。

—Junさんはどのように感じられましたか?

Jun(Ba):正確に言うと、練習の前にまずメールが来たんだよね。

Ken:あ、俺がすぐにメールしたんだっけ?

Jun:そう。だからみんな集まった時点で話し合いをするのは知ってたと思うんだけど、俺、実はそのメール見てなかったんです。普通にリハやるんだと思ったら、「Matchanから話がある」って。そこで初めて聞いて、「えー!」っていう。さっきから言ってるように、今までも何度かこういう話はあって、その度に「甘っちょろいこと言ってんじゃねえ」ってケツ叩いてきたんだけど、「あれ、そうじゃないんだ」ってそこで初めて気づいて。

—最初は「またいつものか」くらいの感じだったと。

Jun:「俺で大丈夫ですかね?」みたいなことを、俺にはよく話してたから、その度に「ふざけんじゃねえよ」みたいに言ってて。でも、今回はタイミング的にツアー間近だったから、「今!?」っていうのは正直思った。

Jun Gray

やっぱりメンバーの気持ちって、信じられないくらいバンドに作用するんですよ。(Matchan)

Ken:この1年は、Ken Bandとしてすごく忙しい1年だったんですよね。ナンちゃん(Hi-STANDARD、NAMBA69の難波章浩)とのスプリットがあって、セルフコンピレーションのレコーディングがあって、僕が今年一番のモチベーションにしてたザ・クロマニヨンズとThe Birthdayとのツアーがあって、次のアルバムに向けた新曲作りもはじめていて。そういうなかだったから、なおさらMatchanとしては「このタイミングで抜けないと危ない」って思ったのかもしれないですね。

Matchan:次のアルバムの制作がはじまりかけていて、レコーディングして、ツアーまでってなると、その間自分の本心を隠し続けられないだろうなって思ったんです。なので、自分でもタイミング的にはよくないと思っていたんですけど、今言うしかないかなって。

—6月から7月にかけては、NAMBA69とのスプリットツアーがありました。「PIZZA OF DEATH」のオフィシャルサイトの座談会で、NAMBA69はko-heyさんの加入による化学反応で、バンドがすごく固まったという話をされていましたよね。そういうバンドと実際に一緒にツアーを回ったことも、Matchanさんの決断に影響がありましたか?

Matchan:そうですね。NAMBA69のメンバーは難波さん以外ほぼ僕と同い年で仲がいいし、ライブも観に行ってたので、バンドが変わっていく姿をすごくリアルに感じていて。特に、スプリットツアーの前の『東北JAM』で観たときに、気持ちの部分ですごく固まってるのを目の当たりにしたんです。

「相当気合い入れないとやべえな」と思って、「負けないぞ」って気持ちで臨んだんですけど、やっぱりメンバーの気持ちって、信じられないくらいバンドに作用するんですよ。そこでそれを改めて感じて、決断するきっかけになりました。

『Ken Yokoyama VS NAMBA69』(2018年)収録曲

『Ken Yokoyama VS NAMBA69』(2018年)収録曲

—Minamiさんは、スプリットツアーでどんなことを感じられましたか?

Minami:あのツアーは自分にとってすごくいろんな意味があって、もちろんNAMBA69のことも意識していたんですけど、その一方で、僕のなかではハイスタとの戦いでもあったんです。「ハイスタの2人が一緒にやるから」という理由で観に来た人も絶対いたと思うから、その人たちに対して、Ken Bandを見せつけたかった。「ハイスタに勝つ」って、何をもって勝ちなのかはわからないけど、「まだだな」って思ったり……。

「ハイスタには勝てねえ」なんて思ってたら、やってる意味がないんです。(Jun)

Ken:勝ち負けはわかんないけど、「やれてるぜ」って実感は得たいよね。その感覚って結局、自分のなかからしか湧いてこないんです。立場は違えど、僕にとってもあのツアーはハイスタとの戦いでした。

よく公言してるように、ハイスタをやってるときはハイスタが世界一のバンドでありたいけど、Ken BandをやってるときはKen Bandが世界一でいたいんです。ここでKen Bandの存在感を示せなかったら、「ハイスタだけでいいじゃん」って思われちゃう。冗談じゃないですよ、そんなの。

『Ken Yokoyama VS NAMBA69』(2018年)収録曲

Hi-STANDARD『The Gift』(2017年)収録曲

—Junさんはいかがですか?

