特集 PR

Ken Yokoyamaインタビュー バンドの弱点と熱量を問うた1年を語る

Ken Yokoyamaインタビュー バンドの弱点と熱量を問うた1年を語る

Ken Yokoyama / NAMBA69 『Ken Yokoyama VS NAMBA69』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)として18年ぶりとなるオリジナルアルバム『THE GIFT』をリリースし、ライブハウスとアリーナを横断するツアーで2017年を駆け抜けた横山健と難波章浩がそれぞれのバンドへと帰還、「Ken Yokoyama / NAMBA69」として初のスプリット盤『Ken Yokoyama VS NAMBA69』を6月6日に発表する。かつてはそれぞれの道を選んだ2人だが、ここでの「VS」は決して緊張感のあるものではない。お互いに対する信頼関係があるからこそ成り立ち、そのうえで真正面からぶつかりあう「VS」なのだ。

一方、ハイスタが大きなアクションを起こしたことによって、それぞれのバンドがその分プレッシャーを感じていたのも想像に難くない。2017年のKen Bandはハイスタの活動の合間を縫ってツアーを行っていたが、そのなかでそれぞれの生活やバンドに対する姿勢を見つめ直し、今まさに大きな変化の途上にあるという。

今回は、CINRA.NETでは初となるKen Bandメンバー全員へのインタビューを実施。バンドの内幕を語ってもらうとともに、その先で見えた理想のバンド像について語ってもらった。

2017年はハイスタの活動がなくても、Ken Bandには新曲を持っていけない時期だったかもしれない。(Ken)

-2017年はハイスタのレコーディングとツアーがあり、その合間を縫うようにKen Yokoyamaとしてのツアーも行われていましたが、Ken Bandにとってはどんな1年だったといえますか?

Ken(Vo,Gt):そうですね……僕は結構困ってましたね。

-というと?

Ken:ハイスタをやると、時間も気持ちも相当割かれるし、どう自分のなかで住み分け……振り分けって言ったほうがいいのかな、それをずっと考えていました。男なので、やるんだったら両方120%でやりたいんですよ。それを上手く生活のなかにハメていくのに、結構苦労してましたね。

左から:Matchan、Jun Gray、Hidenori Minami、Ken Yokoyama
左から:Matchan、Jun Gray、Hidenori Minami、Ken Yokoyama

-以前のインタビュー(単刀直入に聞く。Hi-STANDARDは、なぜ2016年に新曲を出した?)でも話していたように、ハイスタの再始動はもともと「復興」という目的意識があったけど、長い時間をかけて、今は「やりたいからやるバンド」になった。その意味ではKen Bandと並列になったわけで、そのうえでどう振り分けるかを考える必要があったというか。

Ken:うん。大変だったんです、実際。数か月先のことを考えて、「この時期にハイスタがこれをやるってことはKen Bandは動けないから、先にやっとかなきゃいけない」とか、そういうペースをつかむのが意外と大変でした。

-逆に、Kenさん以外の3人にとっては、バンドを見つめ直すような期間になったのかなと。

Jun(Ba):2016年は武道館をやって、夏フェスとかもいっぱい出たけど、2017年の頭くらいにKenから「近々ハイスタのアルバムを作る」という話を聞いていたから、ハイスタに割く時間が多くなるのはわかっていて。もちろん、Ken Bandとしての活動を止めるわけではないけど。

Matchan(Dr):そう。だから「ただライブが入ってない」という感覚ではあって。その分時間が空いたので、ドラマーとしてレベルアップする期間にできればと思って、普段できないような基礎練習を改めてやったりしていましたね。

Minami(Gt):武道館が終わって、バンド的にちょっと一区切りな感じはあったんです。よくKenさんと練習の帰りに次の楽曲の方向性の話をするんですけど、その頃はまだ漠然としていて、それが見えていない状態で先に進むことはできないので、探る期間でもあったというか。そのための時間が必要だったと思うし、Kenさんにとってもハイスタをやることがよかったと思う。Ken Bandに持って帰ってくるものも絶対にあったと思うから。

Ken:僕、やっぱり漫然とやりたくないんです。「これだ!」って燃えられるものを見つけて取り掛かりたい。でもそういうものって、頑張ったから見つけられるかといったら、そうではないじゃないですか? 無理してやっても、嘘になっちゃうし。だから、もしかしたら2017年はハイスタの活動がなくても、Ken Bandには新曲を持っていけない時期だったかもしれない。

-前作『Sentimental Trash』(2015年)はグレッチのギターとの出会いをきっかけに、オールドスクールなロックンロールをKen Bandとして鳴らすことがテーマになったと話していましたよね(Ken Yokoyamaの願い「未来を生きる子どもに希望を残したい」)。そういった新たなきっかけを探していた?

Ken:うん、ルーティーンにもしたくなかったし。「何年空いたから、次のアルバム作んなきゃね」って、そういうことも当然あるっちゃあるんだけど、僕の個人的な見解として、今のKen Bandはそういう時期じゃないんです、きっと。「大義」というと大げさだけど、「これがしたいから、音源を作るんだ」ってものがほしかった。それは自分のなかから湧いてくるものであって、ハイスタに気を取られていたからとか、そういうことでもないんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

Ken Yokoyama / NAMBA69『Ken Yokoyama VS NAMBA69』
Ken Yokoyama / NAMBA69
『Ken Yokoyama VS NAMBA69』(CD)

2018年6月6日(水)発売
価格:1,944円(税込)
PZCA-83

1. Support Your Local<Ken Yokoyama>
2. Malibu Beach Nightmare<Ken Yokoyama>
3. Come On, Let's Do The Pogo<Ken Yokoyama>
4. LIVE LIFE<NAMBA69>
5. PROMISES<NAMBA69>
6. SONG 2<NAMBA69>

イベント情報

『Ken Yokoyama VS NAMBA69 Tour』

2018年6月22日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2018年6月24日(日)
会場:新潟県 LOTS

2018年7月4日(水)
会場:東京都 Zepp DiverCity

2018年7月5日(木)
会場:東京都 Zepp DiverCity

2018年7月10日(火)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2018年7月12日(木)
会場:大阪 なんばHatch

2018年7月13日(金)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

プロフィール

Ken Yokoyama
Ken Yokoyama(けん よこやま)

2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、ソロバンド通称・Ken Bandを率いてライブを行い、2005年に『Nothin' But Sausage』、2007年に『Third Time's A Charm』をリリース。2008年1月13日に日本武道館でのライブを『DEAD AT BUDOKAN』と称して行った(12000人動員)チケットは即日完売。2010年には『FOUR』をリリース。2011年3月11日の震災を期にKen Bandを率いて東北でフリーライブ等を積極的に敢行。9月18日にロック・フェスHi-STANDARD主催『AIR JAM 2011』を横浜スタジアムで開催する。そこで、11年ぶりにHi-STANDARDの活動を再開させ、12年には横浜での収益を基に念願の東北で『AIRJAM 2012』を開催。11月には5枚目のアルバム『Best Wishes』をリリース。2015年7月、シングルとしては8年4か月ぶりとなる『I Won't Turn Off My Radio』をリリースし、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演。大きな話題を呼んだ。9月、2年10か月ぶりとなるニューアルバム『Sentimental Trash』を発表。また、Gretsch Guitar 132年の歴史において、初の日本人ギタリストのシグネチュア・モデル「Kenny Falcon」が発売される。2016年3月には自身2度目となる日本武道館公演を『Dead At Budokan Returns』と称して開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材