特集 PR

世界が惚れるアートアニメ、ノルシュテインの代表作を一挙紹介

世界が惚れるアートアニメ、ノルシュテインの代表作を一挙紹介

『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』
インタビュー・テキスト
二井康雄
通訳:児島宏子 撮影:鈴木渉 編集:野村由芽

ユーリー・ノルシュテイン。旧ソ連、いまのロシアが世界に誇る偉大なアニメーターで、「アニメーションの神様」と言われている。動物たちを通じて語られる、生きることの喜怒哀楽。人が争うことの悲惨さ、意味のなさ。そういった複雑な生の実感が、すべて手作業で作り上げられた精緻なアニメーションによって描かれる。使われる効果音、音楽もすてき。もはやアニメーションの概念を超えた「芸術」である。

12月10日より『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』と銘打って、代表作6本を2Kスキャンで修復したデジタルリマスター版が世界に先駆けて初上映される。ノルシュテインはなぜ「アニメーションの神様」と語られるのか。その秘密に迫ろうと75歳を迎えたばかりの監督にインタビューを実施し見えてきたのは、芸術を通して世界を思考する、哲学者のような一面だった。 

デジタルリマスターで再発見する、ノルシュテイン作品の気の遠くなるようなこだわりっぷり

ユーリー・ノルシュテインの作品をデジタルリマスター版で見ると、画質、音質がより鮮明になったことにより、すみずみまで趣向を凝らしたその表現を楽しむことができる。

はじめに、今回上映される計6作品の、気の遠くなるくらいに手の込んだ作りについて見ていこう。ノルシュテインの監督デビュー作である『25日・最初の日』(1968年)。25日とは、ロシアの旧暦で1917年10月25日、ロシア革命の最初の日のこと。静かな広場に民衆の怒りが打ち寄せ、資本家、ブルジョワ、聖職者、憲兵などの支配者階級が打倒される。

「すべての権力をソビエトへ」と書いてある / 『25日・最初の日』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF
「すべての権力をソビエトへ」と書いてある / 『25日・最初の日』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF

『25日・最初の日』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF
『25日・最初の日』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF

「1920年の芸術(ロシアアバンギャルド)を基盤に映画を作る」という企みの通り、都市のデザインにはジョルジュ・ブラック(フランスの画家、パブロ・ピカソとともにキュビスムの創始者の一人)、漫画は詩人ウラジミール・マヤコフスキー(20世紀初頭のロシアアバンギャルドを代表するソ連の詩人)をモチーフに、音楽は交響曲第5番“革命”で有名なショスタコーヴィチの交響曲第11番の一節を使用。美術監督アルカージイ・チューリンとの共作。芸術担当の官僚の圧力で、ノルシュテインたちの意図するところがすべて表現できたわけではないが、革命に身を投じた人たちの熱い想いが伝わってくる。

平面的な切り絵の手法で、立体的な表現を実現させる

第2作となる『ケルジェネツの戦い』(1971年)は、ロシアの著名な作曲家であるリムスキー=コルサコフのオペラ『見えざる町キーテジと乙女フェヴローニャの物語』に魅せられたイワン・イワーノフ・ワノーが、『25日・最初の日』の技法を取り入れようとして、ノルシュテインを共同監督に招いた一作。

切り絵の手法が使われている / 『ケルジェネツの戦い』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF
切り絵の手法が使われている / 『ケルジェネツの戦い』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF

「ケルジェネツ」は河の名で、988年、ロシアとタタールの戦闘のあった場所。戦闘に巻き込まれた小さな村を舞台に、人形アニメを提案したワノーに対して、ノルシュテインが主張して実現した平面の切り絵による手法が見事成功し、どこか立体的に見えてくるから不思議だ。

子ども向けのかわいらしい作品であっても、高度な芸術の手法をとりいれる

ノルシュテイン初の単独監督作品である『キツネとウサギ』(1973年)は、なかなかスタジオから仕事がもらえなかったときに、スタジオの上層部にウケのよい「子どものための作品」としてロシア民話をもとに制作した。

キャラクターデザインは、妻で美術監督のヤールブソワとともに民衆芸術を参考にして考えたという / 『キツネとウサギ』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF
キャラクターデザインは、妻で美術監督のヤールブソワとともに民衆芸術を参考にして考えたという / 『キツネとウサギ』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF

『キツネとウサギ』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF
『キツネとウサギ』 ©2016 F.S.U.E C&P SMF

ストーリーは、キツネに家を乗っ取られたウサギが、オオカミやクマ、ウシたちの協力を得てキツネを追い出そうとするというもの。マトリョーシカなどのロシア雑貨に見られるような、素朴ながらも様式化された色彩鮮やかな「ガラジェッツ絵画」のデザインを取り入れた構図が斬新な一作だ。

Page 1
次へ

イベント情報

『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』

2016年12月10日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次開催
上映作品:
『25日・最後の日』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)
『ケルジェネツの戦い』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)
『キツネとウサギ』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)
『アオサギとツル』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)
『霧の中のハリネズミ』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)
『話の話』(監督:ユーリー・ノルシュテイン)

プロフィール

ユーリー・ノルシュテイン

1941年9月15日、第二次大戦下、疎開先のロシア中西部ペンザ州ガラブニーシチェンスキー地区アンドレーフカ村生まれ。アニメーション監督として、これまでに国内外で30以上の映画賞などを受賞。1989年に映画芸術への実作者としての貢献に対してタルコフスキー賞、青少年のためのアニメーションの芸術発展への寄与にたいして国際ジャーナリスト連盟がメダルを授与、1991年にフランスの芸術文学勲章、1995年に文学および芸術上の高度な業績にたいしてロシア「凱旋賞(トライアンフ賞)」を授与された。1981年以来、従来のアニメの常識を覆した『外套』を制作しているが、様々な理由で未だに完成していない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと