特集 PR

単刀直入に聞く。Hi-STANDARDは、なぜ2016年に新曲を出した?

単刀直入に聞く。Hi-STANDARDは、なぜ2016年に新曲を出した?

Hi-STANDARD『Vintage & New, Gift Shits』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

Hi-STANDARDが16年ぶりの新作を発表――2016年の音楽シーンを振り返ったときに、結局これ以上のトピックはなかったと言ってもいいかもしれない。しかも、そのリリース方法は事前告知一切なしで、突然店頭にCDが並ぶというもの。店着日はSNSが爆発的な騒ぎとなり、発売初週に10万枚以上を売り上げて、見事オリコンチャートで1位を獲得した。もちろん、これは誰にでもできることではないが、「アイデアと情熱次第でまだまだいくらでも面白いことができる」と示してくれたことは、文字通り「希望」だった。

思えば、Hi-STANDARDは90年代からずっと、すべてを繋げ続けてきた。日本と海外、メジャーとインディー、音楽とファッション……そこに壁などないことを示し、新たな道を作り出してきた。2016年は国内外のあらゆる場所で対立構造が目につき、すべてが切り離されていくような感覚に滅入ることもあったが、そんな時代だからこそ、僕らにはHi-STANDARDが必要だったのかもしれない。

12月にはカバーシングル『Vintage & New, Gift Shits』をリリースし、東北でのライブハウスツアーを経て、12月23日には『AIR JAM 2016』を九州で初開催。現在のHi-STANDARDに対する想いを、横山健にたっぷりと語ってもらった。

別に勝つことにこだわってやったわけではなくて、ハイスタ的な美学を貫き通すためだけにやった。

―Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)が、10月に『ANOTHER STARTING LINE』を突然リリースしたときは、ホントに驚きました。SNSの盛り上がりや、オリコンチャート1位という結果は、バンドから見て「狙い通り」という感じだったのか、それとも、予想外の出来事だったのか、どちらが近いですか?

横山:100%後者ですね。こんなことになるとはまったく予想してなかったです。CDショップの売り場の人が、「なにも書いてない箱があるけど、なんだろう? って開けてみたら、ハイスタの新譜だった」となるところまでは想像できたんですけど、そこからどうなるかは全然想像できなくて、楽しみにしてました。もちろん、そこで驚いてくれたら嬉しいなって希望はありましたけど、「はい、これを売ればいいわけね」って思われるだけかもしれない。でも、僕らの予想以上に驚いてくれましたね。

―まずは店員さんが驚いて、店頭に並んでいるのを見て、今度はお客さんが驚いて、その驚きがSNSで拡散されていった。その状況から、現代の口コミの力を改めて思い知らされました。

横山:90年代のハイスタって、ホントに口コミで広がったんですよ。当時はインターネットもなかったし、情報を出すといったらせいぜい音楽誌くらい。あとはCDショップの店頭だけで、たとえば九州ツアーが決まったときには、九州のお店の人が「ハイスタが九州に来る!」ってチラシを置いてくれて、みんながその情報をキャッチして広めてくれていたんです。今はそれがSNSなんだなって、僕も実感しましたね。

横山健
横山健

―結果として、CDが売れないといわれる時代に、あっという間に10万枚以上を売り上げて、しかも、同日には星野源さんのドラマ主題歌をはじめ、SEKAI NO OWARIやAAAも発売されていた中、ハイスタがチャート1位をとりました。近年健さんは、「ロックバンドの存在感が希薄になっていることに対する危惧」をいろんなところでお話されていたと思うのですが、あの1位はロックバンドの存在感を明確に示すことになったと思います。

横山:その意味では嬉しかったですね。ロックの音源でもこれだけ注目してくれるし、これだけ売れるんだなって。まあ、「上手く考えてやったな」って思う人もいるでしょうけど、僕らは別に勝つことにこだわってやったわけではなくて、ハイスタ的な美学を貫き通すためだけにやったという感じなんですよね。

―ハイスタは90年代にも7インチを告知なしに発売していたし、言ってみれば、それと同じことをまたやっただけとも言えますもんね。

横山:そうなんです。普通に事前に告知して、宣伝のためにメディアに出る、ということをやってもよかったんですけど、「せっかく16年ぶりに出すんだから、普通のことしてもつまんなくない?」って、どうしてもそういう考えになってしまうんですよ。僕たち三人とも、そういうことに対する熱量はものすごく高いんです(笑)。

横山健

―なおかつ、メンバーのみならず、PIZZA OF DEATH(レーベル)のスタッフ、CDショップの店員さん、流通さん、いろんなマンパワーの集合でできたことでもありますよね。

横山:もう、そこに尽きますよ。僕らは発想して言っただけですけど、PIZZA OF DEATHのスタッフや、流通のスペースシャワーミュージック、店頭の方々、みんなが一緒になってワクワクしてくれたのかなって思います。ホントに、プロの仕事ですよね。店着日の夜に、世の中ですごい話題になってるのを見ながら、思わず「見事だったな」って言いましたもん(笑)。メジャーの人でもインディーの人でも、音楽に携わる人だったら、誰でもここから得られるアイデアがあると思うので、次に繋げてくれればいいなと思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Hi-STANDARD『Vintage & New, Gift Shits』
Hi-STANDARD
『Vintage & New, Gift Shits』(CD)

2016年12月7日(水)発売
価格:1,296円(税込)
PZCA-80

1. I Get Around
2. You Can't Hurry Love
3. Money Changes Everything
4. Happy Xmas (War Is Over)

イベント情報

『AIR JAM 2016』

2016年12月23日(金・祝)
会場:福岡県 ヤフオク!ドーム

プロフィール

Hi-STANDARD
Hi-STANDARD(はいすたんだーど)

難波章浩(Vo,Ba)、横山健(Gt,Vo)、恒岡章(Dr)によるパンクロックバンド。通称「ハイスタ」。1991年8月、4人で結成。1992年9月より、現在の3人体制となる。1994年にミニアルバム『LAST OF SUNNY DAY』をリリース。『GROWING UP』(1995年)、『ANGRY FIST』(1997年)と、2枚のフルアルバムをメジャーレーベルから発表。1997年には、主催フェス『AIR JAM』をスタートさせる。1999年に、自主レーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を立ち上げ、アルバム『MAKING THE ROAD』をリリース。インディーズとしては異例のオリコンチャート初登場3位を記録する。2000年に活動休止。2011年、『AIR JAM 2011』の開催と再始動を発表。2016年10月5日には、シングル『ANOTHER STARTING LINE』を突如リリースした。12月には、4年ぶりの『AIR JAM』を福岡 ヤフオク!ドームにて開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を