特集 PR

単刀直入に聞く。Hi-STANDARDは、なぜ2016年に新曲を出した?

単刀直入に聞く。Hi-STANDARDは、なぜ2016年に新曲を出した?

Hi-STANDARD『Vintage & New, Gift Shits』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

Hi-STANDARDが16年ぶりの新作を発表――2016年の音楽シーンを振り返ったときに、結局これ以上のトピックはなかったと言ってもいいかもしれない。しかも、そのリリース方法は事前告知一切なしで、突然店頭にCDが並ぶというもの。店着日はSNSが爆発的な騒ぎとなり、発売初週に10万枚以上を売り上げて、見事オリコンチャートで1位を獲得した。もちろん、これは誰にでもできることではないが、「アイデアと情熱次第でまだまだいくらでも面白いことができる」と示してくれたことは、文字通り「希望」だった。

思えば、Hi-STANDARDは90年代からずっと、すべてを繋げ続けてきた。日本と海外、メジャーとインディー、音楽とファッション……そこに壁などないことを示し、新たな道を作り出してきた。2016年は国内外のあらゆる場所で対立構造が目につき、すべてが切り離されていくような感覚に滅入ることもあったが、そんな時代だからこそ、僕らにはHi-STANDARDが必要だったのかもしれない。

12月にはカバーシングル『Vintage & New, Gift Shits』をリリースし、東北でのライブハウスツアーを経て、12月23日には『AIR JAM 2016』を九州で初開催。現在のHi-STANDARDに対する想いを、横山健にたっぷりと語ってもらった。

別に勝つことにこだわってやったわけではなくて、ハイスタ的な美学を貫き通すためだけにやった。

―Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)が、10月に『ANOTHER STARTING LINE』を突然リリースしたときは、ホントに驚きました。SNSの盛り上がりや、オリコンチャート1位という結果は、バンドから見て「狙い通り」という感じだったのか、それとも、予想外の出来事だったのか、どちらが近いですか?

横山:100%後者ですね。こんなことになるとはまったく予想してなかったです。CDショップの売り場の人が、「なにも書いてない箱があるけど、なんだろう? って開けてみたら、ハイスタの新譜だった」となるところまでは想像できたんですけど、そこからどうなるかは全然想像できなくて、楽しみにしてました。もちろん、そこで驚いてくれたら嬉しいなって希望はありましたけど、「はい、これを売ればいいわけね」って思われるだけかもしれない。でも、僕らの予想以上に驚いてくれましたね。

―まずは店員さんが驚いて、店頭に並んでいるのを見て、今度はお客さんが驚いて、その驚きがSNSで拡散されていった。その状況から、現代の口コミの力を改めて思い知らされました。

横山:90年代のハイスタって、ホントに口コミで広がったんですよ。当時はインターネットもなかったし、情報を出すといったらせいぜい音楽誌くらい。あとはCDショップの店頭だけで、たとえば九州ツアーが決まったときには、九州のお店の人が「ハイスタが九州に来る!」ってチラシを置いてくれて、みんながその情報をキャッチして広めてくれていたんです。今はそれがSNSなんだなって、僕も実感しましたね。

横山健
横山健

―結果として、CDが売れないといわれる時代に、あっという間に10万枚以上を売り上げて、しかも、同日には星野源さんのドラマ主題歌をはじめ、SEKAI NO OWARIやAAAも発売されていた中、ハイスタがチャート1位をとりました。近年健さんは、「ロックバンドの存在感が希薄になっていることに対する危惧」をいろんなところでお話されていたと思うのですが、あの1位はロックバンドの存在感を明確に示すことになったと思います。

横山:その意味では嬉しかったですね。ロックの音源でもこれだけ注目してくれるし、これだけ売れるんだなって。まあ、「上手く考えてやったな」って思う人もいるでしょうけど、僕らは別に勝つことにこだわってやったわけではなくて、ハイスタ的な美学を貫き通すためだけにやったという感じなんですよね。

―ハイスタは90年代にも7インチを告知なしに発売していたし、言ってみれば、それと同じことをまたやっただけとも言えますもんね。

横山:そうなんです。普通に事前に告知して、宣伝のためにメディアに出る、ということをやってもよかったんですけど、「せっかく16年ぶりに出すんだから、普通のことしてもつまんなくない?」って、どうしてもそういう考えになってしまうんですよ。僕たち三人とも、そういうことに対する熱量はものすごく高いんです(笑)。

横山健

―なおかつ、メンバーのみならず、PIZZA OF DEATH(レーベル)のスタッフ、CDショップの店員さん、流通さん、いろんなマンパワーの集合でできたことでもありますよね。

横山:もう、そこに尽きますよ。僕らは発想して言っただけですけど、PIZZA OF DEATHのスタッフや、流通のスペースシャワーミュージック、店頭の方々、みんなが一緒になってワクワクしてくれたのかなって思います。ホントに、プロの仕事ですよね。店着日の夜に、世の中ですごい話題になってるのを見ながら、思わず「見事だったな」って言いましたもん(笑)。メジャーの人でもインディーの人でも、音楽に携わる人だったら、誰でもここから得られるアイデアがあると思うので、次に繋げてくれればいいなと思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Hi-STANDARD『Vintage & New, Gift Shits』
Hi-STANDARD
『Vintage & New, Gift Shits』(CD)

2016年12月7日(水)発売
価格:1,296円(税込)
PZCA-80

1. I Get Around
2. You Can't Hurry Love
3. Money Changes Everything
4. Happy Xmas (War Is Over)

イベント情報

『AIR JAM 2016』

2016年12月23日(金・祝)
会場:福岡県 ヤフオク!ドーム

プロフィール

Hi-STANDARD
Hi-STANDARD(はいすたんだーど)

難波章浩(Vo,Ba)、横山健(Gt,Vo)、恒岡章(Dr)によるパンクロックバンド。通称「ハイスタ」。1991年8月、4人で結成。1992年9月より、現在の3人体制となる。1994年にミニアルバム『LAST OF SUNNY DAY』をリリース。『GROWING UP』(1995年)、『ANGRY FIST』(1997年)と、2枚のフルアルバムをメジャーレーベルから発表。1997年には、主催フェス『AIR JAM』をスタートさせる。1999年に、自主レーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を立ち上げ、アルバム『MAKING THE ROAD』をリリース。インディーズとしては異例のオリコンチャート初登場3位を記録する。2000年に活動休止。2011年、『AIR JAM 2011』の開催と再始動を発表。2016年10月5日には、シングル『ANOTHER STARTING LINE』を突如リリースした。12月には、4年ぶりの『AIR JAM』を福岡 ヤフオク!ドームにて開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