コラム

カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの受賞作は? 2016年の三大映画祭を振り返る

カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの受賞作は? 2016年の三大映画祭を振り返る

テキスト
CINRA.NET編集部

日本では『シン・ゴジラ』『君の名は。』などのヒット作が話題を集めた2016年の映画界。アメリカでは12月12日に『ゴールデン・グローブ賞』の候補作が発表され、1月に控える『アカデミー賞』のノミネート作品予想にも拍車がかかってきました。

「世界三大映画祭」と言われる『カンヌ国際映画祭』『ベルリン国際映画祭』『ヴェネチア国際映画祭』には、今年も世界各国からバラエティーに富んだ作品が出品され、有名監督の新作映画から社会を切り取ったドキュメンタリーまで、賞を受けた作品もさまざま。来年日本公開を控える作品も数多くあります。では、今年の各映画祭の主要受賞作は何だったのか? 改めて振り返ってみましょう。

『第69回カンヌ国際映画祭』

1946年から毎年5月にフランス南部の都市カンヌで行なわれている『カンヌ国際映画祭』。出席者だけでなく報道陣にも厳しいドレスコードが設けられていることで知られ、昨年はフラットシューズを履いた女性が上映会への入場を拒否されたことで物議を醸しました。

今年の審査委員長はジョージ・ミラー。コンペティション部門には20作が出品され、ケン・ローチ監督の『わたしは、ダニエル・ブレイク』がパルム・ドールを受賞。ポール・バーホーヴェン監督『ELLE(原題)』や、『ヨーロッパ映画賞』で5冠に輝いたマーレン・アーデ監督の『Toni Erdmann(原題)』などは賞を逃しています。

オープニング作品は、ウディ・アレン監督の『カフェ・ソサエティ』。同作をはじめ、ジム・ジャームッシュ監督の『Paterson(原題)』『Gimme Danger(原題)』、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ネオン・デーモン』、パク・チャヌク監督の『お嬢さん』と、映画製作に乗り出したAmazonによるAmazon Studio製作の作品が5本も今年の上映作品にラインナップされたことも話題に。また「ある視点」部門では、深田晃司監督の『淵に立つ』が審査員賞に輝きました。

コンペティション部門
パルム・ドール
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(監督:ケン・ローチ)

『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ©Sixteen Tyne Limited, Why Not Productons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, Britsh Broadcastng Corporaton, France 2 Cinéma and The Britsh Film Insttute 2016
『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ©Sixteen Tyne Limited, Why Not Productons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, Britsh Broadcastng Corporaton, France 2 Cinéma and The Britsh Film Insttute 2016

イギリス北東部のニューカッスルを舞台にした作品。心臓の病で医者から仕事を止められるも複雑な制度に翻弄され、必要な援助を受けることができない59歳の大工ダニエル・ブレイクが、シングルマザーのケイティと交流を深め、貧困に苦しみながらも助け合って生きていこうと奮闘する様を描く。80歳を迎えたケン・ローチは、『麦の穂を揺らす風』に続く2度目のパルム・ドール。世界中で拡大する格差や貧困に苦しむ人々を目の当たりにし、一度表明した引退を撤回して同作を制作しました。日本公開日は3月18日。

グランプリ
『たかが世界の終わり』(監督:グザヴィエ・ドラン)

『たかが世界の終わり』 ©Shayne Laverdiere, Sons of Manua
『たかが世界の終わり』 ©Shayne Laverdiere, Sons of Manua

ジャン=リュック・ラガルスの戯曲『まさに世界の終わり』をもとにした同作は、自らの死期が近いことを家族に伝えるため、12年ぶりに帰郷した劇作家のルイを主人公に、再会した家族が感情をさらけ出して傷つけ合う様を描く作品。コンペティション部門の公式上映では7分間にわたるスタンディングオベーションを受け、ドラン監督は受賞式で「今日、僕は自分がなにものなのか?をようやく理解できました」と涙ながらにスピーチしました。日本では2月11日から公開。

監督賞
クリスチャン・ムンジウ(『エリザのために』)

『エリザのために』 ©Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema 2016
『エリザのために』 ©Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema 2016

2007年の『4ヶ月、3週と2日』でパルム・ドールを受賞したルーマニア出身のクリスチャン・ムンジウ監督による作品。暴漢に襲われて動揺する娘のイギリス留学実現のために、ある条件と交換に警察や試験監督に温情を与えてもらおうと奔走する父親の姿を描く。日本公開は1月28日から。

監督賞
オリヴィエ・アサイヤス(『Personal Shopper(原題)』)

『Personal Shopper(原題)』Photo Carole Bethuel
『Personal Shopper(原題)』Photo Carole Bethuel

5度目のコンペ部門出品にして初めて『カンヌ国際映画祭』で賞を受けたオリヴィエ・アサイヤス。セレブのパーソナルショッパーとして働く女性が、死んだ双子の弟の霊と交信するというあらすじ。主演は、アサイヤス監督の前作『アクトレス~女たちの舞台~』にも出演したクリステン・スチュワートが務めています。

脚本賞
アスガル・ファルハーディー(『The Salesman(英題)』)

『別離』『ある過去の行方』などの監督作を発表しているイランのアスガル・ファルハーディーによる作品。アーサー・ミラーの戯曲『セールスマンの死』を演じる若いカップルの物語。シャハブ・ホセイニが選出された男優賞と、脚本賞の2部門に輝いています。日本公開は現時点では未定。

女優賞
ジャクリン・ホセ(『Ma'Rosa(原題)』)

男優賞
シャハブ・ホセイニ(『The Salesman(英題)』)

審査員賞
『American Honey(原題)』(監督:アンドレア・アーノルド)

カメラ・ドール
『Divines(原題)』(監督:ウーダ・ベニャミナ)

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露