特集 PR

BENIがポジティブに歌い上げるベートーベンの名曲“悲愴”

BENIがポジティブに歌い上げるベートーベンの名曲“悲愴”

BENI“見えないスタート”
テキスト
宮原朋之
編集:宮原朋之

BENIと渡辺直美、盟友コンビが再び共演

10代、20代を中心に圧倒的な歌唱力で人気を誇る、実力派歌手BENI。ジャンルを超え、マルチに活躍しているお笑いタレント渡辺直美。一見まったく関係ないようにみえるこの二人、実はプライベートで親交があるらしい。その盟友ぶりは、BENI“フォエバ”のPVを見ていただいたほうが早いかもしれない。ロケ先のグアムでプライベートのように陽気にはしゃぐ二人の様子に、その親密な関係性が見てとれる。

意気投合ぶりをみせた二人が今回「ダイナマイトボートレース」のテレビCMで再び共演した。冒頭、渡辺直美の登場とあわせて美声を披露したかと思いきや、BENIのボーカルに切り替わるという内容で、臨場感溢れるアングルで撮影されたボートレースの映像も特徴の一つだ。既に2017年の年明けからオンエアされているので見た方も多いかもしれない。

ダイナマイトボートレースCM『Let`s BOAT RACE 「渦潮」篇』
ダイナマイトボートレースCM『Let`s BOAT RACE 「渦潮」篇』

なぜか耳に馴染む理由は、クラシックの名曲のアレンジにあった

BENIが歌うこの楽曲を、どこかで既に聴いたことがあると感じた方も多いかもしれない。それもそのはず、この楽曲はクラシックの名曲のアレンジなのだ。

ベートーベンの初期の傑作とされている“ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13 悲愴”がこの曲の原曲となっている。なぜベートーベンはタイトルに“悲愴”とつけたのか、作者自身による解説は存在しないが、この曲が作られた時期に、ベートーベンは難聴を自覚したと伝えられている。穏やかに聴こえるメロディーには、聴覚を失うことの底知れない深い悲しみが潜んでいるようだ。ベートーベンが自作に表題をつけることは珍しく、ピアノソナタでは他に『告別』があるのみだという。

クラシックの悲しい名曲が、現代のポジティブソングに変貌を遂げる

自作に限らず1990年代から00年代の日本の名曲を英語詞でカバーし、多くのファンを魅了してきたBENIでも、クラシックをベースにした曲を歌うのは今回が初めてだったという。また当初、ベートーベンの名曲をアレンジすることは光栄である反面、プレッシャーにも感じていたようだ。

「誰もが知っているメロディーだからこそ、ボーカルをのせるのが難しくて、普段と違う緊張感があった」と語るBENI。レコーディング時に一緒になったオーケストラのメンバーに背中を押された部分がたくさんあったそうだ。

今回初めてオーケストラをバッグにレコーディングを行なったことが、歌のパフォーマンスの向上にも繋がったという。レコーディング後、「何かに向かっている道中の、その間に見つける大切なものを忘れたくない」と語ったBENIは、このレコーディング中になにか得るものがあったに違いない。

“見えないスタート”レコーディング風景
“見えないスタート”レコーディング風景

名曲“悲愴”は“見えないスタート”へとタイトルを変え、メッセージの力で聴く人の背中を押す前向きな楽曲へと大きく変貌を遂げた。冒頭、<なぜに恐れないの?>と歌われるこの問いかけは、BENI自身がこの楽曲に挑む気持ちの表れとも重なるようだ。18世紀末、深い悲しみの中で作られた歴史に残るクラシックナンバーは、200年余りの時を経て、みごと現代人の背中を押すポジティブソングへと生まれ変わった。

Page 1

リリース情報

“見えないスタート”

2017年2月8日(水)からLINE MUSIC、iTunes Store、レコチョクで配信リリース

プロフィール

{BENI
BENI(べに)

沖縄県出身。アメリカ人の父と日本人の母を持つバイリンガル。2008年に発売した「もう二度と…」が着うたランキング1位を記録し話題に。女性のリアルな気持ちを歌ったラブソングが多くの共感を呼び、2ndアルバム「Lovebox」がオリコンチャート1位を獲得。ファッションアイコンとしても注目を集め、BENIプロデュースの商品が10万個のヒットを記録する。2012年には自身初となる英語詞カヴァーアルバム「COVERS」をリリース。オリコン1位を記録しロングヒット、第27回日本ゴールドディスク大賞『企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー』受賞。iTunes年間アルバムランキング、レコチョク年間アルバムランキングでも共に1位を獲得、「COVERS 3」と合わせシリーズ合計100万枚の大ヒットを記録した。2016年第1弾は季節をテーマにしたアルバム「四季うた summer」をリリース、新しいコンセプトアルバムとして話題を呼んでいる。確かな歌唱力と音楽性の高さに注目が集まる実力派シンガー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー