特集 PR

「宿代の代わりに作品を作ってください」松戸にある芸術家の楽園

「宿代の代わりに作品を作ってください」松戸にある芸術家の楽園

PARADISE AIR
テキスト
杉原環樹
撮影:加藤甫 編集:野村由芽

パチンコ店に併設された、滞在者数うなぎのぼりのアーティスト・イン・レジデンスに潜入

千葉県の北西部にあり、江戸川を挟んで東京と隣接する松戸市は、江戸時代には水戸街道の宿場町「松戸宿」として、活況を見せたエリアだ。人が寄っては去って行く。そんな歴史を持つ街に、2013年に設立されたアーティスト・イン・レジデンス(略称:AIR)プログラムがある。一般社団法人「PAIR」と株式会社まちづクリエイティブが運営する「PARADISE AIR」だ。

PARADISE AIR
PARADISE AIR

PARADISE AIRが面白いのは、その建物がもとは平成元年に建てられたホテルだったことである。ホテルの廃業後、3階まではパチンコ店となったものの、上階は空室となっていた。その場所を、パチンコ店を運営する株式会社浜友商事が「地域のため」とほぼ無償で提供したことで、この珍しい滞在プログラムが生まれたのだ。

元ホテルの内装を活かしたユニークな作りの部屋
元ホテルの内装を活かしたユニークな作りの部屋

PARADISE AIRに滞在したアーティストの活動風景
PARADISE AIRに滞在したアーティストの活動風景

そもそもAIRとは、アーティストに一時的な滞在場所を提供し、その制作や発表をサポートする仕組みのこと。昨今の芸術祭ブームとも絡み合いながら、地域活性化の仕掛けのひとつとして盛り上がり、日本各地でその施設数を増やしている。とはいえ、数の増加は個性の埋没にもつながる。

そんな中、国内外からのPARADISE AIRの参加者は、2014年には8組、2015年には13組、2016年には43組とうなぎ上りだ。一体、その制作拠点としての魅力とは何なのか? 11月5日~6日にかけて行なわれた、同施設の活動を紹介するイベント『PARADISE HOUR』を訪れて、その取り組みを取材した。

「宿代を払う代わりに作品を作ってください」。「一宿一芸」のコンセプト

アーティスト募集の形態としては、年に1度、3か月間の滞在制作者を呼ぶ「ロングステイ・プログラム」と、つねに募集を行なう「ショートステイ・プログラム」の2種類がある。かつて松戸宿には、ほかの多くの宿場町と同じように、宿代の代わりに作品を残していった画家や書家があったという。そんな歴史からPARADISE AIRでは、「一宿一芸」というコンセプトを立て、地域に向けて何か創造的な活動を行なったアーティストには、なんと無償で宿泊場所を貸している。

この気軽な募集要件が、国内外で注目を集めた。たとえば今春には、ノルウェーのバンド「OPEN STRING DEPARTMENT」が、松戸をツアー拠点にするかわりに、江戸川を舞台に自身のミュージックビデオを撮影。

フランス人ダンサーのエミリア・ジュディチェリは、多くの人が行き交う駅前の西口公園で、8時間にも及ぶ即興的なダンス公演を実施した。

エミリア・ジュディチェリ『TEST』
エミリア・ジュディチェリ『TEST』(動画を見る

地域活性化の目的から設置されたAIRでは、とかくその「成果」が求められがちだ。一方のPARADISE AIRでは、あくまでも気軽に滞在できる場の提供に主軸が置かれ、街への還元は長期的に現れるとの姿勢が取られている。この方針を可能にしている理由のひとつには、運営するPAIR自体が、自治体関係者やマネジメントのプロではなく、音楽や建築、映像を本職とするアーティストによる組織であるということがある。同じ作り手としての「創造性が発揮できなければ意味がない」との思いが、運営方針にも反映されている。

PARADISE AIRの運営メンバー
PARADISE AIRの運営メンバー

またもうひとつ、2フロアの全16部屋のうち、レジデンスに使われない部屋を一般のクリエイターに格安で貸し出し、家賃収入を得ているという経済的な事情もある。現在はまだ、一部を自治体や国の助成金により賄っているが、将来的にはさらに2フロアを追加予定。家賃収入によって運営資金を捻出することで、助成金のみに頼らない仕組みを構築したいと言う。

現在も、音楽やアパレル、建築など、さまざまな領域のクリエイターが入居。取材日に話を聞いた黒木晃さんは、普段は都内の有名書店「ユトレヒト」のスタッフとして働きながら、多様な表現者の出入りや部屋の内装に惹かれ、個人の編集事務所としてこの秋に入居した。

入居者の部屋の様子
入居者の部屋の様子

1部屋あたり40平米を超え、家賃は3万5000円~4万円。国内外からの一時滞在者と入居者、さらにはPAIRのスタッフによる協働制作も、日々行なわれている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『滞在制作展|Too Slow To See』

2016年12月16日(金)~12月18日(日)10:00~18:00
会場:千葉県 松戸市文化ホール ギャラリー3
料金:無料
※期間中は毎日15:00からアーティストによる解説ツアーを開催

『報告会|Artist Talk』
2016年12月17日(土)18:30~(18:00開場)
会場:千葉県 松戸 PARADISE AIR
料金:無料

その他、滞在制作展会場にてポートレート展「MAD ANNUAL 2016」、キッズプログラム「しろくま図工室」も同時開催。

プロフィール

PARADISE AIR(ぱらだいす えあ)

千葉県松戸市に入れ替わり立ち代わり国内外からアーティストが訪れ滞在し、作品制作や発表を行なうアーティスト・イン・レジデンス。ビルオーナーであるパチンコスロット店「楽園」の協力を得て運営し、プログラム名はその店名に由来しています。かつて宿場町として栄えた千葉県・松戸駅前は、江戸と水戸をつなぐ拠点として多くの滞在者が行き交いました。地元住民の邸宅には、過去に訪れた文人画人が宿泊料代わりに残した作品が今も残るといいます。PARADISE AIRはこうした松戸宿の歴史伝統を踏まえた「一宿一芸」をコンセプトとする、アーティストの国際的な滞在制作拠点です。多くの人が松戸に集い、アーティストと日本の芸術文化にとって新しいトランジットポイントとなることを目指します。Instagramのハッシュタグ「#p_air」で、PARADISE AIRの日々の活動を発信中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露