Jun:ハイスタのファンは「は?」って思うかもしれないけど、俺は昔から「負けてねえよ」と思ってて。実際、人気はハイスタにおよばないと思うけど、俺のなかではKen Bandのほうがかっこいいんですよ。『The Gift』がどんなにいいって言われても、俺は普通に『Sentimental Trash』(2015年発表のKen Yokoyamaの6作目)のほうがかっこいいと思っちゃう。「ハイスタには勝てねえ」なんて思ってたら、やってる意味がないんです。

Ken:……こうやって話してるとわかるように、Ken Bandにしか持ちえない、独特の憂鬱がすごくあるんですよね(笑)。

Jun Gray、Ken Yokoyama、Hidenori Minami、Matchan

—KenさんはスプリットツアーでNAMBA69に対してどのように思いましたか?

Ken:ko-heyが入ったNAMBA69がそれまでと違った空気感を持ってやっているっていうのは、ものすごく眩しく見えました。僕はそれにすごく影響を受けたかもしれないです。「ああなろうぜ」っていうんじゃなくて、根本の部分を見つめて、「やっぱり人だな」っていう。人の力が曲を輝かせるし、それがバンドだなってすごく感じたんです。ナンちゃんのところと比べて、その意識が希薄だなって感じたので、そこを今年のアタマに修正したかったんですけど……今思えば、3人にSOSを出したんだと思うんです。

—助けを求めた?

Ken:そうですね。これまで僕の発想、僕のペースでKen Bandをやってこれちゃったのが、2017年に『The Gift』を作って、ツアーをして、「ハイスタ強いぞ」って、すごく感じたんです。「あのバンドと戦うには、俺1人じゃどうにもならない。Ken Bandを助けてくれ」って、そういうSOSだったと思うんです。で、それぞれのキャッチの仕方があって、JunちゃんとMinamiちゃんはそれを受け取ってくれた。Matchanからの答えは、あの電話だった。そういうことだと思うんですよね。

Junちゃんのアイデアで「これをこのタイミングでやろう」って言ってくれたのが、すごく嬉しかったんです。(Ken)

—じゃあ、『Songs Of The Living Dead』のリリース自体は、Matchanさんの脱退が決まる前から進められていたわけですよね。

Ken:そうです。一番古い録音が14年前なんですけど、そのときから構想自体は練りはじめていたんです(笑)。じゃあ、なぜ今かっていうと、それはJunちゃんのひと言があったから。今年の計画を話してるなかで、Junちゃんが「ここしかないだろ」って言いはじめたんですけど、それって1月の意識改革の結果だと思うんです。

僕、めちゃめちゃ文句言ったんですよ(笑)。スケジュール的には結構厳しかったから、「実際曲作るのは俺とMinamiちゃんだぞ」って。でも、僕のアイデアじゃなくて、Junちゃんのアイデアで「これをこのタイミングでやろう」って言ってくれたのが、すごく嬉しかったんです。

Jun:こういう作品を出したいっていうのは、ずっと前から言ってたんですよ。で、ナンちゃんとのスプリットで新曲をほぼ使い切ったから、次の展開を考えると、今年フルアルバムを出すのはまず無理だろうと。来年には作りたいけど、「それまでリリース空くの?」って考えると、前から言ってた案をここでやるべきなんじゃないかって。

Kenは新録も混ぜて作りたいって言うから、たしかに「できんのかな?」とは思ったけど、曲作りに時間かけると、下手したら年を跨いで来年のリリースになっちゃうし、「それじゃ意味なくね? 頑張ってよ」って(笑)。

—結果的には、Matchanさん脱退のタイミングで、過去の曲をまとめたコンピレーションが出るというのは、バンドとしての明確な区切りを感じさせますね。

Ken:ジャケットがちょっとホラータッチで、墓石に「2004-2018」って書いてあるんです。区切りなんだなって、しみじみ思っちゃいましたね。これで次のドラマーが入ったら……プロフェッショナルなメンタルを持ったドラマーが入ったら、プロフェッショナルなドラマーがいなかった時期の……。

Matchan:俺はいいですけど、間接的にGunnちゃんもディスるのやめてください(笑)。

Ken:名前出したら、文字になっちゃうじゃん!「GunnちゃんとMatchan」って!

Matchan:もう言ってるじゃないですか!

—(笑)。これはちょっとヒロイックな見方かもしれないですけど、アルバムの最後にNO USE FOR A NAMEのカバー“Soulmate”が入ってるじゃないですか? 資料には「6年前に急逝したバンドのボーカリストTony Slyへの深い愛情が感じられる」と書いてあって、それもあるとは思うけど、過去のバンドメンバーに捧げられたようにも思えるなって。

Ken:そうですね。メンバーだけじゃなくて、同じ時期に一緒にしのぎを削った仲間たちも含めて、すごく象徴的な曲ですよね。歌詞の内容はまたちょっと違うけど、このタイトルはやっぱりすごく強いなって思います。

言葉にしたことはないし、チバくんは否定するかもしれないけど、妙な連帯感みたいなものはある。(Ken)

—新録の曲のなかでは、やはりチバユウスケさんが参加した“Brand New Cadillac”(原曲はヴィンス・テイラー、のちにThe Clashもカバーしている)が非常に印象的でした。

Ken:チバくんにはよくライブで、“Pressure Drop”(原曲はToots & The Maytals、のちにThe Clashもカバーしている)を一緒に歌ってもらっていたんです。で、「他の曲も一緒にやってみない?」って話をしたときに、共通項はThe Clashかなと思って、「The Clashの曲だったら何が面白いと思う?」って聞いたら、「カバーだけど、“Brand New Cadillac”かな」って言うから、「じゃあ、録っちゃおう」って(笑)。だから、「誰かボーカルを立てて、フィーチャリングでやってみよう」って発想では全然なかったんです。

—あくまでチバさんありきだったと。後半でブルースハープが出てくるところは、まさに絵が浮かぶようで、ライブを一緒にやってきた2組だからこその仕上がりだと思いました。

Ken:あそこはスタジオで意見がぶつかって、チバくんは「いらない」って言ってたんだけど、僕たちからしたら「ここで吹かないでどうする?」って。チバくんは最後の最後まで「いらないんじゃないか」って言ってましたけどね。

—これは入れて正解だと思います。

Ken:ね。まあ、チバくんは酔っ払ってましたけど(笑)。

—(笑)。The Birthdayとは先ほど話に出た3マンもあったし、昨年は2マンもありましたよね。先日の『AIR JAM』への出演も含め、近年近い距離にいる印象ですが、改めて、The Birthdayというバンドにはどんな想いがありますか?

Ken:似たような道を辿ってきてると思うんですよね。僕はHi-STANDARD、チバくんはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTで、1990年代は一緒にライブをやったことなかったですけど、すごく象徴的なバンドじゃないですか? それ以降、どう音楽と関わって生きてきたかが、僕にとってはKen Yokoyamaで、チバくんにとってはThe Birthdayだと思うんです。

なので、同志って言うと変だけど……同じ世代で、同じような道を辿っていて……言葉にしたことはないし、チバくんは否定するかもしれないけど、妙な連帯感みたいなものはありますね。

—不思議ですね。昔は決して近い場所にいたわけではないと思いますけど。

Ken:Minamiちゃんにしても、昔はKEMURIにいて、脱退して以降どうするのかを真剣に考えるなかで、今はKen Bandにいるんだと思うし、The BirthdayとKen Bandに所属してる……Matchan以外のみんなに言えることかな(笑)。

Matchan:……そういうのが意外と響くってことだけ覚えておいてくださいね(笑)。

もっとバンドになりたかったなあ!(Matchan)

—10月からのツアーがMatchanさんにとっては最後のツアーとなるわけですが、改めて、今はどんな心境ですか?

Matchan:あんまり最後のツアーだっていうのは意識せずに、いつもどおりのリリースツアーというか、そのなかでいつもみたいに楽しんだり、悩んだり……。

Ken:まだ悩んでるの?

Matchan:冗談ですよ(笑)。お客さんにもいつもどおり楽しんでもらえたらなって。

Minami:(ボソッと)みんな号泣だと思うよ。

Matchan:そういうのやめてください!

—Kenさんとしては、どんな心持ちでツアーに臨みますか?

Ken:かなり変わったツアーになるんでしょうね。アルバムの持つ性格自体変わっているし、メンバーと最後のツアーをするっていうのもなかなかないので。一度サージがやめるときに、「さよならサージ」のツアー(2008年実施の『Ciao Baby Tour』)をやったけど、あれはやめるって決まったあとに組んだツアーだったんです。

今回はそうではないので、まだ自分のモチベーションが定まらないというか……こんなこと言うと、誤解されるだろうし、怒られるかもしれないけど、やめていく人間と一緒にツアーを回るのは嫌なんです。昨日練習をしても思ったんですけど、今、Matchanと時間を過ごすのがつらいんですよ。僕たち3人とMatchanで違う時間軸を生きてる気がしちゃうんで。

—もちろん、3人としてはさらにその先も見据えているわけですもんね。

Ken:だから、7年半一緒にバンドをやったMatchanとの最後のツアーを慈しむとか、そんな感覚はまるでないんですよ。もしかしたら、ツアーがはじまったらそういう気持ちになるかもしれないけど、今は想像つかないですね。Matchanのことを悪く言うつもりはないし、お客さんに八つ当たりするつもりももちろんないけど、状態としてはそうだっていう……今はそんな感じですね。

—そもそも脱退が決まったMatchanさんも交えて、脱退発表後にこうして取材を受けていただくこと自体あまりないと思うんですけど、今日話したことをそのまま伝えさせてもらおうと思います。

Ken:「脱退」って、すごくネガティブなことじゃないですか? でも、それをちゃんと、やめる本人の口から、どういう心境だったのかっていうのを話してもらいたいと思ったんです。喧嘩別れじゃないし、僕らはMatchanが抱えてる悩みも7年半の活動のなかで重々わかっていたので、本人の口から話してもらえれば、バンドを応援してくれてる人にも納得してもらえるんじゃないかなって。なので、Matchanにこうやって出てきてもらったことは、僕もありがたいと思うし……初めてバンドだなって気がします。この7年半のなかで今が一番バンドだわ!

Matchan:もっとバンドになりたかったなあ!

リリース情報
Ken Yokoyama
『Songs Of The Living Dead』(CD)

2018年10月10日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PZCA-85

1. I Fell For You, Fuck You
2. My Shoes
3. What Kind Of Love
4. My Day
5. Nervous
6. Don't Wanna Know If You Are Lonely
7. Swap The Flies Over Your Head
8. If The Kids Are United
9. You're Not Welcome Anymore
10. Walk
11. Sayonara Hotel
12. Going South
13. Brand New Cadillac
14. Dead At Budokan
15. Hungry Like The Wolf
16. Nothin' But Sausage
17. Living After Midnight
18. A Stupid Fool
19. A Decade Lived
20. Soulmate

ツアー情報
『Songs Of The Living Dead Tour』

2018年10月18日(木)
会場:神奈川県 川崎 CLUB CITTA'

2018年10月24日(水)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2018年10月26日(金)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2018年10月27日(土)
会場:熊本県 熊本 B.9

2018年10月29日(月)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2018年10月30日(火)
会場:愛媛県 松山 WstudioRED

2018年11月3日(土・祝)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2018年11月4日(日)
会場:青森県 青森 Quarter

2018年11月6日(火)
会場:宮城県 仙台 RENSA

2018年11月7日(水)
会場:福島県 郡山 HIPSHOT JAPAN

2018年11月12日(月)
会場:群馬県 高崎 Club FLEEZ

2018年11月13日(火)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2018年11月15日(木)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2018年11月16日(金)
会場:新潟県 LOTS

2018年11月27日(火)
会場:大阪府 なんばHatch

2018年11月28日(水)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2018年12月6日(木)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

プロフィール
Ken Yokoyama
Ken Yokoyama (けん よこやま)

Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリストである横山健が2004年に始動させたバンド。2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、コリン(G)、サージ(B)、Gunn(Dr)を率いてライブ活動を開始。2005年に『Nothin' But Sausage』、2007年に『Third Time's A Charm』をリリース。2008年1月13日に日本武道館でのライブを『DEAD AT BUDOKAN』と称して行った(12000人動員)チケットは即日完売。この公演を最後にコリンが脱退し、新たに南英紀が加入。同年秋にはサージも脱退し、Jun Gray(B)が加入する。2010年には『FOUR』をリリース。10月には「DEAD AT BAY AREA」と題したアリーナライブを神戸と幕張で実施した。その後Gunnが脱退し、松浦英治(Dr)が加入。2011年3月11日の震災を期にKen Bandを率いて東北でフリーライブ等を積極的に敢行。9月18日にロック・フェスHi-STANDARD主催『AIR JAM 2011』を横浜スタジアムで開催する。そこで、11年ぶりにHi-STANDARDの活動を再開させ、12年には横浜での収益を基に念願の東北で『AIRJAM 2012』を開催。11月には5枚目のアルバム『Best Wishes』をリリース。2015年7月、シングルとしては8年4か月ぶりとなる『I Won't Turn Off My Radio』をリリースし、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演。大きな話題を呼んだ。9月、2年10か月ぶりとなるニューアルバム『Sentimental Trash』を発表。また、Gretsch Guitar 132年の歴史において、初の日本人ギタリストのシグネチュア・モデル「Kenny Falcon」が発売される。2016年3月には自身2度目となる日本武道館公演を『Dead At Budokan Returns』と称して開催。2018年6月、難波章浩率いるNAMBA69とのスプリット盤『Ken Yokoyama VS NAMBA69』をリリース。同年10月には、コンピレーション提供曲や未発表音源に加えて、新たに録音した楽曲を収めたセルフコンピレーションアルバム『Songs Of The Living Dead』を発表した。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて